「上原ひろみ」分析研究

2009年12月04日

「プレイス・トゥ・ビー」(3)

「プレイス・トゥ・ビー」(作曲・上原ひろみ)

   <楽曲分析と即興演奏の練習方法>

楽譜(ブログ右側に案内あり)の13ページを開こう。

前回までは、
 「A1」「A2」(12ページ)についての
          説明をした。

今回は、
「B」(13ページ)のコード進行を学ぼう。

        「B」

|FM7|G7(sus 4)|Am7|B♭M7|

|Am|Dm|G7|C C7|

まずは、ここまで(8小節)を楽譜に書き込もう。

書き込んだら、メロディーを調べよう。

「ド、レ、レ、ド、ド、レ」から始まるメロディーは
4小節で一段落して、次の4小節も同じメロディーだ。

つまり、ここのメロディーは、
4小節の同じメロディーを2回繰り返している。

ああ、それなのに…、

<コード進行は、別のものを付けている!>

いいかい。<ここが肝心>なところだ。

同じメロディーに同じコードを付ける。

これは初心者で誰でも(サルでも)出来る。

同じメロディーに別のコード進行を付ける。

「しかも、さりげなく、ごく自然に!」

これが「達人のワザ」なんだぞ!

このようなところを、よく研究して学ぶんだ。

演奏する時は、よく味わって弾こうではないか。

          ☆

次に進もう。

2段目の4小節目からだね。

|F|C(Bass E)|E♭7|Dm7|

|A7|Dm7|E7|

ここまで、7小節で、3段目の最後まで来たね。

次の4段目、4小節(繰り返しの小節まで)は

イントロと同じコード進行だ。

|Am|Em|Dm|Em|

ここまでを楽譜に書き込もう。

書き込んだら、
  メロディーとコード進行をよく見て
     自分で分析してみよう。

またまた「達人ワザ」を発見出来るぞ!

「ね、あったでしょう?」

ちなみに「E♭7」は

「Dm7」に行くための「A7」の代理コードだ。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

曲を分析するだけで作曲やアレンジの勉強になる。

ひろみ作品からいろいろなことを学んで、
   あなたの音楽能力を向上させていくといい。

「じゃあ、また明日、ここで会おうぜ!バイバイ」

terusannoyume at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月03日

「プレイス・トゥ・ビー」(2)

「プレイス・トゥ・ビー」
(作曲・上原ひろみ)

   <分析と即興演奏練習方法>

同名の楽譜(ブログ右側にあり)12ページを開こう。

前回の課題は、

「A1」5〜12(8小節)のコード進行で

即興演奏をするというものだったね。

|Am|Em|Dm|Em|

|FM7|Em|Dm7|B♭7|

この8小節を繰り返して、即興の練習をした。

最後の「B♭7」は、
「Am」に行くための「E7」の代理コードだったね。

それ以外のコードは「A エオリアン」内の音で
   作られているのに気が付いたかな?
(意味がわからなくても大丈夫。先に進んで下さい)

今回は、
「A2」13〜20(8小節)のコード進行で
     即興演奏の練習をしましょう。

最初の4小節は、前回、前々回と同じですね。

ちょっと難しいのは、後半4小節です。

|Am|Em|Dm|Em|

|F♯m|C♯m7|D|D|

動画やCDを聴くと、
  ここから雰囲気が変わりますよね。

気が付いていましたか?

ここは、明らかに転調(モードが変化)しています。

弾く時は、
コード・トーン中心にキレイなメロディーが
作れるように練習して下さい。

まずは、この進行で
    即興演奏をしっかり練習すること。

それが出来たら次の組み合わせで練習します。

「A1」(8)+「A2」(8)=計16小節

          ☆

        <応用編>

<テーマ>を最後まで弾ける人は、
 アドリブ・コーラスを以下の3種類から1つ選んで
    繰り返し即興演奏しましょう。

1.|Am|Em|Dm|Em|

2.「A1」 8小節
   
3.「A1」(8)+「A2」(8)=計16小節

 やめたくなったら<テーマ>に戻って終わります。

これで、あなた独自の「プレイス・トゥ・ビー」
     になります。

動画やCDと同じになる必要はありません。

これなら指が速く動かない人でも弾けますよね。

もちろん動画やCDとそっくり同じに弾ける人は
弾いて下さい。

でも、そのあとに必ず自分の即興も出来るように
訓練していきましょう。

さらに自分でも、このような曲が作れるように、
それを目指して下さい。

ちゃんとした勉強をすれば、
  誰でもここまでは出来るようになりますよ。

terusannoyume at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月02日

「プレイス・トゥ・ビー」(1)

「プレイス・トゥ・ビー」(作曲・上原ひろみ)

 <コード進行分析と即興演奏の練習方法>

同名の楽譜(曲集)12ページを開こう。

まず、やさしいアレンジの楽譜から
 「形式」と「コード進行」を分析しよう。

<イントロ>
1〜4(4小節)

|Am|Em|Dm|Em|

<テーマ>

「A1」 5〜12(8小節)

|Am|Em|Dm|Em|

|FM7|Em|Dm7|B♭7|

「A2」 13〜20(8小節)

|Am|Em|Dm|Em|

|F♯m|C♯m7|D|D|

12ページは、ちょうどここで終わりだ。

楽譜は「A」が16小節になっているけれど
 半分の8小節ずつ「A1」「A2」
  に分けて考えると理解しやすくなる。

コード進行を見るとわかるけれど、
 どちらも前半の4小節は同じコード進行で
後半の4小節だけが別のコード進行になっている。

          ☆

ここで前回の復習をしよう。(動画、観たよね?)

前回の宿題は、
 次のコード進行で即興を…
   という課題だった。

|Am|Em|Dm|Em|

今回は、次の段階へ進もう。

上の課題(4小節)が弾けた人は、
   「A1」5〜12(8小節)
のコード進行で即興演奏を練習するんだ。

|Am|Em|Dm|Em|

|FM7|Em|Dm7|B♭7|

この8小節を繰り返す。

最後の「B♭7」は、
    「Am」に行く「E7」の代理コードだね。

まずは、この進行で即興をしっかり練習すること。

「B♭7」が難しいと思う人は「E7」でもいい。
 (最終的には「B♭7」で弾けるようにする)

すでに<テーマ>を最後まで弾ける人は、
 その後のアドリブを上の8小節を繰り返して
    即興演奏していればいい。
  (「今の段階では…」だけれどね)

このあとの展開は、次の機会に教えよう。

terusannoyume at 03:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月01日

誰でも即興が弾ける!

上原ひろみ「プレイス・トゥ・ビー」を鑑賞しよう。

2008.12.28、東京でのコンサートらしい。

自作自演なので、これが作曲者のイメージだ。

この雰囲気をつかんでから、あなたも弾いてみよう。

曲集(楽譜)の99〜105ページに収録されている。

もちろん即興演奏なので、この動画とCD(楽譜)は
 多少違う演奏になっているが、雰囲気は同じだ。

動画とCDのイメージで、あなたなりに弾けばいい。





初心者でも(誰でも)弾ける方法も教えよう。

やさしくアレンジされた楽譜が12〜14ページにある。

これなら誰でも弾ける。

最後まで弾いたら、
  以下の4小節(コード進行)を繰り返して、
       好きなだけ即興演奏をしてみよう。

|Am|Em|Dm|Em|

この進行は、イントロと最後にも使われているね。

実は動画やCDのアドリブでも途中何回も出て来る。

しかし初心者は、
  まずこの4小節で即興演奏の練習をするといい。

好きなだけ即興したら、またテーマ(楽譜)に戻る。

今は下手でもいい。
  「雰囲気だけ」真似すればいい。

気分は「ひろみ状態!」になればいい。

次の段階は、後日アドバイスする。

なお、
 作曲者からの演奏アドバイスは8ページにある。

「幸運を祈る!」

terusannoyume at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月29日

「上原ひろみ」楽譜分析

今日は「上原ひろみ」の楽譜を分析していた。

何日か前にブログで紹介したよね。

CD「プレイス・トゥ・ビー」の完全コピー楽譜。

全曲分析しようと思って続けているけれど、
これはいろいろと勉強になるね。

もう少し分析してからブログに書くつもりだ。

お楽しみに!





自分で分析する時は
易しくアレンジされた楽譜から先にやると
     わかりやすいよ。

terusannoyume at 23:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月27日

「上原ひろみ」文庫本紹介

上原ひろみのことをもっとよく知りたい人のために
文庫本を紹介しよう。

上原ひろみ「サマーレインの彼方」(幻冬舎文庫)

2005年10月に刊行された単行本を文庫にして、
追記(08、09年のこと)を加えている。





ところで数日前に紹介した上原ひろみの楽譜とCD。

 内容が良くて、いろいろと勉強になりますよ。

ジャズ、作曲、アドリブ、ソロ・ピアノ技法など。

ぜひ学んで下さい。近い内に分析を始めますから…。

カプースチンは、じっくりと作ってある作品。
だから即興では無理。

しかし、
ひろみの作品はジャズなので即興演奏が中心。

両者から学んで、いいところを吸収して
自分の音楽に取り入れるといいんじゃないかな。

terusannoyume at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月26日

絢香×上原ひろみ動画

絢香の「おかえり」を
   上原ひろみが伴奏している動画。

間奏のアドリブを聴いてほしい。

ジャズ・ピアニストだからこそ弾ける間奏だ。

ジャズ・ピアノが弾けると、
 どんなジャンルの音楽家とも共演出来る。

ジャズ・ピアノをマスターしようではないか。





間奏は、アドリブ(即興演奏)なので、
もう1度弾くと(当然だが)別の演奏になる。

同じ曲で絢香と共演した別の日の動画を観て
  アドリブの違いを聴き比べてみよう。





「ポップスの歌伴で、ここまで弾いていいの?」

 というぐらい、ひろみが乗りまくっていたね。

terusannoyume at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月25日

「モード奏法」の具体例

あなたは上原ひろみの動画を観ただろうか?

「I Got Rhythm」は、コード進行のある
    オーソドックスなジャズ。

矢野顕子とのピアノ・デュオは、
「モード奏法」で、コード進行がないジャズだ。

聴いていて、その「違い」がわかるだろうか?

もし、わからなくても心配しなくていい。

最初は、わからなくて当然だからだ。

これから勉強して、
どちらのスタイルも習得すればいい。

両方のスタイルを自分でも弾けるように、
   それを目標にしよう。

「とても今の自分には出来そうもない」
    と思うかもしれないが、
コツを教わると誰でも弾けるようになる。
  (超絶技巧は別の話だが…)

今は、オーソドックスなジャズとモード奏法の
「雰囲気の違い」が感じられればいいと思う。

これから学んでいこう。

terusannoyume at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月24日

矢野顕子×上原ひろみ

この2人が2台のグランドピアノで演奏する。

スゴイ組み合わせで、大変に興味深い。

曲は「そこのアイロンに告ぐ」他。

アドリブをよく聴いてほしい。
 これが「モード奏法」で完全なジャズだね。






terusannoyume at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

「上原ひろみ」動画(1)

上原ひろみの演奏を鑑賞しよう。

超絶技巧が観られるぞ。

曲は、
ジョージ・ガーシュウィンの「I GOT RHYTHM」

ぜひ最後まで観て欲しい。

メチャクチャに弾いているように見えても
コード進行を思い浮かべて聴いていると、
ちゃんと弾いていることがわかる。

「A−A−B−A」形式の
   どこを弾いているのか?
      理解しながら聴こう。





この動画を観て、
「ひろみは、ピーターソンみたいなスタイルなんだな」
と思ったら、それは勘違いだ。

このようなスタイルも弾くし、現代的な「モード奏法」も、
そしてバラードも上手い。

何を弾かせても一級品ということだ。

2日前に紹介した楽譜とCDを手に入れて
  分析、研究しようではないか。
   (この曲は収録されていないが…)

今、私も分析していて、近い内にブログに書く予定だ。

terusannoyume at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月21日

「上原ひろみ」楽譜発売!

上原ひろみ待望の楽譜が発売された。

CD第6作目「プレイス・トゥ・ビー」
の完全コピー楽譜。

CDは、初のピアノソロ・アルバムなので、
ピアノをじっくり聴きたい、
そして研究したい人には
十分に満足出来る内容のCDと楽譜だ。

私は、すでに(こっそりと)分析をしている。

曲はオリジナルで作曲の才能も素晴らしくて、
ピアノは、ご存じのように超絶技巧だ。

「こんな日本人がいたんだね」

もちろん今まで何となくは知っていたけれど、
今回、CDをじっくり聴いて、楽譜を分析して、
その才能に驚いてしまった。





超絶技巧の曲を初心者でも弾けるように、
易しくアレンジした楽譜も収録されている。

【収録曲】
◆やさしいソロ
・プレイス・トゥ・ビー
・サムウェア
・シシリアン・ブルー
・グリーン・ティー・ファーム

◆完全コピースコア
・BQE
・シュー・ア・ラ・クレーム
・シシリアン・ブルー
・サムウェア
・ケープコッド・チップス
・アイランド・アゾレス
・パッヘルベルのカノン
・ビバ!ベガス
(1)ショー・シティー、ショー・ガール
(2)デイタイム・イン・ラスベガス
(3)ザ・ギャンブラー
・プレイス・トゥ・ビー
・グリーン・ティー・ファーム
・トムとジェリー

CDに収録されている「ベルン、ベイビー、ベルン」
だけは、著作権の都合で楽譜にはなっていない。
そのかわりではないだろうが「トムとジェリー」
の楽譜が加えられている。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この後は、CD「プレイス・トゥ・ビー」だ。

超絶技巧あり、しっとりバラードあり、
 そして最後の13曲目は、何と!
ひろみ伴奏で矢野顕子が歌で参加している。

心が癒されるいい曲だ。






terusannoyume at 23:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集