ジャズ・アドリブ上達法

2019年02月01日

上手くなりたい人は

ジャズ・ピアノを上手くなりたい人は
このブログに書いた最近の記事を、
じっくり読んで練習に取り入れるといい。

「自分は上級者だから関係ない」
と思わない方がいい。

私が50年教えてきた経験から言うと
ある程度弾ける人でも基本的なことを
弾かせると完璧ではない。

例えば、
オルタード・スケールを
12キーで弾かせると、
必ずどこかで間違える。
(他のスケールでも…)

途中で間違えたのを注意せずに
黙っていると、次のキーに行ってしまう。

間違えたことを
まったく気付いていない。

「ちょっと待って、今間違っていたよ」
と言うと「え?」という顔をする。

家で練習していても
誰も注意してくれないので
自分では気が付かないで弾いている。

基本課題などつまらないと思って
やらない人もいるだろうけれど、
じっくりやりたい人は
1音ずつ確認しながら
慎重に練習することだね。


terusannoyume at 23:15|PermalinkComments(0)

2018年12月20日

下準備の確認が大切

ジャズ・ピアノは
決して左右バラバラのことを
弾いているわけではない。

前回は、ここまで話したよね。

左手はコードで、
右手はアドリブ。

別々に思えるけれど、
頭の中でコードネームは一致している。

     ☆

ある曲を練習する場合、
その曲に出て来る
すべてのコードの
押さえ方を確認する。

コード・トーンと
テンションの組み合わせは
どうなっているのか?

どれがコード・トーンで、
どの音がテンションなのか、
確認しておこう。

次に右手のアドリブで使うスケール。

左手コードのテンションと
右手スケールのテンションが
一致していることを確認しよう。

このような作業は下準備なんだね。

いきなりアドリブしようとしても
曲の隅々まで理解していないと、
途中で止まったり、行き詰まる。

この段階が不完全ではないか、
しっかり確認しないといけない。

後で悪影響が出て来るからね。

    ☆

さて、次の段階は、
ここまで準備出来た人の話になる。

(続く)

terusannoyume at 19:53|PermalinkComments(2)

2018年12月18日

明日への希望を大切に

前回の話に当てはまる人は、
ショックを受けることはないよ。
「自分には
ジャズの才能がないんじゃないか?」
とかね。
大丈夫、大丈夫。
自分ひとりだけじゃない。
同じような仲間は沢山いるんだ。
(変な励まし方?)

「今後どうすればいいか」
という話に進んでいくのだから…。

       ☆

ジャズ以外の音楽は丸暗記で成り立つ。
一生懸命に練習して、覚えて、
曲を完成させていく。

でもね、ジャズ(即興演奏)は、
丸暗記では成り立たないよね。

丸暗記のジャズ(即興演奏)なんて
不可能でしょう?

だって全部覚えていることを弾くなら
それはジャズ(即興)じゃないものね。

いくらジャズの曲でも
最後まで楽譜のとおりに弾いているなら
それはジャズ(即興演奏)ではない。
入門として、
ジャズの雰囲気を楽しむ段階なら
いいかもしれないけれどね。

ビッグバンドでも
大部分のアレンジが決まっていても、
途中に必ずアドリブのパートがあるよね。

だから今アドリブ出来ない人も
ジャズをやりたいなら必ずアドリブの
勉強(理論)をしなくてはいけない。

そこでね、勉強&練習を始めるのだけれど、
いろいろな落とし穴が待っているんだね。

最近ここで話していたのは、
よくある落とし穴のごく一部の話だったんだ。

これからどうすればいいか?
少しずつ話していくつもりだ。

とにかくあきらめないことだね。

勉強を続けていればいいことあるよ。

ある時「あ、そうなのか!」という
瞬間が来るから、それを楽しみに
練習&勉強を続けることだね。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集