「坂道のアポロン」番外編

2012年11月12日

「坂道のアポロン」番外編

大人気の青春ジャズ・コミック
「坂道のアポロン」番外編が出ました。

なかなか良い内容ですよ。

本編(全9巻)を読んでいるファンなら
とても楽しめます。

「へえ〜、あの時、そうだったんだ…」
という感じですね。
ファンなら、ぜひ読んでみてね。

「坂道のアポロン」BONUS TRACK
(フラワーコミックス)
小玉 ユキ (著)





坂道のアポロン BONUS TRACK (フラワーコミックス)

<内容紹介> Amazonより

真の最終話がここに!
感動の番外編集!!

本当のラストエピソード、
薫と千太郎、
そして律子のその後は…?
本編では語られなかった秘めた想い、
地下室の楽器にまつわる切ない記憶、
など、アポロンの深みを増す、
番外編5編+かきおろしを収録!

【編集担当からのおすすめ情報】

ほっとしたり、
切なくなったり、
涙が出たり。
それぞれの人生を鮮やかに切り取る、
番外編短篇集です。
描き下ろしも必見!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちら(以下)は、CD付き。
坂道のアポロン BONUS TRACK サントラCD付 特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

<内容紹介> Amazonより

本編に出てきたジャズ曲をダイジェストで!

作品内に出てきたジャズが試聴できる
CD付きのプラスアンコミックス。

CDは、既に発売中の
「アニメ坂道のアポロン」
のサウンドトラックを再構成、
11曲の聴き所メドレーで、
本編と照らし合わせながら楽しめます。

菅野ようこ監修曲を収録。

ジャズ曲を確かめながら、
アポロンを読むと、新たな感動が!!

【編集担当からのおすすめ情報】

ラストエピソードを含む珠玉の番外編集に、
ダイジェストCDが付きました!
これが、あの曲だったんだ、と
CMなどで知っている曲があったり、
場面と共に感動と音楽が蘇ってきます。

菅野ようこさんの、きらめく音と共に、
ぜひもう一度アポロンを味わってください!


terusannoyume at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集