ジャズ理論

2016年06月05日

ジャズ理論を知らないと

分析のことを2回続けて書きましたが、
今回も関連した話をしましょう。

私の教室はアドリブ出来ない人を
弾けるようにするレッスンをしています。

ところが別の目的で来ている人もいる。

ここから分析の話が始まりましたよね。

今回は、その中でも特殊な例です。

カプースチンの曲だけを
徹底的に分析している人もいるんです。

カプースチンはジャズ理論を知らないと
分析出来ません。

例えば、
「ファ、ラ、ド、ミ」のコード・ネームは?

ジャズ理論を知らないと
「FM7」と思いますね。

でも、これは「Dm7」です。

ベースに「G音」があったら「G7sus4」です。

では「ファ、ラ、シ、ミ」は?

「FM7(♭5)」?
「FM7(♯4)」?

いえ違います。

ベース「D音」なら「Dm6」
ベース「G音」なら「G7」
ベース「D♭音」なら「D♭7」

ね!なかなか難しいでしょう?

でもジャズ・ピアノを学んでいる人なら
理解出来ますよね。

ビル・エヴァンスなどが使っているコード
とまったく同じですからね。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月23日

ブルクミュラー分析(6)

「ブルクミュラー25の練習曲」から
「バラード」(Ballade)分析、第6回目です。

今回は、
いきなり「♭9」が出て来ますので、
ジャズ理論の勉強になります。

第1〜5回目を読んでいない人は、
第1回目から読んで下さいね。

       ☆

前回まで「B」の
前半(31〜38)と後半(39〜46)の
メロディーを分析しましたので、
今回は、その後「A」に戻るための「移行部」
(47〜56)の10小節を分析します。

<移行部>(47〜56)

|G7(♭9)|〜|C | 〜|(47〜50)

この後の6小節(51〜56)は、
(ジャズ理論なら)すべて「G7(♭9)」です。

これでは、よく分からない場合は、
10小節を以下のように書いて下さい。

|Bdim7 G7|〜|C|〜|(47〜50)
|Bdim7 G7|〜|(51〜52)
|Bdim7 | 〜|〜|G7 |(53〜56)

これなら分かりますか?

では説明しましょう。

「G7(♭9)」は、構成音を下から書くと、
「ソ、シ、レ、ファ、♭ラ」です。

下の4音だけなら「ソ、シ、レ、ファ」で
「G7」ですね。

今度は上の4音(ルート=ソを省略)なら
「シ、レ、ファ、♭ラ」で「Bdim7」です。

つまり「G7」も「Bdim7」も同じコード。

「G7」の「3、5、♭7、♭9」が
「シ、レ、ファ、♭ラ」で「Bdim7」です。
機能は、どちらも「ドミナント」です。

ここで47小節目を見て下さい。

1小節、8分音符3つの内、
2つ分が「Bdim7」で、
残り1つが「G7」ですから
以下のように書いても正解です。

|Bdim7 G7|

これはコードを細かく見た場合です。

でも、この小節内の音を総合して考えれば
「G7(♭9)」ですので、これも正解です。

どちらか自分が分かりやすい方を書いて下さい。

47〜48、51〜52小節は同じですね。

そして、
53〜55の3小節も同じように
「Bdim7」と思ってもいいですし、
56も含めて(53〜56)を
「G7(♭9)」と書いてもいいです。

       ☆

この曲、
他にもカッコいいところがありましたけれど、
ここもジャズっぽくてカッコいいですよね。

(つづく)


terusannoyume at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年03月11日

いろいろ難しい問題

今回の話は
中級者以上対象です。

ジャズピアノの勉強で
難しいことの1つに
♭7コードの選び方がありますね。

9、♭9、♯9、どれを使うのか?

13、♭13、どちらを使うの?

例えば、曲で「G7」が出て来て、
9、13の押さえ方を、いつでも、
どこでも弾けばいいという訳では
ありませんよね。

ある時は、♭9、♭13を選んで
弾かなければいけない。

だから1つの押さえ方だけを
知っていても通用しないのです。

今、弾いている曲のキーは何で、
何度のコードなのかを常に意識して
使い分ける。

ですから
ジャズ理論が分かっていないと
とても出来ない話だと思います。

じっくり勉強しましょう。


terusannoyume at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月19日

ジャズ理論学習の効果

ジャズ理論を学んで、
実際に応用して使えるようになると、
曲の分析も理解出来るようになる。

曲のテーマやアドリブの内容が
少しずつ分かってくると楽しい。

何の分野でも理解出来ると
楽しいから長続きする。

理解出来ないと面白くないから
やめてしまう場合も多いね。

ジャズ理論が分かると
クラシック曲でも分析出来るので
曲を覚えるのが速く確実になる。

良いことばかりなので理論書を
じっくり読んで勉強しよう。


terusannoyume at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月18日

ジャズ理論を学ぶ時には

以前からあったジャズ理論書3冊を
1冊にまとめたもの。

ジャズ&ポピュラー理論の
一般的な内容を知りたい人には
決定版と言ってもいい本なので
時間を掛けてじっくり勉強しよう。

絶対わかる!
コード理論
THE PERFECT COMPILE
[単行本(ソフトカバー)]
北川 祐 (著)





<内容紹介> Amazonより

ロングセラー
『絶対わかる! コード理論』3部作を
1冊にまとめた、ミュージシャン必携の
本格的なコード理論解説書

長い間
多くのミュージシャンに
読まれ続けてきた
『絶対わかる! コード理論』シリーズ。

現在音楽専門学校などで
教鞭をふるっている先生たちの中にも、
この本からコード理論を学んだ
という人は多いのではないでしょうか。

本書は
その『絶対わかる! コード理論』
1〜3部作を1冊にまとめ、
しかも
グッとお求めやすい価格で再登場した、
究極のコード理論解説書です。

「音階」→
 「ダイアトニック・コード」→
  「ドミナント・コード」
という段階を踏んだ本格的な内容ながら、
初学者にもわかりやすい口調で
コード進行の秘密を解き明かしていく本書で、
付け焼き刃ではない
“本当の"コード理論を会得してください。

【CONTENTS】
■基本はドレミファソラシド
■ダイアトニック・コードのすべて
■ドミナント・コードのすべて

絶対わかる! コード理論 THE PERFECT COMPILE

<目次>

■【STEP 1】
基本はドレミファソラシド

●第1章 音程編 音程修得術
●第2章 音階編 音階修得術
●第3章 調号編 調号修得術
●第4章 和音編 和音修得術
●第5章 テンション編 テンション修得術

■【STEP 2】
ダイアトニック・コードのすべて

●第1章 長調編
音階和音修得術/主要和音と終止形修得術
その他の音階和音(副和音)修得術
コード・パターンと実用例
●第2章 短調編
音階和音修得術/主要和音と終止形修得術
その他の音階和音(副和音)修得術
特殊な音階和音修得術/
コード・パターンと実用例
●第3章 長・短調合流編
平行調関係修得術/同主調関係修得術
コード・パターンと実用例
●第4章 音階和音のコード・スケール編
音階和音のコード・スケール修得術

■【STEP 3】
ドミナント・コードのすべて

●第1章 長調編
セカンダリー・ドミナント・コード修得術
コード・パターンと実用例
●第2章 短調編
セカンダリー・ドミナント・コード修得術
コード・パターンと実用例
●第3章 代理和音編
ドミナント・コードの代理和音修得術
コード・パターンとそのバリエーション
●第4章 ドミナント・スケールとテンション編
ドミナント・スケール修得術
コード・スケールと
テンション・ボイシング修得術

内容(「BOOK」データベースより)

ロングセラー
「絶対わかる!コード理論1〜3」三部作を
1冊にまとめたコンポーザー必携、
本格的理論解説の集大成。

terusannoyume at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集