銀座の恋の物語

2017年07月24日

「銀座の恋の物語」分析2

ジャズ理論<上級者のみ>
ぜひ最後まで読んで下さい。

「絶対にありえない!」
<驚きの音使い>が出て来ます。

従来のジャズ理論では説明不可能。

あなたは「銀恋」に対して
見る目が変わります。

「これはスゴイ曲だ!」と…。

では第2回目を始めます。

     ☆

「銀恋」の形式は、 
「A」(8)+「B」(8)+「C」(12)
合計28小節でしたね。

今回は「C」7〜8小節目。

|は、じ、め、て|あ、(あ)、たー|

この8小節目に注目して下さい。

|あ、(あ)、たー|3音のメロディー。

実際の音は|ミ、♯レ、シー|
コードは「E7」です。

「え!信じられない」と思いますよね?

「わからない」という人に説明しましょう。

「E7」のコードトーンは、
「ミ、♯ソ、シ、レ」です。

第7音は「レ(ナチュラル)」ですが、
メロディーは「♯レ」になっています。

「E7」で「♯レ」を使う場合、
普通なら「♯レ、ミ」のように
「ミ」に解決する音として使います。

上下の音から
「ファ、♯レ、ミ」
「♯ファ、♯レ、ミ」

半音の経過音として
「レ、♯レ、ミ」
または半音で下降する
「ミ、♯レ、レ(ナチュラル)」
(この場合は下降型ですが
「♭ミ」ではなく「♯レ」で書きます)

問題の旋律は、上の例にはなく、
「♯レ」が完全に独立して
長3度下の「シ」に行っています。

しかもコードは「EM7」ではなく
キー「Am」のドミナント「E7」です。

ここで従来のジャズ理論を復習しましょう。

ジャズ・コード「E7」を組み立てる時、
使っていい音は12音の内、11音ですね。

コード・トーンとテンションです。

1、3、5、♭7、(sus4なら4)、
9、♭9、♯9、♯11、13、♭13
以上の11音ですね。
「♭5」「♯5」はテンションの中に
異名同音があります。
使い方は違いますが今回の話とは
関係ないので省略します。

今回のポイントは、
「E7」では「♯レ=M7」以外の
11音が使えるが、
ただ一つ使ってはいけない「♯レ」を
堂々と歌のメロディーに使っている!

「こんなことが許されるのでしょうか?」

「当然、許されません」(普通のレベルでは)

しかし、
ごく一部の上級者なら許されるのです。

「なぜ?」
「根拠は?」
「どんな理由で」
「その上級ジャズ理論とは?」

ここから先は、
ほとんどの人は読んではいけません。

なぜか?

メチャクチャと紙一重だからです。

11音を充分に使いこなすまで、
10年、20年、人によっては一生。
それで充分にジャズを楽しめます。

今回あなたに知ってほしいのは、
「この曲はスゴイ曲だったのだ」
ということです。

(続く)


terusannoyume at 23:38|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

「銀座の恋の物語」分析1

ジャズ理論中級〜上級者は
ぜひ最後まで読んで下さい。

「え!何で?」と思うでしょうが、
「これはスゴイ曲だ!」と
目からウロコ状態になるでしょう。

従来のジャズ理論では説明不可能な
音の使い方が出て来るから驚きです。

では始めます。

デュエット曲の定番曲、
あなたは「銀恋」を知っていますよね。

形式は、 
A(8)+B(8)+C(12)=28小節

イントロは8小節で、最後の2小節は、
|ラ、ソ、ミ|シ、ミ、♯ファ、ミ|です。
最後の小節は
コード「Am」なので、
|9、5、6、5|ですよね。

「9th」と「6th」が出て来て
ジャズっぽいですね。

そして歌が始まります。
「A」の1〜2小節目、
|ファ、ミ、ド、ラ|(繰り返し)
歌詞は
|こ、こ、ろ、の|
|そ、こ、ま、で|です。

コードは「Am」ですから
第5音「ミ」の半音上「ファ」
(アプローチ・ノート)から
曲が始まるなんて珍しい例ですよね。

しかもイントロの最後で
「6=♯ファ」を聞かせておいて
曲の頭は「ファ(ナチュラル)」です。

     ☆

さて、ここからが本題です。
この曲のスゴイところは〜

「B」の1〜2小節目
|な、み、だ、が|
|お、も、わ、ず|のところです。

この2小節目(おもわず)は、
コード「Dm」で、
メロディーが
「ラ、♯ソ、ファ、ファ」なんです。

「ビックリしましたか?」

「いや、何だかわからない?」

解説しましょう。

この「♯ソ」の次に「ラ」があるなら
驚きません。

「ラ」に行くための半音下の
アプローチ・ノートですから
ごくごく普通です。

ところが、
この「♯ソ」は「ファ」に行っています。

普通「ラ」から「ファ」に行く経過音は
「ソ(ナチュラル)」に決まっています。

「ラ、ソ、ファ、ファ」になります。

スケールは「ドリアン」ですからね。

では「♯ソ」は、異名同音の「♭ラ」で
ブルーノート「♭5」なのでしょうか?

その可能性もあるかもしれませんが、
ここは「♯ソ」で良いと思います。

「B」の1小節目
|な、み、だ、が|のメロディーは
|ラ、ラ、ラ、♯ソ|で
「が=♯ソ」のすぐ後で
2小節目|お、も、わ、ず|の
「も=♯ソ」が出て来るのです。

前小節の「♯ソ」を次の小節で
もう1回繰り返して使ったのですね。

「♭5」ではない理由として
後半に別の形が出て来ますので
そこでもう1度説明しますね。

では、この「♯ソ」は何でしょう?

答えは「♯4=♯11」で、
スケールは「ドリアン♯4」ですね。

スケールの構成音は
「レ、ミ、ファ、♯ソ、ラ、シ、ド」

海外のジャズ理論書には
以前から出ていたスケールですが、
(日本のジャズ理論書は遅れていて)
最近の教則本で少しずつ
日本語でも見かけるようになりました。

従来のジャズ理論を学んだ人なら
「HmP5↓」を知っていますよね。
「完全5度下のハーモニック・マイナー」。

このような言い方で「ドリアン♯4」を
説明すると「HmP4↓」になります。
「完全4度下のハーモニック・マイナー」。

つまり「Dm7」のルート「D音」から
完全4度下「A音」の和声的短音階。

逆に言えば「Am」の和声的短音階を
「レ」から弾けば「Dドリアン♯4」
になります。

「Am」の和声的短音階
「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、♯ソ」

「Dドリアン♯4」
「レ、ミ、ファ、♯ソ、ラ、シ、ド」

「わかりますか?」

次に、この曲の後半で、
別の形で使われている所を見て下さい。

「C」の5〜6小節目
|わ、か、い、|
|ふ、たー、り、が|のところです。

この2小節のコードは「Dm」で
6小節目のメロディーは
|ラ、ラ、♯ソ、ラ、♯ソ|です。

次の7小節目はコード「Am」で
8分休符が入ってからメロディー「ミ」。

つまり6小節目、最後の「♯ソ」は
完全に独立して使われていますよね。

ということは「♯11=♯4」です。

もし異名同音「♭ラ」
(ブルーノート)なら
次に「ミ」へ行くのは(休符が入っても)
何か変?ブルースっぽくありません。

「いかがでしたか?」

この曲の「すごさ」がわかりましたか?

でもね、不思議です。

この曲が発表されたのは
1961年(昭和36年)で
映画の公開は1962年3月。

現在でも「ドリアン♯4」なんて
知らない人がほとんどなのに、
約57年も前に作曲者は
知っていたのでしょうか?

多分、別の理由で使ったのでしょうね。
例えば、
Amの和声的短音階を意識して作った。
または、
民族音楽的な音階を使っている?

      ☆

さて、この曲、
これで話が終りではありません。

何と!この後にもっともっとスゴイ、
「もう信じられな〜い」
「絶対にありえない!」
驚きの音使いが出て来るのです。

「ジャズ理論上級者は絶対に読んでね」

お楽しみに!


terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集