ジャズピアノ独習法

2016年07月07日

ジャズピアノ独習法?

ジャズピアノ独習は可能なのか?

前回「かなり難しい」という話をした。

しかし、まったく不可能ではないかも?

前回と少し重複するけれど、
アドリブが出来ないのは
才能がないわけではない。

やり方、勉強方法を知らないからだ。

もし自分で練習方法を見付けたら
弾けるようになる可能性もある。

だが誰でも出来ることではない。

誰でも出来るなら全国のジャズ学習者は
全員弾けるようになっているはず。

現実は甘くない。

ほとんどの人は伸び悩んでいると思う。

それで1つの方法として指導者を探せ
と言ったけれど、実はこれも難しい。

具体的な方法を教えてくれる先生は少ない。

では、どうすればいい?


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月11日

ジャズピアノ独習法(25)

ビージー・アデール研究(23)

今回は、楽しいクイズの解答編です。
以前の記事で宿題を出しておきましたね。

かなり前の記事なので忘れていたり、
これから探すのも大変でしょうから、
以下にその記事を再現して、
その後で答を教えますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ジャズピアノ独習法(17)

ビージー・アデール研究(15)

今回は、楽しいクイズです。

「New York,New York」のエンディング、
楽譜の41ページを見て下さい。
楽譜を持っていない人は過去記事で、
音源(アデールさんの演奏)を聴いて下さい。

楽譜の終りから4小節前で
トニック・コードを弾いた後に
フレーズを弾いていますよね?

1拍半裏の「♭シ、ラ、♭シ、レ、ド」から
次の小節まで2小節のフレーズです。
(正確に言うと3小節目の「ファ」まで)

これはジャズのエンディングでよくやるように、
「思い付いたフレーズを弾いたのだろう」
と思った人がいるかもしれませんが、
それは違います。

実は、このフレーズは、
ある曲の1〜2小節目のメロディーなのです。
(3小節目の頭まで)

さて、ここからが問題です。

このメロディーの曲名は?

<ヒント>
今回の曲は
「ニューヨーク」という地名ですよね。
ですから問題の曲名も…?

つまり問題のメロディーは
アデールさんの冗談なのですから、
演奏の最後で「ニヤリ」としなければ
いけないのです。

解答は後日です。お楽しみに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでが過去記事です。
(少し修正しましたが)

さて、それでは答えの発表です。

あの2小節のメロディーは、
「MANHATTAN」というスタンダード曲です。

ジャズ・スタンダード曲集で調べて下さい。

「マンハッタン」はニューヨークにあるのですね。

これでアデールさんの冗談が理解出来ましたね。

さて、ここで笑ってもかなり遅いので、
もう1度あの演奏を聴き、
エンディングでこのメロディーを弾いたところで
「ニヤリ」としましょう!

それから「ニューヨーク、ニューヨーク」は
同名異曲がありますので注意して下さい。


terusannoyume at 02:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月24日

ジャズピアノ独習法(24)

ビージー・アデール研究(22)

前回に続いて今回も
アドリブ・フレーズを練習しましょう。

「ス・ワンダフル」のアドリブ2コーラス目
「A1」7小節目2拍目から
「A2」1小節目の3拍目(♭ミ)まで、
3小節のフレーズを練習します。

楽譜を持っている人は、46ページ、
上から3段目3〜4小節目から次の段、
上から4段目1小節目3拍目(♭ミ)まで。

この3小節を修正して書き出します。

まず1小節目1拍目の「ソ」を4分休符に。

2小節目、最初の音「♯ソ」は「♭ラ」ですね。
調号にある音なので「♭」は付けなくていいです。

この音「♭ラ」がないキー(CやF)でしたら、
この音は「♯ソ」で正解になります。
半音下のアプローチノートですからね。

それから<ミスプリ>です。
この小節、最後の音「ラ」に「♭」を付ける。
その前(同じ小節内)で「ラ」(ナチュラル)を
使っていますからね。
ここはコード「B♭7」ですから。

3小節目1拍目の「ナチュラル」は消す。
前の小節の「♯ソ」がなくなりましたので。

次にコードを修正します。

1小節目1拍目「E♭」を消して「G7」にする。

|G7 C7|F7 B♭7|E♭|になります。

ドミナント・モーションですね。

これを次のようにも変更出来ますよ。

|Gm7 C7|Fm7 B♭7|E♭|

この場合は
2小節目の最初の2音「♭ラ」と「ラ」を
「ソ、♭ラ」に変えて下さい。

これらのコード進行(フレーズ)は
「A1」「A2」「B」「A3」形式の
「A1」7〜8小節でよく出て来ます。

さらに「A3」最後の7〜8小節目から
「A1」の1小節目に戻る時には、
|E♭ C7|Fm7 B♭7|として使います。

とにかく、いろいろなところで
応用出来るフレーズですので、
いつものように12キーで練習して、
他の曲でも使ってみて下さいね。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月10日

ジャズピアノ独習法(23)

ビージー・アデール研究(21)

今回は、良いフレーズを練習しましょう。

「ス・ワンダフル」のアドリブ「A2」
5〜6小節のフレーズを研究します。

楽譜を持っている人は、45ページ、
1番上の段1〜2小節目1拍目裏まで。
2拍目からは休符にする。
コード進行は「Fm7」と「B♭7」ですね。

このフレーズは「クリシェ」の応用例。

「クリシェって何?」という人は、
ジャズ理論書で調べてみてね。
(「クリシェ」は他にもあります)

ここでは「ファ、ミ、♭ミ、レ」の
ラインがあるでしょう。
これがよく出てくる
「クリシェ」の応用フレーズですね。

<課題1>
このフレーズを12キーに移調して練習しよう。

<課題2>
スムーズに弾けるようになったら、
他の曲の「僑蹌掘櫚坑掘廚鳳用してみよう。

         ☆

「この例、キレイなフレーズでしょう?」

アドリブ・フレーズは、
適当に音を弾けばいいのではなく、
キレイな並べ方があるんだよね。

キレイな字を書きたかったら、
お習字のお手本を参考に、
真似して書くよね。

それと同じ方法で、
キレイなフレーズを弾きたかったら、
良いお手本をいつも弾いているといい。
12キーでね。

では、早速練習しよう!


terusannoyume at 23:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年10月09日

ジャズピアノ独習法(22)

ビージー・アデール研究(20)

今回は、
ほとんどの人は読む必要がありません。

なぜなら上級の話だからです。
そして以前(独習法19回目)の応用編なので、
(例え上級者であっても)その時のフレーズを
学んでいなければ話は伝わりません。

ですから、ごくごく一部の人が対象です。

それと、レッスンの時なら
中級者でもわかり易く説明しますが、
今回は最初から上級対象なので、
ごく一部の人だけが理解出来るように書きます。

ほとんど人は、こんなことをやる前に、
やるべきことは沢山ありますので、
読む必要はありません。

     ☆

普通にアドリブが出来るようになった段階で
一部の小節(コード)で上部構造の3和音を
乗せるやり方を教えます。

さらに進んだ段階になると
上部構造の小節を増やして、
乗せる3和音も4和音になったりします。

最終的には、すべての小節(曲全体)で
上部構造のコードでアドリブをします。

つまり左手のジャズ・コードに対して、
右手はまったく別の3〜4和音でアドリブ
していることになります。

少し話は横道に入りますが、ある程度
普通のアドリブが出来るようになったら、
スタンダードをモード的に解釈する方法を
中心に教えますが、今回のやり方は対象的に
徹底的に縦構造を中心にした方法ですね。

私のジャズピアノ教育方針は、
まずスタンダードを普通のスタイルで
弾けるようにする。(これだけでも大変でです)

次にある程度の段階でモード奏法も学ぶ。
そしてモード奏法をスタンダードに応用する。

これらの過程でモード的(横構造)と対象的な
縦構造も徹底的に学ぶこともやっています。

つまり両極端を学び、ある曲に対して、
どちらの方法でも自由に弾けるようにする。

同じ曲を同じ人が弾いているのですが、
アドリブはまったく違う印象になります。

材料(曲)を、どの様にも料理(アドリブ)
出来るようにするのです。
その時々によって使い分けるということ。
自由に組み合わせてもいい。

ここで話は戻ります。

縦構造を徹底的に各小節でやると、
一つ問題が出て来ます。

それはフレーズが(上部構造と言っても)、
どうしても分散和音的になってしまいます。

だからと言って、下手に経過音を使うと、
スケール的なアドリブになってしまい、
何のために上部構造の3〜4和音を使って
いるのか、意味がなくなってしまいます。

そこで対処方法は、いくつか考えてあります。

さて話が大変長くなりましたが、以前のフレーズは
決して初心者用のものだけではなく、
使い方によっては上級のアドリブにも応用出来る。

一つの方法としてヒントになると思います。

以上です。

            ☆

こんな話は書くのをやめようと思ったのですが、
その段階にいる人がたまたま読むかもしれないと思い、
書いておくことにしました。

何回も言いましたが、ほとんどの人は関係ありません。

しかし将来の目標(10年後?)にしてもいいかも?
いや必要ないかな。

2回ぐらい生れ変ってからでもいいかもしれません。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月28日

ジャズピアノ独習法(21)

ビージー・アデール研究(19)

今回の練習は、
最近学んだ<3拍フレーズ>応用編です。

<独習法(18)>で練習したモチーフ
「ミ、ソ、ソ、ソ、ソー」(31ページ)
を使って、いろいろ作り変えてみましょう。

<課題1>
「ミ、ファ、♯ファ、ソ、ソー」に変えて、
練習して下さい。
3拍フレーズを3回繰り返して、
2小節プラス1拍でしたね。

<課題2>
「ミ、ファ、ソ、ラ、ソー」に変えて、
上の例と同じように練習して下さい。

<課題3>
「ミ、ファ、ソ、ファ、ミー」に変えて、
上の例のように練習しましょう。

このようにいくらでも作れますよね。
しかし何でもいい訳ではありませんよ。

注意することは
各コードに合う音を選ぶこと。
これが重要です。

では、さらに上の例を発展させましょう。

<課題1>を発展させた例

「ミ、ファ、♯ファ、ソ、ソー」を弾いたら
2回目を
「ファ、ソ、♯ソ、ラ、ラー」に上げて弾き
3回目は、さらに
「ソ、ラ、♯ラ、シ、シー」に上げて弾く。

3拍フレーズが1回ずつ上がって行き、
合計で9拍=2小節と1拍でしたね。

以前と同じ状況(コード進行)で
練習して下さい。

最後の音「シ」は、
コード「C」の「M7音」になりますね。
これで問題ないのですが、
完全な終止感が欲しければ
最後の音だけ「C音」にしてもいいです。

自分の好みで臨機応変に作り変えます。

<課題2>を発展させた例

「ミ、ファ、ソ、ラ、ソー」を弾き、
2回目を
「レ、ミ、ファ、ソ、ファー」に下げて弾き、
3回目は、さらに
「ド、レ、ミ、ファ、ミー」に下げて弾く。

3回目の最初の音「ド」が
コード「G7」に合わないかな?
と思う人がいたら「シ」に変えて、
「シ、レ、ミ、ファ、ミー」にしてもいいです。

しかし、この「ド」は、
すぐ8分音符で次の「レ」に行くので
そんなに気にならないと思うけれど、
各自が実際に弾いて耳で確認して下さい。

他の方法は、前2つのモチーフが
最初4音で音階的に上がって行くので、
それと統一したかったら、
「シ、ド、レ、ミ、レー」にしてもいいです。

最初の4音が音階で上がり、
前の2つと統一されて、
最後の「レ」は「CM7」の「9」になる。

これでジャズっぽいと思うけれど、
普通の終止感が欲しければ(前例のように)
最後の音だけ「C音」に変えてもいいですよ。

これは個人の好み、感覚によりますので、
臨機応変(頭を柔軟に)作り変えていきます。

<課題3>を発展させた例

さて、今度はあなたが自分で作ってみましょう。

「ミ、ファ、ソ、ファ、ミー」から
2回目は、どうしますか?

「ファ、ソ、ラ、ソ、ファー」に上がる。
または
「レ、ミ、ファ、ミ、レー」に下がる。

どちらにしますか?
または他のアイデアを使いますか?

次に3回目は、どうしましょうか?

上がった人は、さらに上がって、
「ソ、ラ、シ、ラ、ソー」にする?

下がった人は、さらに下がって、
「ド、レ、ミ、レ、ドー」にする?

あるいは両者とも
「ミ、ファ、ソ、ファ、ミー」に戻る。

あるいは、部分的に音を微調整して使う。

あるいは、他のアイデアを使う。

自分なりのフレーズを作り、練習しましょう。

注意することは、
コードに合う音を選ぶこと。
必ずコードと同時に弾いて耳で確認すること。

       ☆

ほんの小さな素材から
どんどん発展させる能力。

どんなジャンルでも
<独習する>ということは、
ちょっとしたヒントから
次々と応用していく能力が
必要だと思いませんか?

今回は、それを伝えたかったのです。

では楽しんで勉強&練習を続けて下さい。


terusannoyume at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月27日

ジャズピアノ独習法(20)

ビージー・アデール研究(18)

今回は、
アデールさんの楽譜を持っていない人でも
わかる話なので全員じっくり読んでほしい。

前々回「独習法(18)」で3拍フレーズを学んだ。

今回は、その3拍フレーズが
テーマのメロディーに
最初から含まれている曲を学び、練習しよう。

「It Don't Mean a Thing」の
形式「A」の5〜8小節目を調べよう。

アデールさんの楽譜を持っている人は
55ページ、1番下の段、1〜4小節目を
見て欲しい。

ここは<エンディング>だけれど、
「タタンタター」という3拍フレーズが
4回繰り返されている。

他の曲集でも、この曲を調べてみよう。
原曲の楽譜を。

「スウィングしなけりゃ意味がない」の
形式「A1」(「A2」「A3」も同じ)
5〜8小節目を調べてほしい。
1拍休んでから3拍フレーズが4回あるはず。

歌では、
歌詞が「ドゥワードゥワー」というところ。

          ☆

3拍フレーズは「1、2、3、4」を感じて
次のように練習しよう。(前に説明したね)

|1、(2、3、4)|(1、2、3)(4|
|1、2)(3、4|1)〜〜〜|

ウン=4分休符
ダ=8分音符
ダー=4分音符

|ウン、(ダダーダダー)|
|(ダダーダダー)(ダダ|
|ーダダー)(ダダーダ|ダー 〜|

4拍を感じながら3拍フレーズを練習するんだ。

☆アデールさんは、4回目を変えているね。

「なぜ?」

それは有名な<ことわざ>に従ったのだ。
「仏の顔も3度まで!?」だから…。

4回目は、頭の1拍目で終るのではなく、
ジャズっぽく半拍前で終らせたかった。

このあとは、あなた自身で、
アデールさんの曲集49〜55ページを
じっくり研究してみよう。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月26日

ジャズピアノ独習法(19)

ビージー・アデール研究(17)

今回は、キレイなフレーズを覚えよう。
とても単純な作りなんだけれど、
初心者ではなかなか気が付かない作り方。

「A列車で行こう」アドリブ1コーラス目、
「A2」6〜8小節目のフレーズを見よう。
(楽譜がない人は過去記事の音源がある)

楽譜を持っている人は、30ページ、
下から2段目2小節目、
3拍目裏「ソ、ラ、シ」から
4小節目1拍目「ミ、ド」まで。
(その後のフレーズは今回省略する)

今回のフレーズを分析すると、
骨組み「ド、ミ、ソ、ド、ミ」の間を
半音を含む経過音を使っているだけだよね。

最初にフレーズを見ると単純と思うかも?

でもね、この経過音と半音の使い方は、
学習者が自分ではなかなか気付かないと思う。

理路整然として、本当に分かりやすくて、
キレイなフレーズだよね。

では、早速12キーに移調して練習しよう。
そして、
いろいろな曲に応用してみようではないか。


terusannoyume at 23:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年09月25日

ジャズピアノ独習法(18)

ビージー・アデール研究(16)

今日の話は楽譜を持っていない人でも、
読めば理解出来ますので練習しましょう。

今回は「3拍フレーズ」の勉強です。

楽譜を持っている人は、31ページの
1番上の段、3〜4小節目を見て下さい。

ここは3拍のフレーズを
3回繰り返していますよね。

「ミ、ソ、ソ、ソ、ソー」で3拍、
これを4拍子の曲で3回続けています。

この時に、次のように拍子を感じてはダメ。

|1、2、3|1、2、3|1、2、3|

あくまでも4拍子なのですから、
|1、2、3、4|を感じて弾いて下さい。

|(1、2、3)(4|1、2)(3、4|1)〜

<課題>
このようなフレーズをいくつか自分で作って
練習してみましょう。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月24日

ジャズピアノ独習法(17)

ビージー・アデール研究(15)

今回は、楽しいクイズです。

「New York,New York」のエンディング、
楽譜の41ページを見て下さい。
楽譜を持っていない人は過去記事で、
音源を聴いて下さい。
終りから4小節前でトニック・コードを
弾いた後でフレーズを弾いていますよね?

1拍半裏から「♭シ、ラ、♭シ、レ、ド」
から次の小節まで2小節のフレーズです。

これはジャズでよくやるように、
「思い付いたフレーズを弾いたのだろう」
と思った人がいるかもしれませんが、
それは違います。

実は、このフレーズは、
ある曲の1〜2小節目のメロディーなのです。

さて問題です。

このメロディーの曲名は?

<ヒント>
今回の曲は
「ニューヨーク」という地名ですよね。
ですから問題の曲名も…?
つまり問題のメロディーは
アデールさんの冗談なのですから、
ここで「ニヤリ」としなければいけないのです。

解答は後日です。お楽しみに。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年09月11日

ジャズピアノ独習法(16)

ビージー・アデール研究(14)

コピー譜に<形式>を書き込んでいないと、
どこを説明しているのか分かりませんので、
必ず<形式>を書き込んでから読んで下さい。

          ☆

今回は「It Don't Mean a Thing」です。
アドリブ・コーラス「A1」の6小節目。
51ページ。上から3段目、2小節目。

ここに「Em7(♭5)」がありますけれど、
これは完全な間違いですね。

フレーズに「D♭音」がありますから、
「E音」がルートのコードなら
「E dim7」ですよね。

でも、正解は「C7」ですから
コードネームを書き直して下さい。
「C7」で「D♭音」は「♭9」です。

今回は、この小節と次の小節のフレーズを
12キーで練習しましょう。

コード進行は「C7」から「FM7」に進む、
理論的にはドミナントからトニックに解決する
2小節のフレーズとして覚えましょう。

このフレーズを覚えると大変<お得>です。

「FM7」のフレーズに第3音がないので、
「Fm」のコードがある時でも使えるのです。

つまりメジャー・キーでもマイナー・キー
でも使えてしまうのです。

左手コードは
自分が知っているジャズコードを使います。
当然ですが「C7」は「♭9」ですよね。

どんな曲でも、
このコード進行は出て来ますので
いろいろな曲のアドリブに応用してみて下さい。

では、また次回に…。


terusannoyume at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月05日

ジャズピアノ独習法(15)

ビージー・アデール研究(13)

コピー譜に<形式>を書き込んでいないと、
どこを説明しているのか分かりませんので、
必ず<形式>を書き込んでから読んで下さい。

「Fly Me To The Moon」
今回は、アドリブ・フレーズを覚えましょう。

アドリブ・コーラス「A1」の2〜5小節目、
「僑蹌掘櫚坑掘櫚機廚離侫譟璽困任后

一部分を変更します。
まず3小節目「G7」最後の音「C」音を
4度上の「F」音に変える。
次に4小節目「C」の3拍目「E」音を
4分音符にして、それ以後は休符にしておく。

ですから5小節目は全休符ですね。
コードネームも「C」にします。

これはいろいろな曲に応用するためです。

曲によってここはコード進行が変わるので、
どんな曲にも応用するためです。

ですから「Dm7−G7−C」を4小節にして、
12キーに書き出して練習して下さい。

応用編は別の機会に説明します。


terusannoyume at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月30日

ジャズピアノ独習法(14)

ビージー・アデール研究(12)

形式を書き込んでいないと、
どこを説明しているのか分かりませんので、
必ず形式を書き込んでから以下を読んで下さい。

「Fly Me To The Moon」
<課題1>
最初のテーマの「B1」7小節目にあるコード。
コードネーム「C」は、
とてもキレイな積み重ね方なので、
12キーに移調して覚えましょう。

メロディーに第3音がある時に使います。

<課題2>
メロディーに第1音が来た時は、
1番上の第3音を省略します。
これも12キーで練習して覚えて下さい。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年08月16日

ジャズピアノ独習法(13)

ビージー・アデール研究(11)

今回も(前回と同じように)
コード進行の勉強をしましょう。

曲集(楽譜)の
<ボーナス・スコア>2曲の内、
前回は
「SWEET MEMORIES」でしたので
今回は、残りの1曲、
「いい日旅立ち」を学びましょう。

山口百恵のヒット曲ですが、
この曲はスタンダード曲
「RECADO BOSSA NOVA」
別名「THE GIFT!」と
コード進行が似ています。

ビージー・アデール「いい日旅立ち」





「Ii hi Tabidachi」
Beegie Adair
<My Piano Romance>より

では、いつものように
<形式>を楽譜に書き込んで下さい。

<イントロ>(12)
<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(9)
「B」(8)
「A3」(9)
「B」(8)
「A3」(7)
<エンディング>(5)

この形式は楽譜での形式で、
動画の演奏では少し違いますね。
どこをどのように変えていますか?

この曲をやさしくアレンジした楽譜は、
以下の曲集のP64〜67にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

<ジャズ・ピアノ学習のヒント>

☆コード進行
「いい日旅立ち」の「A1」「A2」と
「RECADO BOSSA NOVA」
別名「THE GIFT!」の
「A1」「A2」を比べてみて
分析して下さい。

☆転調
テーマ内で転調しているところと、
アレンジ構成上で転調している小節
を調べて下さい。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
ジャズ・コードの押さえ方、
コード進行など、いろいろな角度から
分析すると、勉強になるところが
まだまだ沢山ありますよ。

出来るだけ沢山発見して、
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月10日

ジャズピアノ独習法(12)

ビージー・アデール研究(10)

今回は、コード進行の勉強です。

前回までにスタンダード全9曲の
形式を書き出しましたね。

しかし、この曲集(楽譜)には
<ボーナス・スコア>が2曲あります。

今回は、その内の1曲、
「SWEET MEMORIES」を学びましょう。

松田聖子のヒット曲ですが、
軽く見てはいけません。
なぜかというと、
この曲はスタンダード曲「MISTY」と
同じコード進行だからです。

「え、ウソでしょう。どこが同じなの?」

では、いつものように
<形式>を楽譜に書き込んで下さい。

<イントロ>(8)
<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
<間奏>(4)
「B」(8)
<エンディング>(5)

これは楽譜の形式で、
動画では少し違いますね?
どこが違うのか、聴いて下さい

ビージー・アデール「スウィート・メモリーズ」





この曲をやさしくアレンジした楽譜は、
以下の曲集のP68〜70にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

<ジャズ・ピアノ学習のヒント>

☆この曲の「A1」「A2」と
「MISTY」の「A1」「A2」を
比べてみて分析して下さい。

<課題1>
どちらかの曲は、
トニックの代理を使っている。
それは何小節目?

<課題2>
どちらかの曲は、
♭7thコードを僑蹌掘櫚坑靴
分割している。
逆の言い方をすれば、
どちらかの曲は、
僑蹌掘櫚坑靴鬆7thコードだけに
単純化している。
何小節目でしょう?

    ☆

それでは最後に懐かしい原曲を
聴いてみましょう。
若いけれど、やはり上手いですね。

松田聖子「SWEET MEMORIES」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

テリー・ハーマン・トリオの
松田聖子特集でも「SWEET MEMORIES」
を演奏しています。
アルバム・タイトルが
「SWEET MEMORIES」ですからね。

「スウィート・メモリーズ」
テリー・ハーマン 形式: CD





以下は<Amazonより>

ジャズ・ピアニスト坂元輝の
ピアノ・トリオによる、
松田聖子カヴァー・アルバム

【personnel】
坂元輝(p)
根市タカオ、山口和与(b)
渡辺毅、鈴木孝廣(dr)

【オリジナル】1984/05/21発売・YX-7335
メディア掲載レビューほか
1984年5月21日に発売された、
テリー・ハーマン・トリオのアルバム。

スウィート・メモリーズ

<曲目リスト>
1. 夏の扉
2. Sweet Memories
3. 渚のバルコニー
4. Rock'n Rouge
5. チェリー・ブラッサム
6. 青い珊瑚礁
7. 赤いスイートピー
8. 瞳はダイアモンド
9. 潮騒
10. 裸足の季節

「もう30年前の録音なんだね」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宿題>
楽譜の<ボーナス・スコア>にある
もう1曲「いい日旅立ち」も、実は
ある曲(スタンダード)の「A1」
「A2」とコード進行が似ています。
<さて何の曲でしょう?>

これはちょっと難しいかな?
その曲を知らない人が多いかもしれません。
ヒントは「ボサ**」の曲です。


terusannoyume at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月07日

ジャズピアノ独習法(11)

ビージー・アデール研究(9)

ビージー・アデールの
「New York, Now York」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら
何回か聴いて、それから分析をして、
自分の音楽に取り入れて下さい。

「New York, Now York」
Beegie Adair
<My Piano Journey>





いつものように最初はコピー譜に
「形式」を書き込みます。

今回の形式は、よくある32小節ではなく
最後に「C」(8)が加わって
40小節が1コーラスになっています。

<イントロ>(8)
<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(8)
「C」(8)

<アドリブ・コーラス>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(8)
「C」(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(8)
「C」(6)
<エンディング>(4)

この演奏のコピー譜(アレンジ譜)は、
以下の楽譜P35〜41にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

<ジャズ・ピアノ学習のヒント>

☆イントロ

ペダルポイント(G音)。
右手コードの各声部の流れに注目。

☆転調
どこで、どのように転調しているか?
研究して下さい。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
ジャズ・コードの押さえ方、
コード進行など、いろいろな角度から
分析すると、勉強になるところが
まだまだ沢山ありますよ。

出来るだけ沢山発見して、
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月02日

ジャズピアノ独習法(10)

ビージー・アデール研究(8)

今回は
「スウィングしなけりゃ意味がない」
という日本語の題名で有名な曲です。

ビージー・アデールの
「It Don't Mean a Thing」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら
何回か聴いて、それから分析をして、
自分の音楽に取り入れて下さい。

「It Don't Mean a Thing」
Beegie Adair - My piano





いつものように最初はコピー譜に
「形式」を書き込みます。

<イントロ>(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(8)

<アドリブ・コーラス1>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(8)

<アドリブ・コーラス2>
(セカンド・リフ)
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(12)

<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」(8)
「A3」(4)

<エンディング>(8)

この演奏のコピー譜(アレンジ譜)は、
以下の楽譜P49〜55にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

<ジャズ・ピアノ学習のヒント>

☆イントロ
テーマ「A」5小節目からのモチーフを
使ってイントロを作っています。
これはイントロの作り方の一つの方法。

☆<アドリブ・コーラス2>
「A1〜3」の前半4小節は
セカンド・リフですが、
後半は4ビートのベースソロですね。
(ドラムとベースが普通に演奏している)

「B」(8)はピアノのアドリブです。

☆エンディング
イントロと同じように
テーマ「A」5小節目からのモチーフを
使ってエンディングを作っていますね。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
ジャズ・コードの押さえ方、
コード進行など、いろいろな角度から
分析すると、勉強になるところが
まだまだ沢山ありますよ。

出来るだけ沢山発見して、
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 23:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年08月01日

ジャズ独習法まだ続くよ

8月1日(土曜日)

暑い日が続きますね。

でも暑さに負けず、
練習&勉強を続けましょう。

私もカフェなど
涼しい場所に移動しながら
読書や勉強を続けています。

最近書いている
「ジャズピアノ独習法」
特に
「ビージー・アデール研究」は
フレーズがキレイで分かりやすいので、
形式をすべての曲で書き込んだ後、
さらにもう少し詳しいところまで、
勉強のヒントを書く予定です。

各曲、もう1度
独習のヒントを付け加えていくようになる
と思うので、
形式は必ず書き込んでおいて下さいね。

例えば、
アドリブ(1)「A2」3小節目は〜〜
などのように解説しますので、
形式を書き込んでないと、
どこを説明しているのか分からないと
思いますので…。

それで今、
全曲の形式を書き出していますが、
これは第1段階で、近い内に
第2段階になっていく予定です。

内容がさらに充実していきますよ。

お楽しみに!


terusannoyume at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月26日

ジャズピアノ独習法(8)

ビージー・アデール研究(6)

ビージー・アデールの
「You' Be So Nice to Come Home to」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら
何回か聴いて、それから分析をして、
自分の音楽に取り入れて下さい。





「You' Be So Nice to Come Home to」
Beegie Aair
<My piano Journey>より

いつものように最初はコピー譜に
「形式」を書き込みます。

今回は<アドリブ・コーラス>が
<2コーラス>ありますので、
良いフレーズの作り方を学んで下さい。

<イントロ>(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「B」(8)
「A2」(8)
「C」(8)

<アドリブ・コーラス1>
「A1」(8)
「B」(8)
「A2」(8)
「C」(8)

<アドリブ・コーラス2>
「A1」(8)
「B」(8)
「A2」(8)
「C」(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「B」(8)
「A2」(8)
「C」(6)

<エンディング>(9)

この演奏のコピー譜(アレンジ譜)は、
以下の楽譜P56〜63にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

<ジャズ・ピアノ学習のヒント>

☆イントロ
この曲でよくやるイントロ4小節に
後半さらに別の4小節が付け加えられていますね。

☆転調の研究
「A1」8小節の中で転調しています。
何のキーから何のキーへ転調しているでしょう?
「A2」も同じですね。

☆アドリブ・フレーズ
アデールさんのフレーズは分かりやすくて、
キレイで、とても良いお手本です。
他の曲にも応用出来るので、
研究&練習して下さい。

☆コード進行
ドミナントの代理コード、知っていますね。
アドリブ・コーラス(1)と(2)の「B」
3小節目で使われていますね。
それからアドリブ・コーラス(2)「A1」の
4小節目、ここは元のコードは何でしょう?
わかりますよね。
その他、どこで代理が使われているか?
調べてみましょう。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
ジャズ・コードの押さえ方、
コード進行など、いろいろな角度から
分析すると、勉強になるところが
まだまだ沢山ありますよ。

出来るだけ沢山発見して、
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月16日

ジャズピアノ独習法(6)

ビージー・アデール研究(4)

ビージー・アデールの
「'S Wanderful」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら
何回か聴いて、それから分析をして、
自分の音楽に取り入れて下さい。

「'S Wanderful」
Beegie Adair
<My Piano Journey>





最初はコピー譜に「形式」を書き込みます。

<イントロ>(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」 (8)
「A3」(8)

<アドリブ・コーラス1>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」 (8)
「A3」(8)

<アドリブ・コーラス2>
「A1」(8)
「A2」(8)
「B」 (8)
「A3」(8)

<テーマ>
「B」 (8)
「A3」(8)

<エンディング>(6)

この演奏を参考にしたコピー(アレンジ)譜は、
以下の楽譜(P42〜48)にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

☆ジャズ・ピアノ学習のヒント

☆<イントロ>
<テーマ>のどこを利用して、
少し変形させているか?
よく調べて他の曲でも応用しましょう。

☆コード進行
(1)「A1」と「A2」の3〜4小節と
「A3」の3〜4小節ではコードが
違うことに気付いていましたか?

(2)アドリブ・コーラス1の
「A1」6〜8小節はテーマにない進行です。
ジャズでは、このようなことをよくやります。
6小節目、最初のコードと
7小節目、最初のコード、
その間に入っているコードは
なぜここに入っていいのでしょう?
理論的に説明出来ますか?

☆転調の研究
この曲の「A」と「B」では
キーが違いますね?
何のキーになっているのか?
それはすぐ分かるでしょうが、
どのように転調しているか調べましょう。

「A」から「B」に行く前の小節、
「B」から「A」に帰る前の小節。

転調の仕方の勉強です。

☆<エンディング>
形式のところでは
エンディングを6小節にしましたが
実際は「A3」最後の2小節で曲が終わる
と同時にエンディングが始まりますので
8小節で考えると分かりやすいですよね。

このエンディングは
曲のどこの部分を利用して作ったのか?
分かりますよね?
理解出来たら他の曲でも応用して下さい。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
アドリブ・フレーズ(すごくキレイですね)、
ジャズ・コードの押さえ方など、
いろいろな角度から分析すると、
勉強になるところがまだまだ沢山あります。

発見したことを
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月11日

ジャズピアノ独習法(3)

前回紹介した
「ハービー・ハンコック自伝」は、
勉強になりますよ、
と書いておいたけれど、
本当に初心者から上級者まで
上達のヒントが書かれている。

ただし理論書ではないから譜例もないし、
上達法を直接教えているわけではない。

<どこが勉強になるのか?>、
読む人の程度によって異なると思う。

例えば、初心者なら〜

〜〜〜〜

14歳のハンコック少年が同じクラスで
1歳年上の少年のピアノ・トリオの演奏
を聴いて大変な衝撃を受ける。
(アドリブを弾いていたので…)

演奏終了後に
「どうやって弾けるようになったの?」
とハンコックの質問に対して少年が答える。

その答えから
ハンコックのジャズ・ピアノの勉強が始まる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この話は、そのままジャズ・ピアノ独習法
のやり方を教えてくれているようなものだ。

以上のように、この本は自伝だけれど、
他にも役立つヒントがいろいろ書いてある。

だって現代ジャズピアノの巨匠の自伝だよ。

とにかく各自のレベルで
上達のヒントを見付けるのも、
この本を読む楽しみの一つ。

「ハービー・ハンコック自伝」
新しいジャズの可能性を追う旅
単行本 – 2015/7/10
ハービー・ハンコック (著)
川嶋文丸 (翻訳)





ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅


terusannoyume at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月08日

ジャズピアノ独習法(1)

ビージー・アデール研究(1)

ビージー・アデールの
「Fly Me to the Moon」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら聴いて、
分析し、自分の音楽に取り入れて下さい。

まずコピー譜に形式を書き込みましょう。

コピー譜に形式を書き込むことによって、
「今、どこを弾いているのか?」が
とても分かりやすくなりますよ。

自分がアドリブする時に、
小節を見失わないようにするためには、
この段階から形式をしっかり覚えて下さい。

「Fly Me to the Moon」
<My Piano Romance>より
〜Beegie Adair(ピアノ)





イントロ(8)
<テーマ>
「A1」(8)
「B1」(8)
「A2」(8)
「B2」(8)

<アドリブ・コーラス>
「A1」(8)
「B1」(8)
「A2」(8)
「B2」(8)

<テーマ>
「A1」(8)
「B1」(8)
「A2」(8)
「B2」(13)エンディングを含む

この演奏を参考にしたアレンジ譜は、
以下の楽譜P18〜23にあります。





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

☆ジャズ・ピアノ学習のヒント

イントロの作り方、
テーマ(メロディー)のフェイク、
アドリブ・フレーズ、
ジャズ・コードの押さえ方、
エンディングなどなど、
いろいろな角度から分析して
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 06:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集