楽曲の仕組み

2016年05月04日

音楽の形式を学ぶ

即興演奏を必要としない音楽、
例えば、クラシックや電子オルガン
などは楽譜さえ読めれば弾けてしまう。

つまり理論的な知識はなくても、
曲が弾けてしまうので、
それでいいと思っている人が
沢山いると思う。

しかし本当は曲を分析して、
いろいろ音楽的なことを
理解しておいた方が良い。
(曲を覚えやすくもなるしね)

曲の形式、和声進行、
どこで転調して、
どこで元のキーに帰って来ているか、
主題と展開などなど。

そんなことを知らずに
音楽を丸暗記でやってきた人が
ジャズに挑戦しても
必ず挫折する(または挫折した)
はずだ。

まずは
形式を理解するところから始めよう。

クラシックのからくり
〜「かたち」で読み解く楽曲の仕組み〜
単行本 – 2016/4/22
舟橋 三十子 (著)





クラシックのからくり~「かたち」で読み解く楽曲の仕組み~

<内容紹介> Amazonより

音楽のからくりがわかれば
感動の仕組みが理解できる!

クラシック音楽は難しい!?
ロンド、カノン、二部形式、
ってなに?

楽曲の「かたち」から
音楽の構成を徹底分析する、
聴くだけではない楽しみ方ができる
画期的な一冊。

各形式の代表的な曲を
楽譜でまるごと解説するので、
曲の構成が一目でわかる。

■西村 朗氏 推薦!
「名曲の魂は爐たち瓩暴匹!
〜感動のからくりを本書が解き明かす〜」

●Chapter1
クラシックのからくりが見えてくる?
〜音楽の「かたち」と音楽の3要素
●Chapter2
形式という「かたち」を知ろう
〜これだけで音楽通! 代表的な形式
●Chapter3
音楽の「かたち」を見てみよう!
〜徹底分析! 形式別楽譜の全体図
●Chapter4
様式はこうして「かたち」作られた!
〜古代から現代までの様式
●Chapter5
楽器から音楽の「かたち」を把握しよう!
〜音色はさまざま! 代表的な楽器と編成
●Chapter6
あの曲の形式は何だろう?
〜保存版! 形式別名曲60選

内容(「BOOK」データベースより)

構造や仕組みを知れば、
感動の仕組みまで理解できる!

楽曲の「かたち」から
音楽の構成を徹底分析する、
画期的な一冊。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集