和声学

2020年01月20日

「男の子女の子」ジャズ(その6)

今回は、[ B ] 9(サビ)のコード進行を学ぼう。

この曲「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースだったよね。
[ A1 ] 12
[ A2 ] 12
[ B ] 9
[ A3 ] 12

すでに[ A1 ] 12、[ A2 ] 12のコード進行は学んだ。
[ A3 ] 12は、
[ A1 ] 12のコード進行と同じにすればいいので、
あとは[ B ] 9を学べば
この曲を演奏出来ることになる。

       ☆

原曲のコード進行を<キーB♭>で書くと〜

| E♭ | E♭7 | B♭ | B♭ |

| D7 | Gm7 | C7 | F7 | F7 (sus4) |

次に私が付け替えたコード進行。

| E♭|E♭m7 | Dm7 Dm7/C | Bm7(♭5) B♭7 |

| Am7(♭5) D7 | Gm7 Gm7/F | Em7(♭5) E♭m6 |

| Dm Dm(M7) Dm7/G G7 | Cm7 F7 |

コード進行は気分で勝手に付けているのではなく、
すべてのコードにちゃんとした理由がある。

2小節目「E♭m7」は、
本来ならサブドミナント・マイナー
「E♭m6」が来るところだが
メロディーに「♭レ」があるので
このようになった。

原曲3〜4小節目はトニック(B♭)だが、
トニックは [ A3 ] の頭で出したいので、
ここは代理を利用したコード進行にした。
沢山の曲を分析すると、
この意味がわかると思う。

7小節目のメロディーは、
「ド」が8分音符で7つもあり、
コード「C7」ではベースも「ド」。
それでベース音を変えた。
この場合、原曲のコードを
まったく無視しているのではない。
「C7」と「Em7(♭5)」は
同じコード。ベースが違うだけ。

8小節目のメロディーは
「ファ」が4分音符で4つ。
コードも「F7」のみ。
これでも決して悪くはない。
しかし私は一つの声部だけは変化させようと思い
「クリシェ」を使った。
実際の押さえ方は次回説明する。

コードネームだけでは伝わらない場合がある。

例えば9小節目の「Cm7」。

「そんなの知ってるよ」
「ド、♭ミ、ソ、♭シでしょ!」
と答える人達のために〜。

ここは左手でベース音「ド」を弾いて、
右手は「ソ、♭シ、レ、ファ」を弾く。

「え〜、何で〜?」

次回説明する。

      ☆

簡単に主要部分を説明したけれど、
もちろんすべてのコードについて
説明出来るし理由がある。
コード進行はフィーリングで付けるのではない。

ベースライン(横の流れ)と
なるべくメロディーと重複しないコードを選ぶ。

いや、これだけではない。
これでは誤解を与えるかもしれない。
まだまだいろいろな約束事がある。

和声学を学んだ人なら理解出来ると思うけれど、
どんなに細かいコードを付けても、
すべて説明出来る。
一定のルールの中で
各自が自由に付けるゲームみたいなもので、
結果は一人ずつ違ってくるから面白い。

(続く)


terusannoyume at 07:10|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

和声学とジャズ理論

私が以前から毎日続けていることは、
クラシック系の和声の分析。

ジャズ&ポピュラーの理論書には
転回形の使い方は詳しく書いてない。

逆に和声学などクラシック系は、
転回形を上手く使っている。

両方の良い面を取り入れると
バランスが取れるのではないかと思う。


terusannoyume at 23:44|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

楽しいことをしよう!

やっと暖かくなりましたね。

今日から5月です。

いろいろなことにチャレンジして、
成長していくには良い季節です。

あなたの勉強&練習も進んでいるでしょう。

私も最近は和声学の本を復習したりしています。

もう何十年も前にレッスンに通って学んだのですが、
その頃よりも今の方がさらに理解出来ます。

ジャズ理論との違い。

それぞれの良さがある。

両方学んで上手く使い分け出来たらいいなと思います。

あなたも自分の信じる道を楽しんで進んで下さい。


terusannoyume at 21:29|PermalinkComments(2)

2017年03月01日

勉強は楽しく続けよう!

久し振り!
元気ですか?

こちらも大変<元気>ですよ。

最近は「対位法」や「和声学」の本を
少しずつ読んで(いや眺めて)います。

ちゃんと勉強しようと思って、
中古の本を注文して手に入れたり、
いろいろな角度から学びたいと思っています。

ちょうど今日は3月1日で、
新しい月のスタートですよね。

あなたも勉強&練習を続けていると思いますが、
これからも頑張りましょう!


terusannoyume at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月02日

和声をマスターするなら

和声学を本格的に学びたい人は
このシリーズ(1〜3巻)が決定版。

芸大和声だね。

今回紹介しているのは第2巻だけれど、
音大に行っていた人は、
赤い表紙の第1巻を学んだと思う。

しかし第1巻だけでは基本の基本。

第3巻(分厚い本だ)まで学ぶと、
かなりのことが出来るようになる。

和声 理論と実習 (2)
単行本 – 1998/12/10
島岡 譲 (著)





和声―理論と実習 (2)

昨夜(早朝まで)第2巻を
2日前には第3巻を朝まで
ざっと読み直していたけれど、
これは本気でやらなければ
全巻を理解するのは難しい。

音大の作曲科を受験する人なら
全巻やっていなければいけない。

それぐらいの覚悟がないと、
これを独習でやるのは無理。

私も本は以前から持っていたけれど、
ちゃんと(真面目に)学んでいないので、
ここらでちょっとやってみようかな?
と思い始めている。
(私が高校(作曲科)の時に学んだ
和声学は別の本だったので…)

他にも学ぶことが沢山あるので、
時間を上手く使わないとダメだね。


terusannoyume at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集