ジャズピアノ・コードAフォームBフォーム

2016年08月31日

ジャズコードの復習

8月も今日で終りです。
まだ暑い日が続くでしょうが、
風が少し涼しくなってきましたよね。

あなたの練習&勉強は進んでいますか?
マイペースで楽しんで続けて下さい。

        ☆

私は最近「懐かしい復習」をしていました。

私がジャズピアノを学び始めた頃は、
まともな教則本なんてほとんどありません。

でも1冊だけ<John Mehegan>という人の
1965年発行の輸入版がありました。

ジャズピアノのコード、
Aフォーム、Bフォームは
この人の本で日本に入って来たのです。

私も影響を受けています。

今もレッスンで教えているフォームは
この本とまったく同じではありませんが…。

例えば、トニックコード。
本では「6」ですが、私は「M7」です。

もちろん、どちらでもいいのですが、
両方練習して使い分けてもいいですね。

私も曲のコードを教える時、
曲によって2種類を使い分けて教えます。

この本は他にも学ぶことが多いので、
50年ぐらい前を思い出しながら楽しく
そして懐かしく復習していました。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集