ビル・エヴァンス・コピー譜

2016年05月24日

エヴァンス・ソロ楽譜

ビル・エヴァンスのコピー譜を
30冊以上持っていることは、
以前このブログで話したよね。

約50年ぐらいの間に集めたものだ。

ところが、
そんな私でも買っていなかった楽譜
を最近発見してビックリした。

去年の11月ぐらいに出たらしい。

頻繁に出版されるものではないので
油断していて気が付かなかったのだ。

その楽譜(コピー譜)は、これだ!

Bill Evans - Alone
(Artist Transcriptions Piano)
(英語) ペーパーバック – 2015/11
Bill Evans (作曲)
Aaron Prado (寄稿)





この表紙を見ればビル・エヴァンスに
少しでも興味ある人ならすぐ分かると
思うけれど、CD「Alone」の収録曲を
集めたコピー譜なんだ。

これは、とてもありがたくて、
貴重なコピー譜だ。

その理由は?

ほとんどのコピー譜は、
トリオ演奏のものだ。

ということは、左手の伴奏は
コードを少し弾いているだけ。

トリオの時は、それで充分だけれど、
一人で弾く時はさみしいよね。

ところが今回のコピー譜は、
CDの演奏がソロ・ピアノなので、
一人で弾いても(聞かせる時も)
ちゃんと独奏用になっている。

エヴァンスがソロ・ピアノの時に
左手をどのように弾いているのか?

それを研究するにも、
とても良い教材になる。

もちろん右手フレーズ、
両手コード、イントロ、エンディング、
その他、いろいろ勉強になるのは当然。

Bill Evans - Alone (Artist Transcriptions Piano)

<内容紹介> Amazonより

(Artist Transcriptions).
Complete piano transcriptions to
Evans' 1968 solo release featuring:

* Here's That Rainy Day
* Midnight Mood
* Never Let Me Go
* On a Clear Day (You Can See Forever)
* A Time for Love.

注意、このコピー譜は輸入版なので
(アマゾンに在庫がない時は)、
注文してから数週間、その時によって
かなり待たされることもあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コピー譜のCDも紹介しておこう。
このCDに、すべての曲が入っている。

アローン






terusannoyume at 18:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年05月07日

エヴァンス・コピー譜は

エヴァンスのコピー譜を紹介した
最近の記事で、
「過去に発売されたエヴァンスの
コピー集(楽譜)を20冊以上持っている」
というような内容をちょっと書いたけれど、
あれからよく考えたら30冊以上あると思う。

とにかくジャズピアニストの中で、
「コピー譜が1番多い」のがエヴァンスだ。

やはり人気があるんだね。

時間がある時に、しっかり数えて報告しよう。

とにかく国内版よりも
輸入版の方が何倍も多い。

現在でも国内版は数冊で、あとは輸入版だ。

絶版になっているものも多いけれど、
今から集めようと思ったら何冊になるのか?
それはちょっとわからないけれど、
今でも輸入版の方が多いことだけは確かだ。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月20日

エヴァンス・コピー譜

ビル・エヴァンスの
貴重なコピー譜が
手に入るチャンス。

大変に貴重なビル・エヴァンス
未発表音源が発売されたことは
前回報告したけれど、
ジャズ専門誌でも取り上げている。

しかも、そのCDで演奏されている
「SOME OTHER TIME」の
コピー譜まであるなんて、
本当にありがたいことだね。

エヴァンスのコピー譜は過去に
多数出ていたけれど、この楽譜は
世界で初めての貴重なコピー譜。

当たり前だよね。
CDが未発表音源なんだから。

分析して自分の音楽に取り入れよう。

JAZZ LIFE 2016年 05月号
[雑誌] 雑誌 – 2016/4/14





JAZZ LIFE 2016年 05 月号 [雑誌]

月刊誌は
来月には店頭から消えるので、
今の内に手に入れておこう。


terusannoyume at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月05日

ビル・エヴァンス譜8万円!

わずか24ページのエヴァンス譜が
何と<8万円>という話をしよう。

問題の楽譜は、これだ!

「Bill Evans Piano Solos」
[ペーパーバック]
Bill Evans,
Hal Leonard Publishing Corporation





これは表紙を変えた改訂版で
私が持っている初期のものは
別の表紙で1965年11月
に発売された輸入版なんだ。

つい最近まで
数千円で楽器店にあったので
持っている人も多いのでは?

1曲目が「Waltz For Debby」
のテーマ譜でアドリブはない。

収録曲は全6曲で、
わずか24ページの薄い曲集だ。

曲目と各曲のページ数は〜

Bill Evans Piano Solos

Waltz For Debby(5)
Interplay(2)
My Bells(2)
Fudgesicle Built For Four(4)
Time Remembered(2)
Very Early(4)

楽譜ページは、実質19ページ。
残りの5ページは〜
目次(1)
出版社名(1)
文章(2)
宣伝(1)
これが楽譜以外の5ページ分で
合計24ページになっている。

もう絶版になったのかな?
それでアマゾンで8万円以上の
値段が付いているんだね。

でも、
この6曲は他の曲集にもあるんだ。

例えば、
「ビル・エヴァンス作品集」には
オリジナル全曲が収録されている。

だから当然だけど、
この6曲も含まれていて
「Waltz For Debby」などは
もっと詳しい楽譜が他に多数ある。

つまり、
この楽譜はテーマのみだけれど、
テーマ+アドリブ譜もある楽譜が
現在は何冊も出ているんだ。

でもね、1965年当時は、
エヴァンスのコピー譜なんてないから
これだけでも有難かった時代なんだ。

今は教材が豊富にあって良い時代だよね。
(本当は、
 自分でコピーした方が身に付くけどね)

でも、
せっかくコピー譜が沢山出ていて
勉強時間がかなり短縮されるので、
上手く活用して進歩向上していこう。

24ページで8万円なら今持っている
3〜4倍のページ数のコピー譜は、
30万円ぐらいの価値があることになる。

そう考えると急に有難さが増してきて、
よ〜し一生懸命勉強するぞ!
という気になるでしょう?

ならないか?

とにかく、
これからエヴァンス分析研究を
一生懸命にやろうではないか!


terusannoyume at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集