胸の小箱

2014年11月23日

プロになるまでの道

東京に出てジャズ・ピアニストになる
という夢を持っていた女性が、
どのような過程を経て
シンガーソングライター
になっていったのか?

胸の小箱
単行本(ソフトカバー)
2014/11/20
浜田 真理子 (著)





<内容紹介> Amazonより

舞台は島根県・松江。
放蕩気味の父に振り回された家族。

若き日は芸者置屋住まい、
ナイトクラブのピアノ弾き。

デビュー後は
一貫して自らのレーベルで
アルバムを発表、
ピアノひとつの弾き語りで
全国のライブハウスをツアーする。

「あまちゃん」作曲家など
先鋭の音楽家たちとの歌作りの現場〜。

出会ったひとびと、友、JAZZ、
心揺さぶる日本のうた。

母であり、娘であり、
<音楽家>という職業人でもあり、
いまも松江に在住、
独立独歩の活躍を続ける
シンガーソングライターが歩む道。

〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜

胸の小箱

一般の人が音楽家のことを知るのは
CDデビューなどをした後のことだ。

ではCDデビューする前は、
どんなことをしていたのか?

プロとして初期の仕事は、
夜のお店から〜という例が多い。

私自身も高校生の時から、
場末のキャバレー、銀座のクラブ
などを経験している。 

この本の著者も体験談を楽しく
活き活きと読者に伝えてくれる。


terusannoyume at 05:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集