コード付け

2017年10月31日

究極のコード付け(その5)

たったひとつの音「ファ」だけを
繰り返すだけのメロディで、
一般的な曲(32小節)になるように
コード進行を付けられるのだろうか?

前回(昨日)は、
キーDmで
メロディーは「レ」を紹介したけれど、
今回は同じキーDmで
メロディーは「ファ」のみ1音だけ。

これで本当に曲になるのだろうか?

この意味わかるよね?

つまり「ファ」の音が合うコードだけで
曲(コード進行)を作っていく曲芸みたいなもの。

あ、まさに曲の芸だね。

まあ、とにかく聴いてみてね。

あわ歌を楽しく歌おう!
作品5 二短調 メロディ「ファ」






terusannoyume at 00:19|PermalinkComments(0)

2017年10月30日

究極のコード付け(その4)

たったひとつの音「レ」だけを
繰り返すだけのメロディーで、
一般的な曲(32小節)になるように
コード進行を付けられるのだろうか?

今年の6月頃に作品1〜3を紹介してね。

覚えているかな?

その時は、
キーCの第3音「ミ」、
キーCの第1音「ド」、
キーCの第5音「ソ」
それぞれメロディーは1音のみの曲だった。

今回はマイナーキーに挑戦してみた。

作品4は、
キーDmでメロディーは「レ」のみ1音。

これで曲になるのだろうか?

自分では、とても気に入っているのだけど、
どうかな?

聴いてみてね。

あわ歌を楽しく歌おう! 作品4 二短調 メロディ「レ」






terusannoyume at 00:52|PermalinkComments(0)

2017年08月11日

自分の可能性を高める

今日はコード付けの勉強をしていた。

今までにいろいろなジャンルの曲を
アレンジ(コード付け)してきた。

そうすると自分の癖というか、
好みの進行が限られてきてしまう。

そこで前回紹介した曲集を弾くと、
自分ではやったことがない進行が
出てくるので、すごく勉強になる。

「へえー、こんな方法があるのか」
と、参考になる所が多数あるので、
書き出してまとめようと思っている。

自分の枠を広げられそうで楽しい。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2017年08月10日

コード進行を極めたい人へ

同じ曲でもジャズ・ピアニスト
それぞれのコード進行がある。

自分なりの解釈でコード付けを
して、人前(CDなど)で演奏する。

ジャズは自分なりのアレンジで弾く
ということだね。

そのレベルまで行きたい人に
良い教材(お手本)を紹介しよう。

あなたも知っている
「ザ・リアルブック」シリーズには
通常の曲集とは別のものが
いろいろあって、今回の曲集は
その内の一つで特殊なものだ。

何が違うかというと、
コード進行が従来の曲集とは違う。

ジャズ・ピアニストが
自分なりのコード進行を付ける、
そのような感じでコードが書いてある。

メロディーとコードネームだけで、
押さえ方までは書いていないので
ある程度ジャズ理論をわかっている
人が手に入れると宝物になる。

The Real Book:
Enhanced Chords Edition (英語)
Plastic Comb – 2016/12
David Hazeltine (クリエイター)





The Real Book: Enhanced Chords Edition

以下の曲名は、ほんの一部です。

通常の「ザ・リアルブック」や
他の曲集にもある有名曲ばかりですが
コード進行が別のものになっています。

All the Things You Are
Alone Together
Body and Soul
Days of Wine and Roses
Falling in Love with Love
Georgia on My Mind
Have You Met Miss Jones?
If I Should Lose You
In a Sentimental Mood
Just Friends
Moonlight in Vermont
My Funny Valentine
My One and Only Love
My Romance
The Nearness of You
On Green Dolphin Street
Satin Doll
The Shadow of Your Smile
Speak Low
Star Eyes
Stella by Starlight
Summertime
Tangerine
There Is No Greater Love
There Will Never Be Another You
The Very Thought of You
What a Wonderful World
When I Fall in Love
When Sunny Gets Blue
Yesterdays

and more!

コード進行がある程度わかっていて、
さらに極めたい人向きですが、
内容を100%信じないで下さい。

「ちょっと変かな?」
というところもあります。

それを判断出来る人なら大丈夫です。

大部分は参考になると思いますので
ぜひ手に入れて
コード付けをマスターして下さい。

「なるほどね」と思うところ、
参考になる、勉強になるところも
多数あると思います。


terusannoyume at 00:34|PermalinkComments(0)

2017年07月04日

人によって違うコード進行

ジャズピアノ初心者は、
楽譜に書いてあるコード進行を
そのまま(信じて)弾くと思う。

でもジャズピアニストは、
自分なりのコード進行に変えて
スタンダード曲を弾いている。

「アレンジする」ということだね。

スタンダード曲で同じ曲を弾いている
数人の演奏を比べてみるとわかる。

あるいはコピー譜を原曲と比較して
分析することでもわかると思う。

弾く練習だけではなく、
理論の勉強も大切ということだね。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年06月07日

究極のコード付け(3)

前々回は<キーC>の第3音「ミ」、
前回は<キーC>の第1音「ド」だったが、
今回はメロディ音を
<キーC>の第5音「ソ」に変えている。

     ☆

たったひとつの音「ソ」だけを
繰り返すだけのメロディで、
一般的な曲(32小節)になるような
コード進行を付けられるのだろうか?

あなたも挑戦してみよう!

<課題>
キーC(ハ長調)でメロディ「ソ」のみ。
32小節の曲としてコード進行を付けよう。

<形式>は

A(8)−A(8)−B(8)−A(8)=32小節

でもいいけれど、

メロディが1音しかないので
コード進行で変化を付けるために、

A(8)−A(8)−B(8)−C(8)
または
A(8)−B(8)−A(8)−C(8)

などがいいと思う。

<コード>は「ソ」が合うものしか使えない。

この制約は(初心者には)かなり難しい。
出来なくて当然なので安心してほしい。

しかし、
将来は出来るように、この3曲を目標に
今から勉強を始めよう。

コード進行を自由に扱えると、
どんな曲でも自分なりのアレンジで
弾けるので楽しい人生が訪れるんだ。

あなたのオリジナル曲も、
さらに良い曲に変化する。

生徒が作った曲を私が弾くと、
ものすごく良い曲に変化して、
「わあ、いい曲!」と思わず生徒本人が
叫んでしまうことは、よくあることだ。

例えは適切でないかもしれないが、
素顔に化粧をすると、ものすごい美人になる。

生徒が付けたコード進行(素顔)を、
先生が付け替える(化粧する)と、
ものすごく良い曲(美人)になるんだ。

この例え話で伝わったかな???

その究極の実例が
今回3回に分けて紹介した3曲だ。

だってね、メロディが1音だけの曲なんて、
過去に聞いたことがないでしょう?(絶対に)

そんな<最悪の条件>でも、
コード進行を上手く付けると、
何とか曲に聴こえるよね?

説明が長くなったけれど、
とにかく実際に聴いてみよう。

たった1音しかなくても、
「ここまで出来るんだ!」という、
極端な実例を…。

アワ歌を楽しく歌おう!
作品3 ハ長調 メロディ「ソ」





☆今回のシリーズ3部作のピアノ伴奏は、
この動画を編集した本人に弾いてもらっている。

アワ歌はヒーリング的な効果もあるので、
<自我が強過ぎるテルさん>よりも、
女性の優しいタッチの方がいいと思ったからだ。

☆アワ歌(あわのうた)は、
「ホツマツタエ」の中で紹介されている。

「ホツマツタエ」とは、
「古事記」や「日本書紀」の大元の文献
ということだ。

動画の画面に出て来る不思議な文字は
「ヲシテ文字」という。

これらのことについては長くなるので、
後日、関連書紹介と共に説明する予定。

この歌を毎日何回も歌うことによって
健康面や能力面などがアップする実例は、
多数報告されていて、それについても
近い内に紹介しようと思っている。

お楽しみに!


terusannoyume at 04:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年06月06日

究極のコード付け(2)

今回も前回と同じ企画だけれど、
メロディ音を「ミ」から「ド」に変えた。

     ☆

たったひとつの音「ド」を
繰り返すだけのメロディで、
一般的な曲(32小節)になるような
コード進行を付けられるのだろうか?

あなたも挑戦してみよう!

<課題>
キーC(ハ長調)でメロディ「ド」のみ。
32小節の曲としてコード進行を付けよう。

「ド」が合うコードしか使えないから、
この制約がすごく難しい。
でも楽しいゲームみたいなんだ。

当然だけれど前回の「ミ」とは、
まったく別のコード進行になる。

コードのサウンドとコード進行を
上手く使いこなせないと、
(単純過ぎて)まともな曲にならないから
とても勉強になる。

では、ひとつの実例を聴いてみよう。

アワ歌を楽しく歌おう!
作品2 ハ長調 メロディ「ド」





☆これは、あくまでも1つの例であって、
あなたは自分のコード進行を考えよう!

☆スマホやノートパソコンのスピーカーで
ピアノ伴奏が聴き難かったら、
ヘッドホーンを使えばよく聴こえるよ。

☆アワ歌(あわのうた)については、
後日説明するつもりだ。
この歌を毎日何回も歌うことによって
各自に何か変化が起きる。

健康面や能力面などがアップする、
不思議なパワーを持った歌なんだ。


terusannoyume at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月05日

究極のコード付け(1)

たったひとつの音「ミ」を
繰り返すだけのメロディに
コード進行を付けられるのだろうか?

一般的な32小節の曲に仕上げること。

あなたも挑戦してみよう!

<課題>
キーC(ハ長調)でメロディ「ミ」のみ。
32小節の曲としてコード進行を付けよう。

当然だけれど
「ミ」が合うコードしか使えないよ。

制約があるから難しい。

でも楽しいゲームみたいなんだ。

コードのサウンドとコード進行を
上手く使いこなせないと、
まともな曲にならないからとても勉強になる。

では、1つの実例を聴いてみよう。

アワ歌を楽しく歌おう!
作品1 ハ長調 メロディ「ミ」





☆これは、あくまでも1つの例であって、
あなたは自分のコード進行を考えよう!

☆スマホやノートパソコンのスピーカーで
ピアノ伴奏が聴き難かったら、
ヘッドホーンを使うとよく聴こえるよ。


terusannoyume at 23:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年03月04日

「ひな祭り」ジャズ秘伝(2)

中級〜上級者のためのジャズ理論講座

「うれしいひなまつり」の
ジャズ・コード付け秘伝!

今回は、
第2回目を、こっそり伝えましょう。

|あか|りを|つけ|ましょ|
|ぼん|ぼり|に〜|〜〜|

このアレンジは
原曲の8分音符を
4倍の2分音符にして
ここまでを8小節にしています。

このメロディーに対して
コード進行は次のようになっています。

<1〜8>
|Cm|D♭7|
|Cm|Dm7(♭5)|
|E♭M7 Edim7|
|Fm7 A♭(ベースF♯)|
|G7(4)|G7|

<1〜2>
イントロと同じコード進行です。
いいえ、正確に言うと逆ですね。
テーマ(頭の2小節)を先に付けて、
それを利用してイントロを作った。
よくやる手ですね。

<3〜8>
ベースの流れを見て下さい。
|ド〜|レ〜|
|♭ミ、ミ(ナチュラル)|
|ファ、♯ファ|ソ〜|〜〜|

3〜4は、1小節に1つのコード。

5〜6は、1小節に2つのコード。
(少し盛り上げている)

7〜8は、2小節で1つのコード。
しかし
「sus4」で変化を付けていますが…。

<コード付け>とは、
いろいろなことを考えているのですが
メロディーに対して、
どのようなベースラインを作るか、
ということなのですね。

以上を参考に前回のミクさんの歌を
何回か聴いてじっくり研究して下さい。

(つづく)


terusannoyume at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月27日

リハーモナイズを学ぼう

童謡など単純な曲をカッコよく弾こうと思ったら
コード進行を<付け替える>必要がある。
いや<付け加える>と言った方がいいかな?

ジャズの曲でもバラードで弾こうと思ったら
細かくコード進行を付け加える。

このような作業を<リハーモナイズ>と言うんだ。

これをマスターすると
いろいろな曲を自由にカッコよく弾けるので、
人生が楽しくなって、
あなたは<幸せ>になれる。

私が弾いている「ゆうやけこやけ」などを聴いた人は
このことを理解出来るよね。

しかし今までは<リハーモナイズ>を学ぼうとしても
良い教則本がなかったんだよね。

ところが(「遂に!」と言うか)、
今回とても詳しく書いてくれている教則本が出た。

「リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術」
作曲&編曲に役立つ音楽理論を実践形式でマスター
(CD付き) [単行本(ソフトカバー)]
杉山 泰 (著)

以下の内容をじっくり読んでみよう。

<内容紹介> amazonより

“リハーモナイズ”は作曲やアレンジのマスト・テクニック!

リハーモナイズとは、簡単に言えば
コードを置き換えるテクニックの総称です。

例えば、童謡をジャズ風にアレンジするときは、
“ジャズの響き”を持つコードに置き変えることが
必要になります。

そこで活躍するのがリハーモナイズです。

アレンジはもちろんのこと、
作曲においても不可欠なアプローチと言えるでしょう。

本書では
トラッドの名曲「The Water Is Wide」を、
8つのジャンルにふさわしいコード進行に作り変えていき、
その工程をできるだけ詳しく丁寧に解説しています。

セカンダリー・ドミナント、
ツーファイブ、
リレイテッドIIm7、
♭II7、
オルタード・テンション、
サブドミナント・マイナー、
分数コード、
平行調、
4thボイシングなどなど、
音楽理論書でおなじみの単語が
“使える技”として繰り出されていきます。

理論書に挫折した方も
この機会にぜひ、もう一度、
コード理論に挑戦してみてはいかがでしょうか?

【CONTENTS】

■INTRODUCTION リハーモナイズの基礎

≪リハーモナイズとは?≫
◎ハーモニーの再構築
◎リハーモナイズの工程
◎楽曲全体の調和を大切にしよう

≪コード進行の基礎知識≫
◎楽曲のストーリーを形成する要素を覚えておこう
◎コードの種類

≪ベーシック譜~「The Water Is Wide」≫

≪「ベーシック譜」の概要≫
◎トラッドの名曲をリハーモナイズ元曲に採用
◎主要3和音でコード付け

≪「ベーシック譜」のコード解説≫
◎選択肢が多いときは“フィーリング”で
◎トニックの終止感をどこで使うかが重要

≪本書の活用方法≫
◎譜例と付属CDについて
◎思いついたことはすぐに試そう!

■PART 1 ジャズ
■PART 2 ボサノバ
■PART 3 ロック
■PART 4 R&B
■PART 5 ファンク
■PART 6 フォーク
■PART 7 Jポップ1
■PART 8 Jポップ2

リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術 作曲&編曲に役立つ音楽理論を実践形式でマスター (CD付き)





内容(「BOOK」データベースより)

一つのメロディを8ジャンルのコード進行でアレンジ。

           ☆

とても詳しく、しかも分かりやすく
リハーモナイズの課程が書いてあるので
これは(ものすごく)勉強になるぞ。

「みんなで<幸せ>になろう!」

terusannoyume at 09:54|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集