古関裕而自伝

2020年04月05日

古関裕而さんの自伝

NHKの朝ドラ「エール」、
明日6日(月曜日)からが楽しみです。

前回までは、まだ子供時代で
やっと作曲に目覚めたところですから、
今から観ても大丈夫です。
ぜひ音楽が好きな人は観ましょう。

古関裕而さんの作品は
日本人なら必ずどこかで耳にしています。
その曲が古関裕而さんの作品とは知らずに
聞いている場合もあるでしょうね。

今後のドラマの展開が楽しみです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回はドラマではなく、
本物の古関裕而さんの自伝を紹介します。

鐘よ鳴り響け 古関裕而自伝
(集英社文庫) (日本語)
文庫 – 2019/12/19
古関 裕而 (著)





鐘よ鳴り響け 古関裕而自伝 (集英社文庫)

<内容紹介> Amazonより

昭和を代表する伝説の作曲家唯一無二の自伝
2020年春 朝ドラ!!

「栄冠は君に輝く」
「六甲おろし」そして、
「オリンピック・マーチ」…
…誰もが知るあのメロディー。
古関裕而は生涯、約5000曲の作曲を手掛けた。
自然豊かな福島に生まれ、
作曲の面白さに目覚めた小学生時代や、
憧れの山田耕筰に見いだされ作曲家としてデビュー、
そしてあの名曲たちの誕生秘話まで。
今もそのメロディーは人々の心に響き続けている。
昭和史に燦然と輝く伝説の作曲家の唯一無二の自伝。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が以前読んだ本は以下のもの。
現在は上記の文庫版になっている。

古関裕而―鐘よ鳴り響け
(人間の記録 (18)) (日本語)
単行本 – 1997/2/25
古関 裕而 (著)





こちらの本はアマゾンに中古しかなく、
しかも価格が高いので上記の文庫本を
手に入れた方がいいですね。


terusannoyume at 09:50|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集