コード進行の勉強

2020年04月19日

ビル・エヴァンス映画

ビル・エヴァンスのドキュメンタリー映画。

あなたはすでに観たでしょうか?

生前の共演者や関係のあったミュージシャン、
知人などの証言とエヴァンス本人の話と演奏
などで構成されたドキュメンタリー映画です。

貴重な写真、映像、多くの証言などで
エヴァンスの真実の姿に迫る興味深い内容。

Time Remembered:
Life & Music of Bill Evans [DVD]
Tony Bennett (出演) 形式: DVD





現代のジャズ・ピアノを学ぼうと思ったら、
ビル・エヴァンス研究は必修ではないかな。

ジャズ・ピアノを学び始めた頃からそう思い、
エヴァンスのレコードを聴き、関係書を読み、
コピー譜を分析し、ビデオなどの映像も観て、
かなり影響を受けたのではないかと思います。

いや、決して私だけでなく
現代のほとんどのジャズ・ピアニスト達も
エヴァンスの影響を受けているのでは?

Time Remembered: Life & Music of Bill Evans [DVD]

DVDは輸入盤で当然「英語」ですが、
字幕設定すれば日本語字幕になります。


terusannoyume at 01:25|PermalinkComments(0)

2020年04月01日

「東京都歌」コード付け

今回は
「東京都歌」のコード付けを
聴いてみて下さい。

私は東京生まれ東京育ちですが、
「東京都歌」はまったく知りませんでした。

多分ほとんどの人も知らないでしょう。

「京都府の歌」と「京都市歌」は
すでに聴いてもらったので、
「東京都歌」もやらない訳にはいきません。

ぜひ聴いて楽しんで下さい。






terusannoyume at 06:31|PermalinkComments(0)

2020年03月29日

「七つの子」コード付け

前回は
「ゆうやけこやけ」のコード付けを
聴いてもらったけれど、
今回は
「七つの子」を聴いてもらおう。

「ゆうやけこやけ」と同じように
「七つの子」も原曲とは
かなり違うコード進行を付けたので
楽しめると思う。

童謡や唱歌は普通に弾くなら
主要3和音
(トニック、サブドミ、ドミナント)
で弾けてしまう。

しかし、
それではジャズにならないよね。

そこで自分なりのコード進行を
理論に従って付けなければいけない。

「七つの子」の1〜2小節を例にして説明しよう。

♪|かーらあすー|なぜなくのー|

「キーG」で
|シーラソラー|シソミソレー|

普通にコード進行を付ければ

|G D7|G D7|

これで済んでしまう。

しかし、これでは「バイエル」程度で
ジャズにはならない。

そこで私が考えたコード進行は、

|C♯m7(♭5) C7|
|Bm7 B♭7 Am7 A♭7|

これでピッタリ合うはずだ。
(ジャズのコードを使ってね)





ノート・パソコンのスピーカーだと
低音部がよく聴けないので、
「ヘッドホン」または「イヤホン」で
この後もじっくり聴いてみて下さい。
かなり楽しめると思いますよ。


terusannoyume at 20:11|PermalinkComments(0)

2020年03月26日

「夕焼け小焼け」コード付け

今回は
「ゆうやけこやけ」のコード付けを
聴いてもらおう。

最近聴いてもらった
「京都府の歌」と「京都市歌」は、
ほとんどの人が原曲を知らないので
どこがどのように変わったのか、
よくわからなかったと思う。
(かなり変えているんだけどね)
その違いがわからないと面白くないよね。

しかし「ゆうやけこやけ」なら
誰でも知っていると思うので、
「こんなコード進行が付くのか!」
と楽しめるはずだ。

ぜひ聴いて楽しんで下さい。

「ゆうやけこやけ」
(ジャズ・コード進行付け)






terusannoyume at 22:48|PermalinkComments(1)

2020年03月18日

「京都市歌」コード付け

前回は「京都府の歌」(コード付け)を
聞いてもらいましたが、
今回は「京都市歌」のコード付け例です。

コードの勉強とは関係なく普通に聞いて
子供からお年寄りまで楽しめると思うので
家族で楽しんで下さい。

コード付け学習者も充分に楽しめますよ。
「キーC」ですが、
途中からかなり細かいコード付けで、
特に後半は
「え!何のキーに行ってるの?」
という感じです。

最後の最後ぎりぎり2小節で
「キーC」に戻って来ます。

いつものように
原曲とはまったく別のコード付けですが
原曲を知らなくても楽しめると思うので
ぜひ聴いて下さい。

「京都市歌」







terusannoyume at 05:56|PermalinkComments(0)

2020年03月17日

「京都府の歌」コード付け

元気ですか?
世の中暗いニュースが多いですね。

「それで…」
という訳でもありませんが、
ちょっと楽しくなるように、
遊んで(勉強して)みました。

いつものように
原曲とはまったく別のコード付けです。
聴いて下さい。
楽しくなりますよ。

「京都府の歌」





コード付けの勉強や課題は何でもいいのです。
どんどんやりましょう。


terusannoyume at 23:49|PermalinkComments(0)

2020年01月20日

「男の子女の子」ジャズ(その6)

今回は、[ B ] 9(サビ)のコード進行を学ぼう。

この曲「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースだったよね。
[ A1 ] 12
[ A2 ] 12
[ B ] 9
[ A3 ] 12

すでに[ A1 ] 12、[ A2 ] 12のコード進行は学んだ。
[ A3 ] 12は、
[ A1 ] 12のコード進行と同じにすればいいので、
あとは[ B ] 9を学べば
この曲を演奏出来ることになる。

       ☆

原曲のコード進行を<キーB♭>で書くと〜

| E♭ | E♭7 | B♭ | B♭ |

| D7 | Gm7 | C7 | F7 | F7 (sus4) |

次に私が付け替えたコード進行。

| E♭|E♭m7 | Dm7 Dm7/C | Bm7(♭5) B♭7 |

| Am7(♭5) D7 | Gm7 Gm7/F | Em7(♭5) E♭m6 |

| Dm Dm(M7) Dm7/G G7 | Cm7 F7 |

コード進行は気分で勝手に付けているのではなく、
すべてのコードにちゃんとした理由がある。

2小節目「E♭m7」は、
本来ならサブドミナント・マイナー
「E♭m6」が来るところだが
メロディーに「♭レ」があるので
このようになった。

原曲3〜4小節目はトニック(B♭)だが、
トニックは [ A3 ] の頭で出したいので、
ここは代理を利用したコード進行にした。
沢山の曲を分析すると、
この意味がわかると思う。

7小節目のメロディーは、
「ド」が8分音符で7つもあり、
コード「C7」ではベースも「ド」。
それでベース音を変えた。
この場合、原曲のコードを
まったく無視しているのではない。
「C7」と「Em7(♭5)」は
同じコード。ベースが違うだけ。

8小節目のメロディーは
「ファ」が4分音符で4つ。
コードも「F7」のみ。
これでも決して悪くはない。
しかし私は一つの声部だけは変化させようと思い
「クリシェ」を使った。
実際の押さえ方は次回説明する。

コードネームだけでは伝わらない場合がある。

例えば9小節目の「Cm7」。

「そんなの知ってるよ」
「ド、♭ミ、ソ、♭シでしょ!」
と答える人達のために〜。

ここは左手でベース音「ド」を弾いて、
右手は「ソ、♭シ、レ、ファ」を弾く。

「え〜、何で〜?」

次回説明する。

      ☆

簡単に主要部分を説明したけれど、
もちろんすべてのコードについて
説明出来るし理由がある。
コード進行はフィーリングで付けるのではない。

ベースライン(横の流れ)と
なるべくメロディーと重複しないコードを選ぶ。

いや、これだけではない。
これでは誤解を与えるかもしれない。
まだまだいろいろな約束事がある。

和声学を学んだ人なら理解出来ると思うけれど、
どんなに細かいコードを付けても、
すべて説明出来る。
一定のルールの中で
各自が自由に付けるゲームみたいなもので、
結果は一人ずつ違ってくるから面白い。

(続く)


terusannoyume at 07:10|PermalinkComments(0)

2020年01月08日

「男の子女の子」ジャズ(その5)

今回は全員に関係ある大事な話なので
しっかり読んで勉強しよう。

ジャズのセッションでは
必ず「F」のブルースを演奏するよね。

「F」ブルースはセッションに行かない人でも
ジャズを学ぶすべての楽器の人の必修科目だ。

そこで質問。
例えば「Now's The Time」は
代表的な「F」のブルースだけれど、
楽譜を見ると5〜8小節目に
|B♭7|B dim7|F7 | D7 |〜
と書いてある。

この「F7」をピアノで右手コード、
左手でベース音を弾く時に
ベース音は何の音を弾く?

「そんなの簡単だよ」
「F7だから当然<ファ>だよね」
と思った人は<間違い!>。

では何の音を弾く?
その理由は?
ジャズ理論で何と言う?
つまり理論書のどの項目に書いてある?

ジャズ理論を理解している人なら
上記の質問は即座に答えられるよね。

わからない人は今回じっくり学ぼう。
ブルースは初心者から上級者まで
すべての楽器の人の必修定番曲だからね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは前回の続きです。
話は「キーB♭」のブルースに戻ります。

前回学んだのは5〜6小節目、
サブドミナントの領域。
「E♭7」2小節でもいいけれど、
6小節目に「E dim7」を入れて、
その理由を説明しました。

さて、ここからです。

次の小節(7小節目)は
トニックに戻りますので、
コードは「B♭」または
ブルースですので「B♭7」。

ここが問題のところです。
ここでベース音は「♭シ」ではなく、
「ファ」を弾きます。
「B♭7」の第5音です。

「なぜ?」

ここで「ファ」を弾かないで
「♭シ」を弾いてしまったら
前の小節「B dim7」の行き場所(解決先)が
なくなってしまうのです。

逆から言えば
「E♭7」(5小節目)と
「B♭7(Bass F)」(7小節目)のベース音、
「♭ミ」(5)と「ファ」(7)の全音の間に
「ミ」(6小節目)を入れて
半音階で経過的に連結するのです。

これを経過的な減7の和音、
パッシング・ディミニッシュというのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

理解出来ましたか?
これを「F」ブルースに置き換えてみましょう。

(1〜8小節)
|F7|B♭7|F7|F7|
|B♭7|B dim7|F7 | D7 |〜

5小節目から8小節目までの
ベース音の基本ラインが
「♭シ→♮シ(ナチュラル)→ド→レ」
のようになります。

市販の「Fブルース」の楽譜で
「F7(Bass C)」と
書いてない場合が多いので、
ここはしっかり覚えておいて下さいね。

(続く)


terusannoyume at 10:28|PermalinkComments(0)

2020年01月06日

「男の子女の子」ジャズ(その4)

前回はブルースのコード進行を書き出して、
解説を始めたところで終わってしまいました。

今回は、その続きから始めます。

|B♭|E♭7|B♭|Fm7/B♭ B♭7|

|E♭|E dim7|B♭/F Dm7(♭5)/A♭|G7|

|Cm7 Dm7 |E♭M7 F7|

「1|B♭ G7|Cm7 F7|[A2] へ戻る。
「2|B♭ E♭|B♭ B♭7|[B] へ進む。

4小節目にある「Fm7/B♭」は
「Fm7(Bass B♭)」でしたね。
このコードは「B♭7(sus4)(9)」ですが、
こう書くと難しくなるので「Fm7/B♭」と
書いています。
どちらもコードの構成音はまったく同じです。

「♭シ、♭ミ、ファ、♭ラ、ド」
最初の4つの音が「B♭7(sus4)」で
「ド」が「9th」。

逆に最初の1音「♭シ」を左手でベース音として弾き、
残りの4音を右手で弾けば「Fm7」(第3転回型)ですね。

なお、この小節のメロディーは1拍目「ファ」、
2拍目は休符です。
もしコード・ネームが「B♭7」しか書いてなくても、
この様な状況の時は自動的に「Fm7/B♭」を弾きます。
内声を動かすためです。
今回は念のため書いておきました。

      ☆

次に進みます。
5〜6小節目はサブドミナントの領域。
「E♭7」2小節でもいいのですが、
6小節目に「E dim7」を入れました。

この小節のメロディーは「ド」です。

原曲のコードは「F」ですので
「ド」は第5音でコード・トーン。
サブドミナントの領域に、
意図的にドミナントを使い、
ブルース色をなくして
ポップス色を出したのかもしれません。

今回は逆にジャズのブルース色を強調するので
「E dim7」を使うことにより
「ド」がテンションになりジャズっぽくなるのです。

コードの押さえ方は、
左手(低音)で「ミ」を弾き、
右手は中央の「ド」から
オクターブ上の「ド」を小指で弾き、
そこから4度下の「ソ」、
さらに短3度下の「ミ」、
さらにその下にある「♭レ」

なお6小節目で「♯ dim7」が使われる例は
「Now's The Time」、「Au Privave」、
その他のブルースでも多数ありますし、
テーマに出て来なくても、
アドリブ・コーラスを繰り返す間のどこかで
使うのは常套手段ですね。

(続く)


terusannoyume at 17:37|PermalinkComments(0)

2020年01月05日

「男の子女の子」ジャズ(その3)

今回はジャズのブルース・コード進行を
「男の子女の子」のメロディーに
当てはめていきます。

「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースでしたね。

[A1] 12
[A2] 12
[B] 9
[A3] 12

今回は [A2](12)のコード進行から説明します。
[A1](12)は前回説明したように
ソロ・ピアノ用なので後日説明予定です。

普通にバンドで演奏する場合、
今回のコード進行で充分です。

それでは始めましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず市販されている原曲の楽譜は
「キーG」で書いてありますが、
比較しやすいように「キーB♭」で書きますね。

<原曲>キーB♭に移調

|B♭ Gm|B♭|B♭ Gm|B♭|
|E♭|F|Dm|Gm B♭7|
|E♭|Cm7 F7|
「1|B♭ Gm|E♭ F7|
「2|B♭|B♭7|

「1は [A1](12)の時です。
[A2](12)先頭のコード「B♭」に帰ります。

「2は [A2](12)の時です。
[B](9)先頭のコード「E♭」に行きます。

あなたは初めてこのコード進行を見たとして、
「これはブルースだ」と見抜けたでしょうか?

1小節目と3小節目の「Gm」が余計なコードですね。
この小節はメロディーが8分音符で
「レ、ファ、レ、ファ、ソ、♭シ、ソ、レ」で、
3〜4拍目が「ソ、♭シ、ソ、レ」なので
「Gm」を付けてしまったのでしょうが、
「ソ」の音を「B♭」の「6th」と解釈すれば
「B♭」が4小節ですっきりします。

|B♭|B♭|B♭|B♭|
|E♭|〜

これだと「トニックが4小節!」
「5小節目に「E♭」(検瓮汽屐Ε疋漾砲ある」
「ひょっとして、これってブルース?」と
気が付きましたかね?
いやいや気が付かないでしょう。
まさかこの曲がジャズのブルースなんて。

いよいよここで私が付けたコード進行を書きます。

|B♭|E♭7|B♭|Fm7/B♭ B♭7|

|E♭|E dim7|B♭/F Dm7(♭5)/A♭|G7 |

|Cm7 Dm7 | E♭M7 F7 |

「1|B♭ G7|Cm7 F7|[A2]へ戻る。
「2|B♭ E♭|B♭ B♭7|[B]へ進む。

この進行でメロディーにピッタリ合います。
あなたはすでに音を聴いていますよね。

[A2]と[A3](最初の[A1]以外)は、
このコード進行だったのです。

ここでコード表記の注意です。

「B♭/F」は「 B♭(Bass F)」
コードは「B♭」でベース音は「F音(ファ」
ということです。

「Dm7(♭5)/A♭」は「Dm7(♭5)(BassA♭)」
4小節目「Fm7/B♭」は「Fm7(Bass B♭)」
これらも同じです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは解説を始めましょう。

「B♭」と書いてあるコードは、
前記のように「B♭6」です。
「6」と書いてなくてもジャズではそうなります。

ここではそんなことを知らなくても、
「B♭」の3和音を弾いて、
メロディーを「ソ、♭シ、ソ、レ」と弾けば
自然に「B♭6」になってしまいます。

2小節目「E♭7」
ジャズ以外のブルースはトニックのままですが、
ジャズでは「牽掘E♭7」になります。
形式のところで説明しましたね。

この小節のメロディーは
1拍目の「F音=ファ」のみですが、
コードが「B♭」ですと
F音はコード・トーン(第5音)。

「E♭7」ならF音は「9th」になるので
よりジャズっぽくなります。

そして2〜4拍目はメロディーがないので、
「D♭音」を強調した単純なフレーズを弾きます。
(B♭のブルース・スケールなど)
「D♭音」は「E♭7」から見たら「♭7」ですが、
キーB♭から見たら「♭3」でブルー・ノート。

単純なフレーズでいいので必ず弾いて下さい。
そうすることによって、
たった2小節しか弾いていなくても、
ジャズのブルースを聴く人に予感させるのです。

あなたに聴いてもらった音源も
そう弾いていたでしょう?
覚えていなかったら再度確認して下さい。

「ここは必ずD♭音を弾いてね」と
私が指定していたのです。

(続く)


terusannoyume at 07:28|PermalinkComments(0)

2020年01月04日

「男の子女の子」ジャズ(その2)

例のコード付け(ピアノ演奏)を聴いて
あなたは気が付いたでしょうか?

[A1](12)と [A2](12)では、
別のコード進行が付いていることを…。

普通の場合、
[A1] と[A2] はメロディーが同じなので
コード進行も(ほぼ)同じです。
「ほぼ」と書いたのは
それぞれの最後の1〜2小節が違います。

[A1](12)の11〜12小節は、
[A2](12)に帰るためのコード進行。

[A2](12)の11〜12小節は、
[B](9)に行くための進行になるからです。

ですが、それ以外はメロディーが同じなので
当然コード進行も同じなのです。

では、なぜ今回は変えたのか?

その理由は〜

今回の演奏はソロ・ピアノですが、
ピアノ・トリオや管楽器がいるバンドで
演奏する場合、アレンジの一つの方法として
次のような想定をしているのです。

[A1] をソロ・ピアノで自由に弾いて、
11小節目あたりからテンポを出して、
[A2] からドラム、ベースが入って来る。
または管楽器がメロディーを吹き始める。

そんな設定になっているのです。

ソロ・ピアノなら細かいコード付けも出来ますからね。
私はピアノ・トリオでずっと活動していましたから、
この方法をよく取り入れていました。

コード進行の違いに気が付かなかった人は
ぜひもう1度 [A1] と [A2] を注意して聴いて下さい。

1〜7小節目までが
別のコード進行になっています。

どちらもメロディーにピッタリ合っていて、
自然に聴こえるはずです。
コード付けの面白さは同じメロディーでも
いろいろなコード進行が付けられることです。

同じ曲でもジャズ・ピアニストによって
コード付けが違うことはジャズ・ファンなら
すでに体験していることでしょう。

それもジャズの楽しみ方の一つですからね。

一般の人が音楽を聞く場合、
歌なら歌詞、演奏ならメロディーを中心に
聞きますよね?

ベース・ラインやコードまで聞かないでしょう?

しかしコード付けを出来るようになりたい人、
演奏能力を高めたい人は、音楽を聞く時に
コード進行(ということはベース・ライン)や
コードの響き(縦の積み重ね方)まで聴く訓練を
しなくてはいけません。

(続く)


terusannoyume at 07:25|PermalinkComments(0)

2020年01月03日

「男の子女の子」ジャズ(その1)

「男の子女の子」(郷ひろみデビュー曲)は
<ジャズのブルース進行がピッタリ当てはまる>
という話を前回しました。

そして実例のピアノ演奏も聴いてもらいましたよね。

ジャズのブルース進行が
あまりにもピッタリ合っているので
あなたは思わずニヤリとしたことでしょう。

         ☆

さて「ジャズの〜」という前提が重要なので、
今回はそこから説明します。

ブルースのコード進行と言っても、
ジャズとその他のジャンル(ロックなど)では
同じ12小節でも少しコード進行が違うのです。

今回のピアノ演奏は「キーB♭」ですので
「B♭のブルース」を例にして説明します。

まず、ジャズ以外のジャンルでは、
以下のようなコード進行が典型です。

|B♭7|B♭7|B♭7|B♭7|
|E♭7|E♭7|B♭7|B♭7|
|F7|E♭7|B♭7|B♭7|

コードが3種類しか出て来ません。
トニック、サブドミナント、ドミナント。

これ(上記の例)に対して、
ジャズの進行は以下が典型です。

|B♭7|E♭7|B♭7|B♭7|
|E♭7|E♭7|B♭7|G7|
|Cm7|F7|B♭7|B♭7|

両者の違いを見て下さい。

まず大きな違いは
9〜10小節目です。

ジャズ以外のブルースでは〜
|F7|E♭7|

ジャズでは〜
|Cm7|F7|

次に最初の4小節。

ジャズ以外のジャンルでは、
トニックが4小節続きます。
|B♭7|B♭7|B♭7|B♭7|

それに対してジャズでは
2小節目にサブドミナントが入って
3小節目でトニックに帰ります。
|B♭7|E♭7|B♭7|B♭7|

次に7〜8小節目。
ジャズ以外のジャンルは〜
|B♭7|B♭7|
トニック2小節。

ジャズでは8小節目に「G7」が入ります。
9小節目の「Cm7」へ行くための一時的ドミナント。

以上、簡単に説明すると、
このような違いがあるのですね。

今回は、このジャズの進行(原型)を元に
「男の子女の子」のメロディー1音1音を
確認しながらコード進行をさらに発展していきます。

実例を何度か聴いて耳コピしておいて下さい。

次回をお楽しみに。


terusannoyume at 02:03|PermalinkComments(0)

2020年01月02日

「男の子女の子」はブルースだった!

郷ひろみのデビュー曲「男の子女の子」は
完全なジャズのブルース進行だったという話をします。

もちろん原曲のコード進行は
ジャズのブルース進行ではありません。
しかし
ジャズのブルース進行がピッタリ当てはまるのです。

「男の子女の子」の形式は
サビ付きのブルースです。

[A1] 12
[A2] 12
[B]  9
[A3] 12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[A] 12小節のところがブルースのコード進行で
[B] は別の進行になっています。

ジャズのスタンダード曲「black coffee」も
同じ形式ですね。([B] は8小節ですが…)

それではここで私の付けたコード進行を聴いて下さい。
中級者以上の人なら聴けば分かるはずです。
ジャズの典型的なブルース進行が、
あまりにもピッタリ当てはまっていて、
思わずニヤリとして自分でも弾きたくなるでしょう。
(いつものようにピアノ演奏はnorikoさんです)

郷ひろみヒット曲ピアノ演奏シリーズ
「男の子女の子」





次回から数回に分けて
私の付けたコード進行を公開しますので、
あなたのレパートリーに加えて、
ぜひライブで発表して下さい。

きっと(いや絶対に)盛り上がりますよ!

参考として原曲も聴いておいて下さい。

郷ひろみ 男の子女の子





懐かしいですね。
本当に美少年でしたね。
いや、男の子なの?女の子?という感じでした。

(次回に続く)


terusannoyume at 00:58|PermalinkComments(0)

2019年12月30日

アレンジの楽しみ方

今回はアレンジの面白さ、楽しさを
体験してもらいましょう。

ずっと続いているこのシリーズですが
今回は「フォーリーブス」の「ふたりの問題」
を弾きたいと言って来たので、いつものように
私(テル先生)がコード付けをして、
ピアノは「Noriko」さんが弾いています。

フォーリーブス曲 ピアノ演奏シリーズ
「ふたりの問題」





アレンジの楽しみ方は
「原曲」と「アレンジ曲」の
両方を聴いて違いを楽しむのです。
今回は最初に楽譜を見た時に、
イントロと間奏がクラシックの様な感じでしたので
全体もクラシック風にしてみました。
(いや、そうなってしまった?)

次が原曲です。

ふたりの問題 - フォーリーブス




ふたりの問題 (1975年2月1日)

原曲もいい曲ですね。
両方聴いて楽しんで下さい。
そしてどんな曲でも
自分が好きなようにアレンジ出来るように
勉強を続けて下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フォーリーブスのピアノ演奏シリーズは
今回が1曲目なので来年はもっと続くらしいです。
今までに西城秀樹15曲、郷ひろみ9曲など、
「Noriko」さんが弾きたい曲を
ピアノ演奏、動画編集、ホームページ作成など、
(コード付け以外)すべて一人でやっています。
いつも間近で見ていて「すごいなあ」、
「私(テル)もやらなくちゃな」と思っているので
来年は何か形にしたいですね。
がんばります!


terusannoyume at 08:15|PermalinkComments(0)

2019年03月07日

コード進行分析記号

前4回(2/28、3/1、3/2、3/4)で
コード進行のとても良い教材を紹介した。

まだ解説することが残っているので
さらに詳しく説明を続けよう。

きっと勉強になる話なので読んでね。

<各巻共通の特長>として、
次のような内容の項目を書いたよね。

☆コード・ネームだけでなく、
コード進行を分析する時に必要な
理論的分析記号もある。
ジャズ理論書に出て来る
矢印やカギカッコ。
ドミナント代理コードからは点線の矢印。
それから度数の記号。
ドミナントは「坑掘廚覆鼻

これぐらいのことを書いたけれど、
この説明には、さらに詳しい続きがある。

キーCで本来のドミナント「G7」は
「坑掘廚派修后
では、セカンダリー・ドミナントは?

例えばキーCで「A7」=「今掘廖
これは「坑/供廚判颪い討△襦
読み方は逆から読んで、
「次の小節の2度(Dm7またはD7)
に解決するドミナントです」と読む。

同じようにキーCで「B7」=「撮掘廖
これは「坑/掘廚判颪い討△襦
読み方は上例と同じで逆から読んで、
「次の小節の3度(Em7またはE7)
に解決するドミナントです」と読む。

それでは、これは「sub坑/后廖

「sub」というと「subdominant」の
略かと思ってしまいそうだけれど、
「substitute」の略で代理のこと。

読み方は同じで逆から読んで
「本来のドミナント(后瓧韮掘砲
解決するセカンダリー坑掘福瓧庁掘
の代理(sub)コードです」と読む。
キーCの場合「A♭7」の下に
この記号が書いてある。

こんな感じでこの秘伝書をめくれば、
その曲のコード進行、使用スケール、
各コードがどこにつながっているか、
一目瞭然でわかってしまう仕組みなんだ。
(不足なところもあるけれど、
それは理論書を学んで補えばいい)

コード進行を覚える時に、
意味もわからず丸暗記では
なかなか覚えられないけれど、
各コードがどこにつながっているか、
意味がわかると多数の曲を覚えられる。

上達のコツ(秘伝)の重要な一つなんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆第1巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. I: Chord Changes w/full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Brackets

☆第2巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. II: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

☆第3巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis


terusannoyume at 02:17|PermalinkComments(5)

2019年03月04日

ジャズ学習教材の別冊

3回(2/28,3/1,3/2)続けて紹介した
コード進行(百科事典)の説明を続けよう。
初めての人は1回目から先に読んで下さい。

今回紹介するのは第3巻の別冊。
(最初に結論を言ってしまうと、
ちょっと期待外れだったので、
前回までの記事では紹介しなかった)

別冊があるのは、なぜか第3巻のみ。
今後、第1〜2巻も出るのだろうか?

別冊は
<Reharmonized>編なんだけれど、
曲目は「ほぼ」同じ。
(「ほぼ」の意味は最後で説明)

通常の第3巻との違いは、
コード進行がさらに改良されている。

中級者以上が対象だけれど、
「期待外れ」について、この後で説明する。

☆第3巻の別冊<Reharmonized>

The Jazz Standards Progressions Book Reharmonized Vol. III:
Chord Changes with Full Harmonic Analysis,
Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis
(英語) ペーパーバック – 2018/12/17
mDecks Music (著)
469ページ





この下にあるのが通常の第3巻の表紙。
色も同じでとても似ているけれど、
上記は<REHARMONIZED>と書いてある。





「RE-HARMONIZEDって何?」
という人のために説明しよう。

そもそもこのシリーズは
作曲者が付けた原曲のコード進行を
ジャズのアドリブをしやすいように、
または覚えやすいように、理論的に
つながる進行に直してある曲集だ。

だから広い意味では、
それもRE-HARMONIZEDと言える。

でもね、
普通はRE-HARMONIZEDというと、
さらに自分なりの独自のコード進行
を付けることなんだね。

そこでこの別巻なんだけれど、
トニックが続くところで
「5−♯5−6」や
「7−6−♯5−6」にしたり、
「僑蹌掘櫚坑掘廚痢岫坑掘廚
代理にしたりする程度の内容なんだ。

「坑掘廚梁緲については
このブログで最近話したけれど
テーマの時はほとんど合わない。

それがわかる人ならいいけれど、
何も知らない人がこのまま弾いたら、
ちょっと気の毒だよね。

「アドリブの時に使いなさい」
ということで書いてあるのかな?

あまり余計なことは言いたくないけれど、
まったく役に立たないという訳ではない。

上記に書いたトニックのことなど、
知らなかった人には勉強になるだろうから。


通常の第1〜3巻は良いと思って
紹介したけれど、別巻については
もう少し研究して良い面があれば
また別の機会に報告しようと思う。

The Jazz Standards Progressions Book Reharmonized Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

<内容紹介>〜アマゾンより〜

(Fake Book).
Perfect Binding Edition
This is Volume III - RE-HARMONIZED.
We took each song and created a re-harmonized version.
Play jazz standards from a different perspective!
This unprecedented, revolutionary collection of jazz standards progressions includes all harmonic progressions with full harmonic analysis, chords, chord-scales and arrows & brackets analysis.
Every Jazz Standard analysis was hand-made by well-versed jazz musicians. Every function, chord-scale, modulation and pivot-chord was carefully chosen to create the best possible harmonic interpretation of the progression.
All double-page songs are presented side-by-side, so no flipping through pages is necessary.
Available for Concert, Bb & Eb Instruments.
Volume III has 352 songs including
Ain’t Misbehaving * All The Way * Bye Bye Baby * Cheek to Cheek * Come Fly With Me * Days of Wine and Roses * From This Moment On * I Left My Heart in San Francisco * I’m Old Fashioned * Mona Lisa * Norwegian Wood * Skylark * So In Love * Unforgettable and hundreds more!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最初に曲目は「ほぼ」同じと言った意味。

☆1曲なくなっていたのは?

通常の第3巻にある曲で
「リハモ編」では
なくなっている曲が1曲だけあった。

第3巻の350ページにある
「soft lights and sweet music」
<IRVING BERLIN>作曲が
「リハモ編」にはない?

ページの脱落かと思ったけれど
ページ番号はつながっているので
何らかの理由でカットされたらしい?

なお1段譜(メロディーとコード)
の楽譜は「THE REAL BOOK」第3巻
361ページにあった。
この曲のみ「リハモ」がなくても
特別に困ることはないと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下は前回までに紹介した第1〜3巻。

☆第1巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. I: Chord Changes w/full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Brackets

☆第2巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. II: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

☆第3巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis


terusannoyume at 14:30|PermalinkComments(0)

2019年03月03日

うれしいひなまつり

今回はジャズ・コード進行の勉強をしよう。

今日(3月3日)は「ひなまつり」なので
久し振りに<童謡ジャズ>を聴こう。
(かなり昔に投稿したもの)

ジャズ・コード進行の勉強をすると、
どんなジャンルの音楽でも自分なりの
スタイルで弾けるようになる実例だ。

「♪あかりをつけましょぼんぼりに〜」
という歌詞の「うれしいひなまつり」を
あなたも聞いたことがあるだろう。

しかし今あなたがイメージしている
「その曲」と、これから聴く曲では
同じ曲とは思えない程になっている。

「何が違う?どこが違うのか?」

ここで1回聴いてもらってから
話の続きをしよう。

【初音ミク】うれしいひなまつり <童謡ジャズ>





この動画は<2013/02/26>に公開
したので、もう7年前になるのかな?

この時、毎週いや少なくとも毎月
続けて投稿しようと思っていたのに
その後は何も出来なかった。

あ!話をコード付けに戻そう。

このコード進行を「いいね」と思うか、
「とんでもない」と思うかは人それぞれ。

でもね、コード付けが出来るようになると、
普通に3コードの3和音で弾くことも出来るし、
中間ぐらいにも出来る。

つまりね、その状況に応じて
自由にコントロール出来るんだ。

子供に聞かせるならもっと単純に、
でも今回は大人用に、特にジャズを学んでいる
学習者用に思い切りジャズ・コードにした。

つまりね、あなたが好きなジャンルの曲を
自分なりに自由に弾けるようになりたいか、
なりたくないか、ということなんだね。

複雑にも、単純にも、その中間でも自由に
アレンジ出来るようになると楽しいんだよ。

「そうなれたらいいな」と思った人は
勉強&練習を続けることだね。
楽しい未来を夢見て…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆このアレンジのコード進行を
ブログの過去記事に書いていたんだね。

2015.3/3.3/4.3/8の3回に分けて、
「ひな祭り」ジャズ秘伝というタイトルで
途中までだけど書いていた。

興味のある人は読んでみてね。

ブログ左側「categories」の
「ボーカロイド、初音ミク」から入るといい。
または「2015年3月」からでも。


terusannoyume at 01:57|PermalinkComments(0)

2019年03月02日

強力なジャズ学習教材(3)

前回と前々回に続けて紹介した
コード進行(百科事典?)の説明を続けよう。
(初めての人は先に前々回から読んで下さい)

この教材は本当に百科事典のように
ジャズ奏者が一生使える資料だと思う。

<第1巻〜第3巻(各巻)共通の特長>
この項目を前回すでに読んだ人のために
さらに詳しく説明を続けよう。

☆各コードネームの下に使用スケール名あり。
しかも国内の理論書にはないスケールもあり。

ここまでは前回に書いたけれど、
「どんなスケールなのか?」を書いてみよう。

「アイオニアン♯5」
「ドリアン♭2」
「リディアン♯5」
「ミクソリディアン♭13」
「ミクソリディアン♭9」
「ミクソリディアン♭9♭13」
これは以前書いたけれど「HmP5↓」のこと。

「ロクリアンn9」
「ロクリアンn13」
上記2つの「n」はナチュラルのこと。
ブログでも困るのだけれど文章の活字に
<ナチュラル>がないんだよね。
それで「n」にしているようだ。
意味は従来の「ロクリアン」の「9」や
「13=6」をそれぞれ半音上げればいい。

その他では
「ヘキサトニック」(6音音階)3種など。

他にもあるけれどこれぐらいにしておこう。

従来の国内ジャズ理論書にはなかった
スケールだけれど、比較的新しい理論書
には書いてあるものもある。

今回紹介している教材は発売されたばかりなので、
最新情報の内容になっているのも特徴の一つだね。

さて今回は第3巻を紹介しよう。

The Jazz Standards Progressions Book Vol. III:
Chord Changes with Full Harmonic Analysis,
Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis
(英語) ペーパーバック – 2018/12/15
mDecks Music (著)
469ページ





The Jazz Standards Progressions Book Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

<内容紹介>〜アマゾンより〜

(Fake Book).
Perfect Binding Edition
This unprecedented, revolutionary collection of jazz standards progressions includes all harmonic progressions with full harmonic analysis, chords, chord-scales and arrows & brackets analysis.
Every Jazz Standard analysis was hand-made by well-versed jazz musicians. Every function, chord-scale, modulation, pivot-chords were carefully chosen to create the best possible harmonic interpretation of the progression.
All double-page songs are presented side-by-side, so no flipping through pages is necessary.
Available for Concert, Bb & Eb Instruments.
Volume III has 352 songs including
Ain’t Misbehaving * All The Way * Bye Bye Baby * Cheek to Cheek * Come Fly With Me * Days of Wine and Roses * From This Moment On * I Left My Heart in San Francisco * I’m Old Fashioned * Mona Lisa * Norwegian Wood * Skylark * So In Love * Unforgettable and hundreds more!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆第1巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. I: Chord Changes w/full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Brackets

☆第2巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. II: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis


terusannoyume at 06:35|PermalinkComments(0)

2019年03月01日

強力なジャズ学習教材(2)

前回紹介した一生使える教材の説明を続けよう。

このシリーズ第1〜3巻を持っていれば、
ジャズの勉強時間がかなり短縮されるかも?

その理由は、
ある曲をこれから練習する場合、
「この曲の正しいコード進行は?」
という疑問が、
この本を調べればすぐに解決してしまう。

次の段階は、
各コードのスケールがわからないと、
アドリブも出来ないし、
左手コード、両手コードなどで使用する
テンションもわからないので、
作業が続かなくなる。
ところがこの本を見れば、各コードの下に
使用スケール名が書いてあるので瞬時にわかる。

さらに次の段階は、
曲を覚える時に丸暗記では
数曲覚えるのも大変だし、覚えてもすぐ忘れる。
それは理論的に理解して覚えていないからだ。
「このコードの機能は何?」
「どのコードに解決している」
「今、何のキーに転調した?」
「転調はどこから?」
「どこで元のキーに戻った?」
「このコードは代理?元のコードは?」
普段から疑問に思っている多数のことが、
理論的分析記号を見れば瞬時にわかってしまう。

ここまででも学習時間がかなり短縮される。
これを独りでやろうと思ったら何年も、
いやいや何十年掛かるのか?

「この教材、誰にも教えたくない!」
「こっそり手に入れて、
自分だけ上手くなっちゃおう!」
と思う人がいても不思議ではないかも?

        ☆

以下の説明も書き加えたので、
前回読んだ人も、再度読んで下さい。
内容がさらにわかると思います。

<各巻に共通の特長>

☆スタンダード曲を演奏する時、
市販されている作曲者が付けたコードではなく、
アドリブがしやすい、覚えやすいコード進行に
変更している。(理論的につながっている)
一般的によく使われるコード進行が書いてある。

☆コード進行の理論的分析記号あり。
ジャズ理論書に出て来る矢印やカギカッコ。
ドミナント代理コードからは点線の矢印。

☆コード・ネームだけでなく、コード進行を
分析する時に必要な度数の記号あり。

☆各コードネームの下に使用スケール名あり。
しかも国内の理論書にはないスケールもあり。

☆スタンダード曲だけでなく、ジャズメンの
オリジナル曲も多数あり。

☆圧倒的な情報量。
第1〜3巻まで合計1、200ページ以上!
(1巻408+2巻470+3巻469ページ)

☆第3巻のみ(全曲のリハモ編)別冊まであり!
この第3巻の別冊(リハモ編)も加えると
なんと1,800ページ以上!
(第3巻の別冊469ページ)
注意、ただし宣伝ページも多い。
これについては後半で書いたので読んでね。

今回は第2巻を紹介しよう。

The Jazz Standards Progressions Book Vol. II:
Chord Changes with Full Harmonic Analysis,
Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis
(英語) ペーパーバック – 2018/12/15
mDecks Music (著)
470ページ





以下は欠点ではないけれど、
「ちょっとなあ〜」と思うところ。

☆すべての曲のメロディーはないので、
「ザ・リアルブック」その他の曲集を
持っていれば問題ないけれど、
持っていない人はジャズ曲集も必要だ。

☆もっと良い進行がある場合もあるので、
100%信じない方がいい。
と言っても
それを自分で判断出来る人なら問題ない。
しかし、それが判断出来ない人でも、
かなりの部分は役立つので不足部分の
理解は将来の課題にすればよいと思う。
まず最低限のコード進行が決まらなければ
その後のコードの押さえ方、アドリブなど
勉強&練習が何も始まらないのだから…。

☆作詞、作曲者の名前が書いてないので、
題名を知らない曲は誰の作品かわからない。
特にジャズメンのオリジナル曲。

☆途中に宣伝ページがかなりある。
第1〜3巻までのページ数は多数あるが、
途中にアプリの宣伝ページもかなりある。
これには<正当な理由?>があって、
見開きで2ページ目に続く曲は、
ページをめくらなくていいように
必ず左ページから始まる仕上げになっている。
そうすると前ページの曲が
1ページで収まる曲の場合は左側になり、
右ページが空白ページになる。
ここに毎回同じアプリの宣伝が入る。
これがかなり何ページも出て来る。
見開き2ページでページをめくらなくて
便利だけれど、宣伝ページがこんなにあって
「う〜ん、仕方ないのかなあ〜」と…?

The Jazz Standards Progressions Book Vol. II: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

<内容紹介>〜アマゾンより〜

(Fake Book).
Perfect Binding Edition
This unprecedented, revolutionary collection of jazz standards progressions includes all harmonic progressions with full harmonic analysis, chords, chord-scales and arrows & brackets analysis.
Every Jazz Standard analysis was hand-made by well-versed jazz musicians. Every function, chord-scale, modulation, pivot-chords were carefully chosen to create the best possible harmonic interpretation of the progression.
All double-page songs are presented side-by-side, so no flipping through pages is necessary.
Available for Concert, Bb & Eb Instruments.
Volume II has 358 songs including
Ask Me Now * Beyond the Sea * Cantaloupe Island * Caravan * Chameleon * Five Brothers * Georgia On My Mind * I Hear a Rhapsody * I Remember You * In Walked Bud * Manteca * Mercy Mercy Mercy * Moon River * Now’s the Time * Tenor Madness * Yardbird Suite and hundreds more!

☆第1巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. I: Chord Changes w/full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Brackets

☆第3巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis


terusannoyume at 06:00|PermalinkComments(0)

2019年02月28日

強力なジャズ学習教材(1)

今回から一生使える教材を紹介しよう。
去年12月に発売された輸入版なので、
ほとんどの人はまだ知らないと思う。

こんな強力な教材は、
国内外で過去になかったものだ。

     ☆

ジャズの曲を学ぶ時、
「コード進行を正しく直すところから始める」
ということを最近話していたよね。

ところが初心者は〜
「正しいコード進行って何?」
「普通に売っている楽譜じゃダメなの?」
「どこをどうやって直すの?」
と、疑問だらけだと思う。

その答えが一目瞭然に書いてある
ジャズ学習者にはお経よりもありがたい
ジャズ曲コード進行百科事典みたいな教材。

しかもコード進行だけではない特長もあり。
(コード進行だけなら過去にもあったが〜)

このシリーズは今のところ第1巻から第3巻、
そして第3巻のみ別冊(リハモ編)、計4冊
あるので4回に分けて説明していく予定だ。

今回は第1巻から。

The Jazz Standards Progressions Book Vol. I:
Chord Changes w/full Harmonic Analysis,
Chord-Scales and Arrows & Brackets
(英語) ペーパーバック – 2018/12/12
mDecks Music (著)
408ページ





<各巻に共通の特長>

☆ジャズ演奏に使われる一般的なコード進行。
<注意>
メロディーはないので別の曲集も必要。
100%信じてはいけないけれど、
学習者にはかなり参考になると思う。

☆コード進行の理論的分析記号あり。
ジャズ理論書にある矢印やカギカッコなど。

☆各コードネームの下に使用スケール名あり。
しかも国内の理論書にはないスケールもあり。

☆コード・ネームだけでなく度数記号もあり。
(「坑掘廚里茲Δ壁週法)

☆圧倒的な情報量。
第1〜3巻まで合計1、300ページ以上!
(1巻408+2巻470+3巻469ページ)

☆第3巻のみ別冊(全曲のリハモ編)まであり!
この第3巻の別冊(リハモ編)も加えると
なんと1,800ページ以上!
(第3巻の別冊469ページ)

The Jazz Standards Progressions Book Vol. I: Chord Changes w/full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Brackets

<内容紹介>〜アマゾンより〜

(Fake Book).
Perfect Binding Edition.
This unprecedented, revolutionary collection of jazz standards progressions includes all harmonic progressions with full harmonic analysis, chords, chord-scales and arrows & brackets analysis.
Every Jazz Standard analysis was hand-made by well-versed jazz musicians.
Every function, chord-scale, modulation and pivot-chord was carefully chosen to create the best possible harmonic interpretation of the progression.
All double-page songs are presented side-by-side, so no flipping through pages is necessary.
Available for Concert, Bb & Eb Instruments.
Volume I has 291 songs including
All Blues * Autumn Leaves * All of Me * Blue Trane * Body and Soul * Desafinado * Donna Lee * Girl From Ipanema * It Don’t Mean a Thing * Like Someone in Love * Misty * Moment’s Notice * My Favorite Things * Prelude to a Kiss * Stella By Starlight * Wave * and hundreds more!

☆第2巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. II: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

☆第3巻
The Jazz Standards Progressions Book Vol. III: Chord Changes with Full Harmonic Analysis, Chord-Scales and Arrows & Bracket Analysis

とにかくスゴイ教材だ。
次回から少しずつ特長を説明する。


terusannoyume at 01:11|PermalinkComments(0)

2019年02月24日

なぜ♯9は♭3で書く?

なぜ「♯9」は「♭3=♭10」と書くのか?

「♯9」をメロディーとして使う場合、
「♯9」から「♭9」に進み、
4度上のコードの第5音に進むことが多い。

例えば「G7」の「♭シ、♭ラ」から
「CM7」の「ソ」に行くような使い方だ。

この時のメロディーが「♯ラ、♭ラ」では
不自然だ。
やはり「♭シ、♭ラ」と書いた方が自然だし、
コードと共に弾くと「♭シ、♭ラ、ソ」と
聞こえて、決して「♯ラ、♭ラ、ソ」とは
聞こえない。

自分で弾いてみると納得すると思う。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月23日

「♯9」は「♭3」で書く

前回「♯9」のことを少し書いたけれど、
楽譜に書く時は「♭3」で書く。

例えば「C7」の「9」は「レ」なので
「♯9」は「♯レ」と書きそうだけれど、
実際は「♭ミ」=「♭3=♭10」で書く。

以前学んだ「♭9」を含んだコード。

「ド、ミ、♭シ、♭レ、♭ラ」
(1、3、♭7、♭9、♭13)

このコードを「♯9」にすると〜

「ド、ミ、♭シ、♭ミ、♭ラ」
(1、3、♭7、♯9、♭13)

このように数字は「♯9」だけれど
実際の音は「♭ミ」で書くことになっている。
「♭シ、♭ミ、♭ラ」が完全4度になって
きれいだよね。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月21日

「♯9」も使えるよ

最近ずっと続いていたコードの話で、
「♭9」が使えるコードは「♯9」も使える。

私が例に出したコード、それを応用して
あなたが作った左手コードなどで、
「♭9」の音があるところを「♯9」に
置き換えてみよう。

「♭9」よりも
「♯9」の方が強烈なサウンドになる。

どのように使い分けるかは、
その時々で判断する。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月19日

「ヤングマン」コード付け

西城秀樹の大ヒット曲
「YOUNG MAN (Y.M.C.A)」を知っているよね。

今でも歌われている曲だけれど、
ピアノ用にコード進行を付けてみた。

以前(年末に)聴いてもらった
「ちびまるこちゃん」と同じように、
私がコード付けをして、ピアノは
この曲を弾きたいと言った本人が
弾いている。

西城秀樹ヒット曲ピアノ演奏シリーズ
「YOUNG MAN (Y.M.C.A)」





このピアノを弾いている人は
西城秀樹の曲をすでに10曲
発表してホームページまで作っている。

10曲ともコード進行を付けたのは私で、
これらの曲を弾きたいと言った本人は、
楽しんで?演奏している。

とにかくジャズ・ピアノが弾ければ、
どんな曲でも自分なりに好きなように弾ける。

以前にも話したけれど、
左手の伴奏は書いてない。

ジャズ演奏と同じ1段譜に
メロディーとコード進行のみ書いてある。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月18日

何事も基本が大切だね

前回からの続きです。

ジャズ理論を学ぶ以前に、
楽典を理解しているだろうか?

例えば、音程。
「音程なんて知ってるよ」
と思っている人でも、
わかっていない場合が多い。

「3度」や「6度」を数えられても、
それが「短3度」なのか「長3度」なのか?
「ド」の音を基準にしてだけでなく、
すべての音から答えられるだろうか?

例えば、
「♭ミ」から「長6度」上の音は?
「♭ミ」から「短6度」上の音は?

2つ目の問題(短6度上)を
「シ」と答えたら間違いだ。
正解は「C♭=♭ド」になる。
鍵盤上では同じ音でも
「シ」は「増5度」になる。

このように落とし穴はいっぱいあって
多分100点を取れる人は少ないと思う。

音程を知らないと
コード進行を正しく書けなかったり
ジャズ・コードを音符で書く時に、
実に変な書き方をする。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月17日

ジャズ理論を学ぶ前に

ジャズ理論を学ぶ前に、
楽典を理解しているか、
確認した方がいい。

音程、調性、コードの基礎知識など。

例えば音程も「C音」を基準にして
わかっている気になっていないか?

例えば「F♯音」から長6度上の音は?
短3度は?など、即座に答えられるか?

何の音からでも、すべての音程を答えられるか?

増4度と減5度の違いがわかるか?

ジャズ理論以前の楽典でも
知らないことが沢山あると思う。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2019年02月15日

ジャズ・コード拡大解釈

前回までに学んだ両手コード、
あなたが作った片手コードなどは、
もう1つのスケールとも共用出来る。

どういうことかというと、
「ミクソ・リディアン」のコードは
「リディアン♭7」と共用出来る。

両者の違いは第4音だけ。
その第4音を省略したコードなので
共通して使えるわけだね。

「ミクソ・リディアン♭9、♭13」
のコードは「オルタード」と共用出来る。

これはテンションが一致するからだね。

それぞれのスケールは
ジャズ理論書で確認してみてね。

共通するテンションがあるので、
前回まで学んだコードが共通で使えるんだ。

もちろんそれぞれ特有の積み重ね方もある。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

代理コードは難しい

代理コードはいつでもどこでも使える
というわけではない。

前回は、こんな話だったけれど、
もう少し話を続けよう。

ジャズ理論書には、
このコードには、こんな代理が使えます
と書いてあるだけで、どんな時に使えて、
どんな時には使えない、などは書いてない。

もっというと、そこで代理コードを
使った方がいい場合、
絶対に使えない場合、
どちらでもいい場合などがあるけれど、
こんなことまで説明している理論書は
見たことがない。

それで理論書を読んだ人は、
いつでもどこでも使えると
勘違いしても仕方がないかもしれない。

メロディー1音1音をよく見ること。

ピアノで弾いて耳で確認すること。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年01月24日

代理コードは注意して

代理コードを学ぶと、
いつでもどこでも使えると
勘違いする人が多いと思う。

特にドミナントの代理コードは
気を付けなければいけない。

例えばキーCで
「G7」の代理で「D♭7」は
ほとんどの場合使えない。

なぜかというと、
「G7」のメロディーは基本的に
「ミクソリディアン」で出来ている。

そこに「D♭7」を弾いても
合うわけがない。

「D♭7」のスケールは
「リディアン♭7」なので
構成音がまるで違う。

メロディーが「ソ、ファ」、
または「シ」だけなど、
両者に共通の音だけで出来ていると
使えるが、他の音があると使えない。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年01月23日

コード進行の付け替え

「Softly,As In A Morning Sunrise」
(朝日の如くさわやかに)を例にして
コード付けの話を進めていこう。

前回の話は1小節目3〜4拍目で
「Cm(BassE♭)」と「E♭7」
どちらも使えるという話だった。

今回は5小節目のメロディー
「ソードー」の「ド」(3〜4拍目)
に「Cm(BassE♭)」を使おう。

1小節目3〜4拍目は「E♭7」にして、
5小節目3〜4拍目に「Cm(BassE♭)」
を配置すれば両方のコードを活かせて、
同時に変化に富んだコード付けになる。

以下に1〜7小節までのコード進行を
まとめたので確認しよう。

メロディーを知っている人は
このコード進行と共に弾こう。
テンポはゆっくりでいい。

1|Cm E♭7|
2|Dm7(♭5) D♭7 |
3|Cm Am7(♭5)|
4|Dm7(♭5)(BassA♭) G7 |
5|Cm Cm(BassE♭)|
6|Dm7(♭5) G7 |
7|Cm|

上記のコード進行と
下記の市販楽譜のコード進行を
比較しながらコード付けを分析研究しよう。

1|Cm|
2|Dm7(♭5) G7 |
3|Cm|
4|Dm7(♭5) G7 |
5|Cm|
6|Dm7(♭5) G7 |
7|Cm|

(続く)


terusannoyume at 23:27|PermalinkComments(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集