ジャズ・コードの作り方

2019年02月14日

本格的ジャズ・コード

前回の最後に書いた両手コードは、
数字の少ない順に並べた基本形。

Cのミクソ・リディアン
「ド、ミ、♭シ、レ、ラ」
(1、3、♭7、9、13)

このままでも1つの例として使える。

しかし
もう少し幅広いコードにしたい時は
3と9を1オクターブ上げるといい。

「ド、♭シ、ミ、ラ、レ」
(1、♭7、3、13、9)

左手で「ド、♭シ」(1、♭7)
右手で「ミ、ラ、レ」(3、13、9)

♭7と3はオクターブ以上離さないこと。
(そんなことは知っていると思うけれど)

<課題1>
このコードを12キーで弾こう。
まず1つのミクソ・リディアンを弾き
それに対応させてコードを弾いていく。
つまり12のミクソ・リディアンと
コードを関連付けて練習して覚える。

<課題2>
「ミクソ・リディアン♭9、♭13」
でも12キーで同じように練習しよう。

<基本形>
「ド、ミ、♭シ、♭レ、♭ラ」
(1、3、♭7、♭9、♭13)

☆スケールとコードは関連付けて覚えよう!


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月06日

片手コードへの応用(2)

またまた前回の続きです。
というよりも最近は話が
かなり前から続いています。

前回は両手コードから
片手で弾くコードを作りましたが、
実はもう1つあります。
これを知らないと困ることになります。

前回学んだコードは
以下の両手のコード
「ド、ミ、♭シ、♭レ、♭ラ」から
1番上の「♭ラ」を
1オクターブ下に持っていきました。

今回は下から2番目の「ミ」を
1オクターブ上に持っていきます。

左手ベース(ルート)「ド」のみ、
右手で「♭シ、♭レ、ミ、♭ラ、」

これで左手はベースを弾いて
右手で伴奏のコードを弾けます。

さらにこのコードを左手で弾けば、
右手はアドリブやメロディーを弾けます。

片手のコードを左手で弾く場合、
この2種類を知らないと困ることがあります。

左手コードをピアノで弾く音域が
限られているからです。

片方しか知らないと、あるコードは
高過ぎたり低過ぎたりしますので。

<課題>
スケール音と共にこれらのコードを
12キーで書き出してピアノで音を
確認しながら練習しましょう。


terusannoyume at 23:54|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集