サム・アザー・タイム

2016年04月19日

エヴァンス未発表音源

こんなに貴重な音源が
今まで眠っていたなんて!
本当に驚きだ。

ビル・エヴァンスの未発表音源が
発見されて、発売された。

しかもドラマーが
ジャック・デジョネット
というから本当に驚きだ。

エヴァンスと
デジョネットの共演といえば
68年『モントルー・
ジャズ・フェスティヴァル』
(お城のジャケット)が
有名だけれど、
他にも録音が残っていたなんて!

これは余談だけれど、
デジョネットは
ジャズピアノも上手いので、過去には
ピアノトリオのアルバムも出していた。

本題に戻るけれど、
今回の発見がいかに大事件なのかは
以下の長い解説文を読んでほしい。

これは宣伝文だから
大げさに書いてあるのではなく
本当にその通りだと思う。

私も(当然だけれど)即買って来た。

サム・アザー・タイム:
ザ・ロスト・セッション・
フロム・ザ・ブラック・フォレスト
[日本語帯・書き下ろし解説、
英文解説全訳付] [輸入CD]
Original recording
ビル・エヴァンス
形式: CD





以下の文、少し長いけれど
じっくり読んでほしい。

このアルバムが
いかに貴重なものなのか
理解出来ると思う。

<内容紹介> Amazonより

21世紀の大事件ともいえる
発掘音源を作品化! !

ジャズ史上の名演,
グラミー受賞作
68年『モントルー・ジャズ・
フェスティヴァル』から5日後! !
ゴメス-ディジョネットと共にした
スタジオ録音@ドイツMPSスタジオ

[商品番号 : KKJ-1016]
[日本語帯・書き下ろし解説、
英文解説全訳付] [輸入CD]

Disc One:
1. You Go To My Head (4:58)
2. Very Early (5:12)
3. What Kind of Fool Am I? (5:21)**
4. I'll Remember April (4:08)**
5. My Funny Valentine (6:58)
6. Baubles, Bangles & Beads [Duo] (4:38)**
7. Turn Out The Stars (4:56)
8. It Could Happen To You (3:58)**
9. In A Sentimental Mood (4:18)
10. These Foolish Things (4:14)**
11. Some Other Time (5:28)

Disc Two:
1. You're Gonna Hear From Me (3:32)
2. Walkin' Up (4:10)
3. Baubles, Bangles & Beads (4:51)
4. It's Alright With Me [Incomplete]* (3:45)
5. What Kind Of Fool Am I? (2:51)
6. How About You? (3:59)
7. On Green Dolphin Street (4:33)
8. I Wonder Why (4:13)
9. Lover Man (Oh, Where Can You Be?) (3:49)*
10. You're Gonna Hear From Me [Alternate Take] (3:24)
1968年6月20日ドイツMPSスタジオ (*solo, **duo)

サム・アザー・タイム:ザ・ロスト・セッション・フロム・ザ・ブラック・フォレスト [日本語帯・書き下ろし解説、英文解説全訳付] [輸入CD]

★正真正銘! 超驚愕の発掘音源! !
ビル・エヴァンスの
幻のスタジオ録音が、
今、陽の目を見ます。

★しかも、メンバーは、
エディ・ゴメスに
ジャック・デジョネット
というトリオ。
つまり、ビル・エヴァンスの
数ある作品の中でも人気が高く、
グラミー賞を受賞した
( 最優秀ソロイスト賞)、
あのジャズ史上の名盤
『モントルー・ジャズ・
フェスティヴァルの
ビル・エヴァンス』と
同メンバーのトリオ。

このトリオは
活動期間が6ヵ月しかなく、
今まで、モントルーの音源が
唯一の公式録音。
それ以外でも数曲しか
聴くことができませんでしたが、
本録音は、モントルーでの
パフォーマンスの5日後の演奏を
たっぷり記録。
しかも、スタジオ録音ですから、
本当に驚きです。

★発掘者は、本Resonanceで
数々の話題盤を形にしている
ゼヴ・フェルドマン。
フェルドマン氏は
当然自らもマニアで、
歩く事典のような人物。

その彼もこの音源の情報を聴いた時は、
腰を抜かすような衝撃だったとのこと。

もちろん、世界中の関係者にとっても、
驚嘆の記録で、つまりは、
ビル・エヴァンスの歴史の一頁が
書きかえられるという類のもの
ともいえます。

★その音源は、
〜MPS のスタジオでの一日の記録〜

当時のエヴァンスは
Verve と契約があったため
発売の権利を得ることができず、
誰の目にも触れられることなく、
ひっそりと、そのままお蔵入りして
しまったわけですが、そもそも、
ビル・エヴァンスは生涯通して、
スタジオ録音自体も、
決して多くないアーティスト。

あの情熱に満ちたライヴの後に、
3人で、スタジオに入っていた、
という事実だけでも、
ジャズ・ファンの心を
くすぐってあまりあります。

★しかも、音源はたっぷり2枚。
18曲21テイクの演奏が
収録されています。

☆62年『Moonbeams』で
初演されて以来、
コンサートでは毎回のように
フィーチャーされた
エヴァンスの至高のワルツ曲
「Very Early」を始め、
晩年まで数多く演奏され、
アルバムタイトルともなった名曲
「Turn Out The Stars」
といった楽曲も収録。

☆そして・・・
1 枚目のラストには、
名盤中の名盤
『Waltz for Debby』(61年)
にも収録され数限りない
ジャズ・ファンの心をつかんだ
名曲「Some Other Time」の
至高の演奏を収録! ! ! 。

この「Some Other Time」のイントロは
もともと「Peace, Piece」のメロディを、
エヴァンスがマイルス・デイヴィスの
『Kind of Blue』に参加した時に、
「Flamenco Skeches」のイントロとして
用いたことでも知られる
ジャズ史上屈指の美イントロですが、
本作での演奏は、
『Waltz for Debby』
『Kind of Blue』の演奏と並ぶもの
と言って過言無し。

言葉をいくつ並べても表現しようのない
至高のピアノ、メロディに寄り添いながら
音空間を拡張するベース、
若き日の驚くような
ディジョネットのブラッシ・ワークの美しさ。

静謐かつ、ある種の厳かささえも漂う
この曲のスタジオ録音が聴けることは
本当に奇跡です。

☆一方、本作では、
ビル・エヴァンスにとって珍しい楽曲も演奏。
サイドメンとしての演奏を除いては
極めて稀な「I'll Remember April」や、
同じく本録音以外では
あまり聴くことができない
「These Foolish Things」を
エディ・ゴメスとの豊かな会話で披露。

一方、
2-M5の「What Kind Of Fool Am I」では、
ビル・エヴァンスとしては、
極めて珍しいユニークなエンディングも
収録されています。

☆6ヵ月という非常に短い活動を経て、
エヴァンスは、この後
マーティ・モレルをメンバーに迎えた
第2期トリオを結成。
本トリオは
ある種の過渡期にもありますが、
この作品の登場によって、
エヴァンスが、この時期、
即興的な演奏の拡張を模索し、
パッション溢れる演奏を繰り広げる
きっかけを得たことも明らかになります。

特にCD2 には、
美しく、かつ即興の
さらなる可能性を感じさせる、
トリオの面白さが際立ちます。

★ライナーに掲載された情報によれば、
1980年エヴァンスが亡くなったその年、
共同制作者、ヨアヒム・E.ベーレントも
ハンス・ゲオルグ・ブルナー=シュワーに
かけ合い、
82年のリリースを目指しながら、
実現されなかったとのこと。

★21世紀のジャズ界の事件
とも言うべき、作品の登場!

68年の劇的なドラマが、
今50年近くを経て
明らかになります! ! ! !

-------------------------------

〜今明らかになる、
68年、エヴァンス・トリオ! !〜
エヴァンス-
ゴメス-
ディジョネットは、
モントルーの5 日後に,
MPS のスタジオにいた! ! !

この3 人による2 作目の
公式作品にして唯一のスタジオ録音

〜 Resonance こだわりの復刻 〜

*豪華英文ブックレット 40頁
- 発掘人/プロデューサー、
ゼヴ・フェルドマンによる制作秘話
- エヴァンスの歴史を語る
Marc Myersの評論
- MPSの歴史を語り、
エヴァンス・トリオを語る
Friedhelm Schulzのライナー
- エディ・ゴメス及び、
ジャック・ディジョネットへの
ロング・インタビュー

*未発表写真も満載
- どこからも絵になる
ビル・エヴァンスの写真を満載
- 当時のエディ・ゴメス、
ジャック・ディジョネットの写真
- そして、
3人が揃った激レア写真も・・・! ! !

*日本仕様盤概要
- 書下ろし日本語ライナーノーツ
- 40頁のブックレットの訳を掲載
- 数々のエピソードを日本語で!

2016年4月、今、
ビル・エヴァンスの歴史の一頁が
明らかに・・・! ! ! ! !
アーティストについて

メンバー:
Bill Evans(p)
Eddie Gomez(b)
Jack DeJohnette(ds)


terusannoyume at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集