AMARANTHUS

2016年04月11日

「ももクロ」特集号(2)

前回「ももクロ」を特集した雑誌を
紹介したけれど、続けてもう1冊。

ももクロのファンは、この雑誌も
すでに手に入れていると思うけれど、
(ひょっとして)まだ知らない人も
いるかもしれないので
(念のため)紹介しておくね。

内容は
前回の雑誌と同じように
少し前に同時発売された
2つのアルバム、
3rd 『AMARANTHAS』
4th 『白金の夜明け』の
制作に関係した記事ばかりなので
別の角度からアルバムを楽しめる。

ミュージックマガジン
2016年 03 月号
雑誌 – 2016/2/20





ミュージックマガジン 2016年 03 月号

<内容紹介> Amazonより

【特集】 ももいろクローバーZ

大きな会場を満員にし、
映画や演劇にも挑戦するなど、
常にファンを驚かせる活動で、
存在感を増し続けてきた5人組、
ももいろクローバーZ。

彼女たちの3年ぶりとなる新作は、
3rd『AMARANTHUS』、
4th『白金の夜明け』
の2枚同時発売となった。

楽曲提供も、前山田健一、KISS、
さだまさし、中島みゆき、清竜人、
MURO、堂本剛、グレッグ・カースティンと、
音楽ファンの注目を集めそうな多彩な人々だ。

この特集では、
ももクロの5人への
ロング・インタヴューをはじめ、
ディレクター宮本純乃介氏への取材などで、
新作2枚の聞きどころや魅力を探ります!

■ ロング・インタヴュー
アイドルから分裂して、
“ももクロ"というカテゴリーを
作っていけたらなと思います
(原田和典)

■ 宮本純乃介ディレクターに聞く
(原田和典)

■ 新作『AMARANTHUS』『白金の夜明け』
の2枚を徹底解剖
(柴那典)

■ 『5TH DIMENSION』から今日までの軌跡
(宮内健)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでが「ももクロ」特集なので、
以下は省略しますね。


terusannoyume at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集