矢野顕子×上原ひろみ

2016年12月06日

矢野顕子×上原ひろみ

ポップスの矢野顕子しか知らない人は
ぜひこの動画を観て欲しい。

ジャズ好きなら誰でも知っている
「SO WHAT」をモチーフに
「ラーメンたべたい」を
ものすごく高度な音楽(ジャズ)に仕上げている。

この2人のピアノ・デュオは最高の組み合わせ。

上原ひろみは、あなたも知っていると思うけれど
抜群のテクニック、上手さ、もう何も言うことない。

途中でジャズ・ピアニストとしての
アッコちゃんのアドリブも聞けるぞ。





次の動画も同じ曲で、別の日の演奏。
こちらも当然だけど盛り上がっているよね。






terusannoyume at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月15日

矢野顕子×上原ひろみ(楽譜)

「月と太陽」(矢野顕子×上原ひろみ)の
楽譜がある!
ボーカルとピアノ伴奏の楽譜だ。

2人が共演したCDからの1曲。

「Keyboard magazine」
(キーボード マガジン) 2012年 01月号 WINTER
(CD付き)[雑誌]キーボード・マガジン編集部 (著)

2人の貴重な(楽しい)対談もある。
ファンの人は(いや、ファン以外でも)
絶対に買っておこう。
(雑誌だから必ずなくなるはずだ。
    特に人気者の2人なので…)

キーボード マガジン 2012年 01月号 WINTER





<内容紹介> amazonより

■アーティスト特集
矢野顕子×上原ひろみ

矢野顕子と上原ひろみによる初の共演アルバム
『GetTogether-LIVE IN TOKYO-』がリリースされた。

2011年9月に昭和女子大学人見記念講堂で
ライブ・レコーディングされたこの作品は、
比類なき個性を持つ2人の音楽が真正面からぶつかり合い、
高い次元で調和する瞬間が詰め込まれた1枚だ。

2人の対談インタビュー、
上原による奏法解説、
さらに矢野のソロ・インタビューをお届けしよう。

■機材特集【CD連動】
Keyboard of the 80s
~現代に生きる歴史的サウンドを大研究!

本誌キーボードマガジンが創刊されたのは79年6月。
記念すべき創刊号の特集は
"80年代はキーボードが主役だ!"だった。

そして迎えた80年代は、まさにそのタイトルのとおり、
キーボードにとっても音楽にとっても怒涛の10年となった。

本特集では、このキーボードの黄金時代とも言うべき
80年代をさまざまな角度から検証する。

≪登場機種≫
ヤマハDX7
ローランドD-50
コルグM1
シーケンシャル・サーキッツProphet-5
ローランドJupiter-8
オーバーハイムMatrix-12/Expander
アカイ・プロフェッショナルS900/S1000 .etc

≪登場アーティスト≫
都啓一(SOPHIA、Rayflower)
谷地村啓(アーバンギャルド)
石坂翔太(Purple Days)

■奏法特集【CD連動】
演奏筋力アップでプレイを変える!
弱点克服のための症例別トレーニング10

皆さんは、
鍵盤演奏に関するさまざまな悩みを抱えていると思います。
指の動きが鈍い、リズム感が悪い、体力が続かない……。
キーボーディストの弱点とも言えるそれらの症状には、
もちろん解決へと導く練習方法があります。

本特集は、そういった悩めるキーボーディストの弱点を
克服するためのトレーニング集です。
ロックンロール・ピアニストの第一人者、
伊東ミキオ氏が10個の症例に合わせ、
ステップアップ式で譜例を制作。
付録CDに伊東氏の模範演奏も収録しております。
ぜひ1つずつクリアしていってください。

■最強プレイヤーズ・コンテスト2011【CD連動】
最終審査発表

■年末特別企画
KEYBOARD BUYERS GUIDE 2012
「使える」1台を選ぶためのシンセ/キーボード購入ガイド

■アーティスト新連載
Keys On My List
堀江博久のアーティスト研究 Vol.1 高橋幸宏

■スコア
「月と太陽」矢野顕子×上原ひろみ(ピアノ譜)

              ☆

CDも紹介しておこう。

「Get Together 〜LIVE IN TOKYO〜」
(初回限定盤)(DVD付) 矢野顕子×上原ひろみ

初回限定盤CD(DVD付)





日本人女性ミュージシャン最強の組合せ!

グランドピアノ2台による究極の即興演奏!
(当然、歌も…)

もう誰も到達出来ない二人の世界。

こんなジャズがあってもいいよね。
いや、二人だけの独自の世界だね。

この記事を書いているだけで涙が出て来た。
(感動の…)

悪いことは言わない。
CDと楽譜、ぜひ手に入れよう。

terusannoyume at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集