ジャズ・コードとテンション

2019年02月03日

スケールの覚え方(2)

数日前に書いた
「スケールの覚え方」
(2019.1.30)の続きです。

前回の復習。
スケールの7つの音の内、
4つのコード・トーンと
3つの経過音を理解すること。

今回はスケール音を
縦に3度ずつ積み重ねていく。

例えば、CのHmP5↓は、
「ド、♭レ、ミ、ファ、ソ、♭ラ、♭シ」

このスケールを1つ置きに見ていくと
コード・トーンだったね。
そして各コード・トーンの間にある音が
経過音だった。(カッコ内の音)

「ド(♭レ)ミ(ファ)ソ(♭ラ)♭シ」

今回は、この経過音をコード・トーンの
上(縦)に積み重ねる。

「ド、ミ、ソ、♭シ、♭レ、ファ、♭ラ」
下の4つが「C7」(コード・トーン)。

その上にある「♭レ」=♭9と
「♭ラ」=♭13はテンション。

「ファ」は11ではなく、
4でsus4の時のみ3の代わりに使う。

4は「C7」ではコード・トーンでも
テンションでもないので、
コードとしては使えない。

アドリブで経過音や
アプローチ・ノートとしてなら使える。

以上のようにスケールを覚える時は
前回の方法の次に縦にしても覚える。

横に並べたものがスケールで
縦に並べたものがコードになる。

ジャズ・ピアノ上達には
スケールを確実に覚えることが重要課題。

スケールはアドリブのためだけでなく、
ジャズ・コードを作る時にも必要だから。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集