レディー・ガガ

2015年10月13日

感動のステージその後

今回は、前回と前々回の続きなので、
まずは前々回から観てみよう。

観た人は、
レディー・ガガに対するイメージが
かなり変わったと思う。
まるで別人のようだよね。

さて、あの感動的なシーンの後のこと。

まず、この動画から。

Julie Andrews Interview:
Lady Gaga's Oscars Tribute
インタビュー





こちらは、レディー・ガガの舞台裏。





とにかく前回または前々回の
ミュージカル歌手ガガを観た人は、
ポップスの女王としてのイメージとは
まるで違うことにビックリしたと思う。

私も、この動画を観てから、
ガガのファンになってしまった。
それまではまったく興味がなかったのに。


terusannoyume at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月12日

ガガ・ミュージカル歌手(2)

前回の動画(レディー・ガガが
ミュージカル歌手になっている)
感動のシーンを観たかな?

ポップスの女王<レディー・ガガ>が
完璧な正統派ミュージカル歌手に
変身していたよね。

あの動画を観て感動した人は、
今回の動画を観ると前後の状況が
より詳しくわかるので、
もう1度観て感動しよう。

歌う前には、どの様なことが
行われていたのか?
(ここで昔懐かしい場面が…)

さらに最後の感動シーンも、
もう少し後まで続いている。

あの感動を再び!





Lady Gaga
「The Sound of Music」


terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月11日

ガガ・ミュージカル歌手

今日の動画は、ぜひ観て欲しい。

きっと感激するはずだ。

最近紹介していた
ジャズ歌手のガガではなく、
みんなが知っている
ポップスの女王でもない
第3のレディー・ガガ。

ここにいるのは、
正統派(清純派)のミュージカル歌手だ。

曲は、ミュージカルで有名な
「サウンド・オブ・ミュージック」
からのメドレー。

第一声からあなたは驚くはずだ。

最初に
レディー・ガガと教えなければ、
しばらく誰が歌っているのか、
きっと分からないと思う。

それぐらい従来のイメージとは違う。

とにかく上手い。

そして歌い終わった後、客席全員が
感動している様子が伝わってくる。

さらに、その後、
もう1つのクライマックスが…!

この動画は何回観ても鳥肌が立つ。
そして最後のシーンでは
なぜか泣けてくる。

昔、映画を観た人は絶対感動するはず。

ぜひ観てね!

Lady Gaga
「Sound of Music」メドレー






terusannoyume at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月03日

レディー・ガガ・ジャズ(2)

ジャズ歌手レディー・ガガの
「スウィングしなけりゃ意味がない」
聴いたかな?(前回投稿)

メチャクチャ上手かったでしょう?
(当たり前か?)

今回はバラードを聴いてみよう。
バラードでもバッチリなんだよ。

本物のジャズ・ヴォーカリストだ。

この人、ものすごい実力があるんだね。
(これも当たり前か?ごめん)
(知らなかったのは私だけ?謝るよ)

大ベテランのジャズ歌手
トニー・ベネットと
レディー・ガガの
奇跡のデュエットで
ジャズ・スタンダードの名曲
「But Beautiful」
を聴いてみよう。





Tony Bennett, Lady Gaga
But Beautiful (Studio Video)


terusannoyume at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月02日

レディー・ガガ・ジャズ歌手

レディー・ガガが
ジャズを歌っていたなんて、
1ヵ月前まで知らなかった。

聴いてみてビックリした。
完全なジャズ・ヴォーカリストになっている。

大ベテランのジャズ歌手トニー・ベネットと
レディー・ガガの奇跡のデュエットで
「スウィングしなけりゃ意味がない」
を聴いてみよう。





Tony Bennett, Lady Gaga
It Don't Mean A Thing
(If It Ain't Got That Swing)

どうだった?
知らなかった人はビックリしたでしょう?


terusannoyume at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集