効果的なアドリブ上達法

2017年08月21日

藤井聡太四段の本発売

ついに出ましたよ。

藤井四段の関連記事だけで
まるまる1冊の本が
本日発売されました。

ファンは大喜びですね。

私も早速買って来ました。

今月は他の出版社からも
まだ出るので楽しみです。

藤井聡太 新たなる伝説
(別冊宝島 2613) 大型本
2017/8/21





藤井聡太 新たなる伝説 (別冊宝島 2613)

<内容紹介> Amazonより

将棋界の新星・藤井聡太四段。

史上5人目となる中学生棋士として
デビュー以来、
半年以上「公式戦無敗」の
快進撃を続けた
実力とスター性は、
あの羽生善治の再来との呼び声も高い。

棋譜の裏側に隠された才能の分析と、
AI時代に対応した将棋の
新たな地平を探索する。

また長年将棋界に身を置いてきたプロ棋士、
観戦記者たちが見た「平成の天才」の素顔を
余すことなく伝えるファン待望の一冊。


terusannoyume at 23:35|PermalinkComments(0)

2017年08月14日

分析すると良いことが

前回は、Dm7(13)の話だったので、
今回は関連してDm7(♭13)の話を
しようと思っていたけれど時間がない。

後日にする予定だ。

さて今日もコード付けの分析をしていた。

コピー(採譜)や曲を分析していると、
勉強になることは当然だけれど、
それ以外に、それがヒントになって、
別のアイデアが出て来ることも良いことだ。

自分では思い付かなかったことが
考えられるのは得した気分になれる。

勉強を続けよう!


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年08月13日

Dm7の「13」とは?

最近の記事は
上級ジャズ理論の話が
多くなっているけれど、
今回もほとんどの人には
関係のない上級理論の話だ。

だから読まなくてもけれど、
読んでしまったら、
理解出来なくてもいい。

何となく
「ジャズは奥が深いんだな」と
感じてくれるだけで充分だ。

いつか(10年後に)役に立つ
かもしれないので。

     ☆

「Dm13」のコード知っているかな?

ほとんど人は知らないと思う。

見たこともない人がほとんどだよね。

日本のジャズ理論書や曲集には
出て来ないから知らないよね。

日本の理論書では「Dm7」で
「シ」の音はアヴォイドノート
といってコードには
使えないことになっている。

「Dm6」コードなら「シ=6」
をコードトーンとして使っている。

しかし「Dm13」は「シ=13」
をテンションとして使う。

コードネームを正確に書くと
「Dm7(13)」ということになる。

「♭7=ド」と一緒に使うことが必要で
この音がなければ単なる「m6」になる。

具体的な押え方は、
左手「レ」を弾き、
その短7度上の「ド」から右手で
「ド、ファ、シ」と弾く。

下から「レ、ド、ファ、シ」になって
数字は「1、♭7、♭3、13」になる。

「♭7」があるから「13」は
「6」ではなく「13」テンションに
なるんだね。

さて、このコード、いつでもどこでも
使える訳じゃない。

どういう時に使えるのか、
数日前に紹介した曲集などを調べて
研究するといい。

前後のコード進行、メロディーが
どうなっている時に使えるのか?

理論書には書いてないので
自分で分析して身に付けるんだ。

コードの使い方がレベルアップして
勉強が楽しくなってくると思う。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年08月12日

エンディングが増えた

今日もコード進行の勉強をしていた。

2日前に紹介した曲集には、
偽終止の変型がいくつも出て来るので、
それをノートに書き出したり、
ヒントにして自分なりの応用例を
いくつか考えていたら楽しくなってきた。

これらの進行を12キーで練習すれば
エンディングが増えることになる。

自分の音楽の幅が広がると同時に
レッスンの課題にも使えそうだ。

学ぶことは楽しいよね。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年08月11日

自分の可能性を高める

今日はコード付けの勉強をしていた。

今までにいろいろなジャンルの曲を
アレンジ(コード付け)してきた。

そうすると自分の癖というか、
好みの進行が限られてきてしまう。

そこで前回紹介した曲集を弾くと、
自分ではやったことがない進行が
出てくるので、すごく勉強になる。

「へえー、こんな方法があるのか」
と、参考になる所が多数あるので、
書き出してまとめようと思っている。

自分の枠を広げられそうで楽しい。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2017年08月08日

間違えは共通している

ジャズ・ピアノを50年も教えていると
生徒の多くが間違うところは
共通していることに気が付く。

「ある曲のこの小節が注意」と、
いろいろな曲で決まっている。

間違えやすい条件があるようだ。

時間がある時に書いてみようと
思っている。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年08月07日

部分と全体を同時に

アドリブを続けている時に
小節を見失う人がいるよね。

その症状を治すには、
個々の小節だけ考えて
アドリブしていてはダメで、
全体も意識しておくこと。

今、どこにいるのか?

例えば、形式が
A1−A2−B−A3の場合。

今、アドリブしているコードは「これ」で
次の小節のコードは「あれ」だよね。

と同時に形式のA3地点に今いるね。

これが部分と全体。

全体を意識していないと見失う。

「あれ、今A1だっけ、A2かな?」
こうなってはダメだね。

現在位置の確認を
しっかり身に付けること。

慣れてくれば特別に意識しなくても
間違えないようになってくる。

しかし、百発百中になるまでは
意識して練習した方がいい。

特にバンドで演奏する人は、
自分だけ別の小節に行ってしまうと
みんなに迷惑を掛けることになる。

確実にマスターしよう。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

練習と勉強を楽しんで

学ぶことは沢山あるので、
こつこつと努力を続けよう!

どの分野でも探究していくと
奥が深いよね。

音楽もジャズも当然だけれど
奥が深い。

努力を続けることだね。

楽しんで学ぶと長続きするよ。


terusannoyume at 23:55|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

新ジャズ理論のヒント

新ジャズ理論の勉強になる本。

といっても理論書ではなく
<ジャズの歴史本>
という設定になっているけれど、
ジャズ理論を学んだ人なら
ぜひ読んでほしい内容だ。

文章中心の本なので、
譜例が多い理論書ではないけれど、
理論的な内容が充実している。

従来のジャズ理論については
別の視点から書かれていたり、
新しいジャズ理論も少しだけ
説明があり、評論家の書いた
歴史書とは違い、演奏者にも
学ぶことがいろいろある本だ。

「VOICE OF BLUE」
舞台上で繰り広げられた
真実のジャズ史をたどる旅
単行本
(ソフトカバー)
2017/4/20
高内 春彦 (著)





<内容紹介> Amazonより

ジャズの面白さを再発見!
ニューヨークの演奏現場から明かす
リアルなジャズ史。

ニューヨークを拠点に活動し、
ジャコ・パストリアスや
スタンリー・タレンタインなどとの
共演で経験を重ね、
ウェイン・ショーターを迎えたCDを
米国キャピトル/ブルーノートの
マンハッタン・レーベルから
リリースしている実力派ギタリスト、
高内春彦(HARU)が
ミュージシャンの視点から
ジャズの歴史を語る書籍です。

ギル・エヴァンスに習った
モード・ジャズの実際、
ポール・モチアンが明かした
民族と音楽性の関係、
ジョー・ザヴィヌルが求めた
東アジアの音楽文化、
ジョージ・ベンソンが語った
人種差別の実態……などなど、
長年にわたって
NYのジャズ・シーンを肌で感じて
暮らしてきた著者だからこそ書ける
“リアル"なエピソードが盛りだくさん。

ジャズの素晴らしさ、
カッコ良さを改めて感じることのできる、
ジャズ・ファン必携の一冊です!

VOICE OF BLUE 舞台上で繰り広げられた真実のジャズ史をたどる旅

【CONTENTS】
第1章 デューク・エリントンの遺産
◆デューク・エリントン=ジャズの伝統
◆スミソニアン博物館のデューク・エリントン
◆エリントンの功績
◆ビリー・ストレイホーンとエリントン
◆「エリントン派」の作曲家たち
◆エリントン・チェンジ
◆オーケストラ・アレンジの特徴
◆スウィング時代の各バンドの特徴
◆モンクもオーネットもエリントン派
◆スウィング時代のピアノ・スタイル
◆メインストリームとストレートアヘッド

第2章 ビバップの時代
◆コンボ・スタイルの誕生
◆ビバップの語源
◆ビバップの方法論
◆同時多発したビバップ
◆ビバップはジャズの伝統を破壊したか?
◆自由なテンポによる音楽表現の広がり
◆マックス・ローチによるドラム・セットの開発
◆スタンダードとジャズ・チューン
◆ポスト・ビバップの楽器編成
◆作曲できるジャズマンの台頭
◆熱くならないジャズの誕生
◆クール⇔ファンキー!?
◆西海岸ジャズの流行
◆ポスト・ビバップにおけるピアノ・スタイルの変遷
◆究極のビバップ=「ジャイアント・ステップス」
◆「ジャイアント・ステップス」の成り立ち
◆コルトレーンの作曲法の秘密
◆コルトレーンによるソロのライン(アドリブ)の革命
◆シーツ・オブ・サウンドの実際

第3章 モードの真実
◆マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスの共同作業
◆ギル・エヴァンス
◆モードのコンセプトとは?
◆印象派とは?
◆ギル・エヴァンス先生のレッスン
◆マイルスとギルのモード
◆ジョン・コルトレーンのモード
◆マイルスとコルトレーンの比較(ドラマー編)
◆マイルスとコルトレーンの比較(ピアニスト編)
◆音階としての「モード」
◆モード・ジャズの構造的な特徴
◆メモリー帳
◆ポップスやロックへの影響
◆モード・ジャズからの理論的な革新
◆マイルスのジーンズ
◆新しさを外部に求める時代へ

第4章 エスニシティとジャズ
◆民族、文化の融合でジャズは生まれた
◆ブルース、ゴスペル、スウィング
◆アフロ・キューバン
◆ストレート8thとボサ・ノヴァ
◆アフリカン・アメリカン・ミュージック
◆ソウルフード/ヨーロッパとジャズ、その輸出と逆輸入
◆ユダヤ系ミュージシャンとアラブ系ミュージシャン
◆民族楽器の導入
◆サルサ
◆さらに新しいエスニシティ、回帰?
◆新たな黒人カルチャー
◆母国語と音楽

第5章 ロックとジャズ
◆ジャズから生まれたロック
◆アメリカン・ポップスの源流はスウィング
◆ストレート8thの追求と発展
◆ジャズ・ロックの楽器の変化
◆ジャズ・ロックと現代のジャム・バンド
◆コンテンポラリー・ジャズ・シーンの多様化とその始まり
◆シンセと編集による新しい音
◆ジャズ・フュージョン/ファンクの時代のストレートアヘッド
◆クロスオーヴァーからフュージョンな時代
◆1980年代フュージョンの楽器的変化
◆フュージョンのバンド編成とレコーディング事情
◆現代ジャズへの着地点

第6章 米国ジャズ界の現状
◆メニューが出揃った現在のジャズ・シーン
◆What's New About Drummers
◆Revenge Of The Acoustic Players
◆Jazz Guitar Players Today
◆ジャズ・シーンに対する日本の貢献
◆Keyboardists
◆Piano Players
◆Saxophone Players
◆Roy and Doc(tp)
◆アメリカ内でのジャズ文化の違い
◆外国人で溢れるNY
◆Jazz City
◆最後に僕のこと

<出版社からのコメント>

名ギタリストHARUさんが、
先達の証言、
ミュージシャン仲間の口伝、
自身の研究から集めた、
そうだったんだ!
とびっくりするような
トピックが満載の書籍です。

一例を挙げると、
モード・ジャズに関する解説。

よくあるジャズ評論には、
“モードとは、コードではなく
モード・スケール(旋法)に
基づいたジャズである"
……などと書かれています。

「So What?」や
「Milestone」(マイルス)や
「Impressions」(コルトレーン)は
そう言われればそうかもしれないけど、
モード時代の代表作とされる
ハービー・ハンコックの
「Dolphin Dance」や
ウェイン・ショーターの
「Nefertiti」、
「Footprints」なんかは
ちゃんとコード進行があるみたいだし、
モードじゃないジャズとどう違うの……?

“モード"に関する言説に
何か釈然としない思いを
持っていた人は多いはず。

この本では、
モードの立役者である
ギル・エヴァンスから
HARUさんが直接教わった、
モードのはじまりと発展が
しっかり書かれています。

そして、
“現在となっては
モード・ジャズの曲と
そうでない曲を区別するのに
意味はありません"
という衝撃の一言も!

その他にも、スウィングから
最新ジャズ・シーンに至るまで、
この本でしか読めない
ジャズの新しい魅力を大量収録。

著者独特の、
“スウィングする"文体も、
ぜひお楽しみください!
(出版部/橋本)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここから再びテル先生のコメント。

前回の記事「銀恋2」読んだかな?
実は、
この本に解答のヒントが書いてある。
興味ある人は、ぜひ読んでみてね。

そのことについて書いてある本は
なかなかないので貴重な本だと思う。


terusannoyume at 19:11|PermalinkComments(1)

2017年07月24日

「銀座の恋の物語」分析2

ジャズ理論<上級者のみ>
ぜひ最後まで読んで下さい。

「絶対にありえない!」
<驚きの音使い>が出て来ます。

従来のジャズ理論では説明不可能。

あなたは「銀恋」に対して
見る目が変わります。

「これはスゴイ曲だ!」と…。

では第2回目を始めます。

     ☆

「銀恋」の形式は、 
「A」(8)+「B」(8)+「C」(12)
合計28小節でしたね。

今回は「C」7〜8小節目。

|は、じ、め、て|あ、(あ)、たー|

この8小節目に注目して下さい。

|あ、(あ)、たー|3音のメロディー。

実際の音は|ミ、♯レ、シー|
コードは「E7」です。

「え!信じられない」と思いますよね?

「わからない」という人に説明しましょう。

「E7」のコードトーンは、
「ミ、♯ソ、シ、レ」です。

第7音は「レ(ナチュラル)」ですが、
メロディーは「♯レ」になっています。

「E7」で「♯レ」を使う場合、
普通なら「♯レ、ミ」のように
「ミ」に解決する音として使います。

上下の音から
「ファ、♯レ、ミ」
「♯ファ、♯レ、ミ」

半音の経過音として
「レ、♯レ、ミ」
または半音で下降する
「ミ、♯レ、レ(ナチュラル)」
(この場合は下降型ですが
「♭ミ」ではなく「♯レ」で書きます)

問題の旋律は、上の例にはなく、
「♯レ」が完全に独立して
長3度下の「シ」に行っています。

しかもコードは「EM7」ではなく
キー「Am」のドミナント「E7」です。

ここで従来のジャズ理論を復習しましょう。

ジャズ・コード「E7」を組み立てる時、
使っていい音は12音の内、11音ですね。

コード・トーンとテンションです。

1、3、5、♭7、(sus4なら4)、
9、♭9、♯9、♯11、13、♭13
以上の11音ですね。
「♭5」「♯5」はテンションの中に
異名同音があります。
使い方は違いますが今回の話とは
関係ないので省略します。

今回のポイントは、
「E7」では「♯レ=M7」以外の
11音が使えるが、
ただ一つ使ってはいけない「♯レ」を
堂々と歌のメロディーに使っている!

「こんなことが許されるのでしょうか?」

「当然、許されません」(普通のレベルでは)

しかし、
ごく一部の上級者なら許されるのです。

「なぜ?」
「根拠は?」
「どんな理由で」
「その上級ジャズ理論とは?」

ここから先は、
ほとんどの人は読んではいけません。

なぜか?

メチャクチャと紙一重だからです。

11音を充分に使いこなすまで、
10年、20年、人によっては一生。
それで充分にジャズを楽しめます。

今回あなたに知ってほしいのは、
「この曲はスゴイ曲だったのだ」
ということです。

(続く)


terusannoyume at 23:38|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

「銀座の恋の物語」分析1

ジャズ理論中級〜上級者は
ぜひ最後まで読んで下さい。

「え!何で?」と思うでしょうが、
「これはスゴイ曲だ!」と
目からウロコ状態になるでしょう。

従来のジャズ理論では説明不可能な
音の使い方が出て来るから驚きです。

では始めます。

デュエット曲の定番曲、
あなたは「銀恋」を知っていますよね。

形式は、 
A(8)+B(8)+C(12)=28小節

イントロは8小節で、最後の2小節は、
|ラ、ソ、ミ|シ、ミ、♯ファ、ミ|です。
最後の小節は
コード「Am」なので、
|9、5、6、5|ですよね。

「9th」と「6th」が出て来て
ジャズっぽいですね。

そして歌が始まります。
「A」の1〜2小節目、
|ファ、ミ、ド、ラ|(繰り返し)
歌詞は
|こ、こ、ろ、の|
|そ、こ、ま、で|です。

コードは「Am」ですから
第5音「ミ」の半音上「ファ」
(アプローチ・ノート)から
曲が始まるなんて珍しい例ですよね。

しかもイントロの最後で
「6=♯ファ」を聞かせておいて
曲の頭は「ファ(ナチュラル)」です。

     ☆

さて、ここからが本題です。
この曲のスゴイところは〜

「B」の1〜2小節目
|な、み、だ、が|
|お、も、わ、ず|のところです。

この2小節目(おもわず)は、
コード「Dm」で、
メロディーが
「ラ、♯ソ、ファ、ファ」なんです。

「ビックリしましたか?」

「いや、何だかわからない?」

解説しましょう。

この「♯ソ」の次に「ラ」があるなら
驚きません。

「ラ」に行くための半音下の
アプローチ・ノートですから
ごくごく普通です。

ところが、
この「♯ソ」は「ファ」に行っています。

普通「ラ」から「ファ」に行く経過音は
「ソ(ナチュラル)」に決まっています。

「ラ、ソ、ファ、ファ」になります。

スケールは「ドリアン」ですからね。

では「♯ソ」は、異名同音の「♭ラ」で
ブルーノート「♭5」なのでしょうか?

その可能性もあるかもしれませんが、
ここは「♯ソ」で良いと思います。

「B」の1小節目
|な、み、だ、が|のメロディーは
|ラ、ラ、ラ、♯ソ|で
「が=♯ソ」のすぐ後で
2小節目|お、も、わ、ず|の
「も=♯ソ」が出て来るのです。

前小節の「♯ソ」を次の小節で
もう1回繰り返して使ったのですね。

「♭5」ではない理由として
後半に別の形が出て来ますので
そこでもう1度説明しますね。

では、この「♯ソ」は何でしょう?

答えは「♯4=♯11」で、
スケールは「ドリアン♯4」ですね。

スケールの構成音は
「レ、ミ、ファ、♯ソ、ラ、シ、ド」

海外のジャズ理論書には
以前から出ていたスケールですが、
(日本のジャズ理論書は遅れていて)
最近の教則本で少しずつ
日本語でも見かけるようになりました。

従来のジャズ理論を学んだ人なら
「HmP5↓」を知っていますよね。
「完全5度下のハーモニック・マイナー」。

このような言い方で「ドリアン♯4」を
説明すると「HmP4↓」になります。
「完全4度下のハーモニック・マイナー」。

つまり「Dm7」のルート「D音」から
完全4度下「A音」の和声的短音階。

逆に言えば「Am」の和声的短音階を
「レ」から弾けば「Dドリアン♯4」
になります。

「Am」の和声的短音階
「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、♯ソ」

「Dドリアン♯4」
「レ、ミ、ファ、♯ソ、ラ、シ、ド」

「わかりますか?」

次に、この曲の後半で、
別の形で使われている所を見て下さい。

「C」の5〜6小節目
|わ、か、い、|
|ふ、たー、り、が|のところです。

この2小節のコードは「Dm」で
6小節目のメロディーは
|ラ、ラ、♯ソ、ラ、♯ソ|です。

次の7小節目はコード「Am」で
8分休符が入ってからメロディー「ミ」。

つまり6小節目、最後の「♯ソ」は
完全に独立して使われていますよね。

ということは「♯11=♯4」です。

もし異名同音「♭ラ」
(ブルーノート)なら
次に「ミ」へ行くのは(休符が入っても)
何か変?ブルースっぽくありません。

「いかがでしたか?」

この曲の「すごさ」がわかりましたか?

でもね、不思議です。

この曲が発表されたのは
1961年(昭和36年)で
映画の公開は1962年3月。

現在でも「ドリアン♯4」なんて
知らない人がほとんどなのに、
約57年も前に作曲者は
知っていたのでしょうか?

多分、別の理由で使ったのでしょうね。
例えば、
Amの和声的短音階を意識して作った。
または、
民族音楽的な音階を使っている?

      ☆

さて、この曲、
これで話が終りではありません。

何と!この後にもっともっとスゴイ、
「もう信じられな〜い」
「絶対にありえない!」
驚きの音使いが出て来るのです。

「ジャズ理論上級者は絶対に読んでね」

お楽しみに!


terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(0)

2017年07月20日

効果的な曲の覚え方(10)

曲を覚えられない理由として、
「記憶力」は関係ないと説明した。

別の理由で「私は頭が悪くて…」
というのもよくあるけれど、
日常生活が出来るなら関係ない。

とにかく何回も説明したように
丸暗記は時間のムダ。

クラシックのソナタなど長い曲を
丸暗記するのは大変だと思う。

理論を勉強して分析した方が、
効率よく曲を覚えられる。

しかし「勉強はしたくない」
という人は仕方ない。

今までどおり丸暗記でいくことになる。

クラシックの場合は、
ほとんどの人が丸暗記なので、
それでも通用してしまう(ように思える)。

その結果、応用力、即興、作曲などが
苦手になる場合がほとんど。

ということは、
ジャズはそれではダメだよね。

だってね、丸暗記じゃ
アドリブ(即興演奏)ではないから。

ジャズの曲を伴奏付きの楽譜で
そのまま弾いても
それは本当のジャズじゃないでしょう。

本当の即興演奏じゃないということだね。

「それでもいい」という人は、
もちろん「それでいい」のだけれど、
「ちゃんとしたジャズをやりたい」
という人は、
地道にジャズ理論を学んでいこう。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

効果的な曲の覚え方(9)

前回の最後で「コード進行は
デタラメに並んでいるのではなく、
法則に基いて連結されている」
という説明をした。

もう少し具体的に説明すると
以下のような場合、
5つのコードを丸暗記するのではなく、
「トニックに向かって4度進行している」
と理解する。

|Em7 A7|Dm7 G7|C|

そうすると「Em7」以下は、
(覚えなくても)
自動的に出て来ることになる。

大きくグループ化して理解する。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年07月18日

効果的な曲の覚え方(8)

前回までに
「コード」(縦の積み重ね)
の話をしたけれど、
今回は「コード進行」(横の流れ)
の話をしよう。

いままでに何回か同じ話をしたけれど、
コード進行を覚えるのに<記憶力>は
まったく関係ない。

「記憶力がないから覚えられない」
という人がよくいるけれど、
その考えは間違っている。

何千曲も覚える人は、
意味も分からずに丸暗記しているのではない。

コード進行は
デタラメに並んでいるのではなく、
法則に基いて連結されている。

従って法則を学べばいい。

そういう意味で
理論を学ぶことは絶対に必要なんだね。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

効果的な曲の覚え方(7)

今回は
「コード」(縦の積み重ね)の続き。

前回はクラシックの場合だったので
今回はジャズの場合。

ジャズのコードは
コードトーンとテンションを
組み合わせて出来ている。

まず基本コードを覚えることは
大前提。

<左手コード>
コードトーンとテンションを
組み合わせて片手で押さえられる
コード。

例えば「G7」
「ファ、ラ、シ、ミ」
(♭7、9、3、13)

同じコードネームでもいくつもある。

<両手で弾くコード>は
大きく分けると2種類ある。

<ルートを入れた両手コード>
と、
<ルートを省略したコード>
の2種類だ。

丸暗記で弾いている人は、
曲の途中どこかで必ず間違える。

しっかり覚えるには、
どこにコードトーンが来ているか?
どれがテンションなのか?
を意識すること。

もちろん具体的に
コードトーンなら何度の音なのか、
テンションなら「9」「♭9」「♯9」
または
その他のテンションか?
しっかり分析して覚えること。

いつも言っているように丸暗記では
曲をなかなか覚えられないし、
他の曲にも応用出来ないからだ。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

効果的な曲の覚え方(6)

曲を効果的に覚えるには、
曲のすべての要素を分析すること。

形式、旋律、和音、進行など。

今回は「和音」つまり「コード」。

縦の積み重ね。

クラシックの場合は
基本形だけでなく
転回形を上手く使っている。

ベース音に
何度の音(1、3、5、7)
が来ているか注意すること。

メロディーも見て、
両者の関係を頭に入れる。

メロディー音と重複しないように
転回形を使う場合が多いからだ。

       ☆

ジャズの場合は、
コードトーンとテンションを
理解すること。


terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(0)

2017年07月15日

効果的な曲の覚え方(5)

曲を効果的に覚えるには、
その曲の隅々まで理解すること。

自分が作った曲のように
なぜこうなっているのか、
分析して理論的に理解する。

このような話をすると、
頭ばかり使っていては
良い音楽は出来ない
と言う人がいて驚いてしまった。

このようなやり方を
体験したことがない(出来ない)から
想像で言ったのだろうけれど、
良い音楽演奏するために分析する
ということが理解出来ないらしい。

演奏中にも頭だけを使うように
思っているらしいけれど、
演奏中はそんな細かいことまで
考えていない。

あくまでも効率よく曲を理解するため、
そして
覚えるために必要なことなんだよね。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

効果的な曲の覚え方(4)

ジャズのアドリブ・フレーズを
分析する時に気を付けること。

      ☆

コピー譜に書いてあるコードを
信じないこと。

同じ曲でも演奏者によって
コード進行が違うのでよく調べること。

テーマとアドリブ・コーラスでは
コード進行を変えている場合もある。

1コーラス目とその後のコーラスでは、
コード進行を一部分変えることがある。

分析している小節のフレーズが
次の小節(別コード)に
はみ出すことがある。

逆に、前の小節から(弱起のように)
次の小節のフレーズを始めている
例もある。

以上のように、
分析は出来ると思っている人でも、
実際にやってもらうと、
かなり勘違いしていることが多いです。

指摘されると「あ、なるほどね」と
なるのですが、自分では気が付きません。

何十回も注意されると、
少しずつ分かってきます。

何事も経験ですね。

とにかく分析は難しいですが、
何をやっているのか分からないと
応用して使うことが出来ませんから
丸暗記ではダメなのですね。

意味、内容を理解すると、
覚えるのが楽になります。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年07月13日

効果的な曲の覚え方(3)

メロディーは全体の流れを覚えたら、
一音一音分析します。

クラシックの場合は
和声音と非和声音を分類して、
メロディーの大きな流れ、
旋律の骨組というか、
中心になっている音を
理解するといいですね。

ジャズの場合は、
アドリブ・フレーズを分析して
なぜこうなるのか?を理解しないと
応用して使うことが出来ませんから
丸暗記ではダメなのです。

そして分析は難しいです。

なぜかというと、
コピー譜に書いてあるコードが
違っている場合があります。

これを見抜く力が必要です。

さらに、もっと難しいのは〜

(続く)


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)

2017年07月10日

効果的な曲の覚え方(2)

曲を効率よく覚えるには、
曲のすべてを理解することです。

<曲のすべて>とは、
曲を構成する要素です。

曲全体の構成
<形式>

<メロディー>

<コード>(縦と横)
コードの積み重ね方。
これは「縦」ですね。

コードの「横」の流れが
コード進行です。

<リズム>

これらを理論的に
しっかり理解することです。

     ☆

最初に<形式>です。
ジャズでしたらよくある形式は〜

A+A+B+A
A+B+A+C

「枯葉」は少し例外で、
A+A+B+C形式ですね。

クラシックなら「ソナタ形式」とは?

まず
「曲の全体から理解していくこと」
が大切ですね。


terusannoyume at 23:56|PermalinkComments(0)

2017年07月09日

効果的な曲の覚え方

よく耳にするセリフがあります。

「私は記憶力が悪いので、
曲を覚えられない」というもの。

<記憶力>は、まったく関係ありません。

クラシック・ピアノ曲を例にして説明します。

曲の覚え方でよくある方法は、
弾いて、弾いて、弾いて、弾きまくって
手に覚えさせる。

つまり<丸暗記>ですね。

この方法はものすごく時間が掛かって、
体力消耗と時間の無駄ですね。

しかも、やっと覚えた曲も、
次の曲に進むと前の曲は忘れます。

音大ピアノ科4年間で数十曲弾いても
卒業したら忘れていて、
まともに最後まで聞かせられる曲は
1曲もありません。

こんな人は沢山いますよね?

そして本人も自分が「変だ」とは
夢にも思いません。

だって周りの人も同じだからです。

音大生や音大卒ではなくても、
クラシックのレッスンで過去に学んだ曲、
今でも間違いなく何曲も弾けるでしょうか?

ここであの有名なフレーズが登場します!

「私は記憶力が悪くて…」

<記憶力>は関係ありません。
やり方が悪いだけ。

「じゃあ、どうすればいいの?」

     ☆

ここで前回の話になるのですが、
もう少し詳しく話しましょう。
(続く)

☆ジャズにも関係してきます。
いや、ジャズこそ丸暗記では
即興演奏になりません。


terusannoyume at 22:38|PermalinkComments(0)

2017年07月03日

藤井聡太が表紙の将棋世界

今日発売された
「将棋世界」(2017年8月号)は
藤井聡太四段が表紙なので買ってしまった。

将棋世界のことは何も知らなかったので、
「少しは知っておきたい」
ということもあるし、
「神棚に飾っておきたい」
という気持ちもある。
(神棚はないけれど、気持ちだけは…)

「何かいいことあるかも?」
という<お守り>みたいなもの?

この「あやかりたい」
という気持ちがダメなんだよね。

何事も自分が努力しなくっちゃね。

「がんばります!」





雑誌 – 2017/7/3

将棋世界 2017年8月号

<内容紹介>
将棋世界のことが沢山書いてあるけれど、
藤井聡太ファンには嬉しい新連載スタート!

●新連載!
「聖の青春」の大崎善生が書く
藤井聡太四段ドキュメント
『神を追いつめた少年 〜藤井聡太の夢〜』
第1章「将棋との邂逅」
【記】大崎善生

P40からP49までの10ページの記事。
連載なので今後も続くようだ。楽しみ!


terusannoyume at 23:56|PermalinkComments(0)

2017年07月02日

まんが将棋入門書

今日は
藤井四段が負けてしまったので、
連勝記録は「29」でストップ!

でもプロ・デビューから
負けなしの29連勝はスゴイ記録だよね。
30年ぶりの新記録だからね。

まだ14歳なので
これからどれだけ強くなるのか、
みんな楽しみにしているようだね。

        ☆

最近、将棋が話題になっているので、
ルールと豆知識ぐらいは学ぼうと思って、
わかりやすそうな入門書を買って来た。

マンガと文章で楽しく学べるのがいい。

380ページぐらいある解説書なので、
入門には充分な内容じゃないかな?

ハンディー版
スグわかる!
まんが将棋入門
〜ルールと戦法完全マスター
単行本 – 2006/2/1
羽生 善治 (著)





ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター

<内容> Amazonより
(「BOOK」データベースより)

「まんが」でドキドキ→
「解説」でなるほど!→
「練習問題」でばっちり!
三つのステップで、
だれよりも早く将棋のルールと
戦法をマスターできます。

待ちうけるステージは全部で五つ。

各ステージで
バトル(練習問題)を
重ねてクリアしていく、
ロールプレイングゲームのような
楽しい入門書です。

どこからでも読めるので、
一度読んでから
忘れてしまったことを
読み返したり、
さくいんや関連用語から
知りたい内容のページを
調べることもできます。


terusannoyume at 23:44|PermalinkComments(0)

2017年06月12日

努力は必ず報われる!

AKBのメンバーは、
みんな努力していると思う。

しかし、その中でも人1倍の努力をした
<おぎゆか>を熱心なファン達が見ていて、
今回の速報1位になった。

ジャズ・ピアノも同じように、
努力すれば必ず報われる。

しかし、闇雲に練習していても時間の無駄。

それでは上手くはならないことを、
各自が自覚していると思う。

やはり効率の良い方法、
上達が確実な方法で学ぶことだ。

効率の良い学習方法での努力は
必ず報われる!


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月01日

少しずつでも確実に!

4月1日、気分一新してスタートです。

「暖かくなってきましたよね」
と書こうと思ったら、
今(3月31日の深夜)寒いですよ。

雨というか雪に変わりそうな雨なので、
少し冬に戻ってしまったような寒さ。

でも、すぐに暖かくなるでしょう。
今日から4月ですからね。

さて、あなたはマイペースで
練習&勉強を続けていることでしょう。

教室の生徒たちもそれぞれの課題を
「出来ない出来ない」と口では言いながらも
確実に成長していっています。

生徒本人が、
「あまり進歩していないんじゃないか」
と思っている場合でも、こちらから見たら
以前出来なかったことが
出来るようになっているので成長しています。

それを見ていると、
やはり何事もコツコツやっていくのが最良。

「あれをやったら次はこれを」というように
小さな進歩を積み重ねていくことが大切。

今日から新たなスタート。

楽しみながら進歩&向上して行きましょう!


terusannoyume at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月19日

続けることが大切

下手だった人でも
続けていると少しずつでも上達する。

あきらめちゃダメなんだね。

どこがいけないのか?

気付いて、直していくと何とかなる。

続けることが大切。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年12月18日

毎日、何かを学ぼう!

今回は、日記です。

今日は神田の本屋さんで6冊購入。

それから最近は、
中古でしか手に入らない本やDVDを
アマゾンで取り寄せたりしている。

今日もDVDが1枚送られてきたので、
これから(深夜)観る予定です。

それからYouTube も毎晩観ていて
いろいろなことが学べて楽しい。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月17日

キース・ジャレット研究(3)

今回も3日連続で
キース・ジャレット・トリオの
演奏を聴いて勉強しよう。

今回は、ジャズ定番曲
「All The Things You Are」
なんだけれど、
最初のピアノだけで弾いているところ、
よ〜く聴くと、ちゃんとテーマの
コード進行なんだね。

      ☆

今回もアドリブ・コーラスで
「今どこを弾いているのか?」
コード進行を頭で思い浮かべて
各小節を追い掛けて聴こう。

アドリブ・フレーズも追い掛けて
頭の中で歌うといい。

効果的な上達法の1つだ。

Keith Jarrett Trio
「All The Things You Are」






terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

キース・ジャレット研究

前回に続いて今回も
キース・ジャレットの
トリオでの演奏を聴こう。

今回は誰でも知っている
「枯葉」だけれど、
テーマをよく聴いていないと
どこを弾いているのか、
分からなくなってしまう。
(特に2コーラス目は、各小節の
頭がどこなのか見失わないように、
拍子をしっかり取って聴くといい)

今回もアドリブ・コーラスで
「今どこを弾いているのか?」
各小節を追い掛けて聴こう。

つまり「コード進行を
頭で思い浮かべて聴く」
ということだね。

ピアノは、アドリブを
何コーラス弾いたかな?

ベース・ソロは?

ドラム・ソロは?

Keith Jarrett
「Autumn Leaves」





あれ、最後は別の曲が?
何の曲か、分かるかな?

それで演奏後に笑っているんだね。


terusannoyume at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

感覚派の人への指導法

今月になって矢野顕子の動画を
いくつか観てもらったけれど、
本当の実力がわかったでしょう?

私は40周年記念CDを買ってから、
すぐに楽譜を12冊も買ってしまった。

もう新刊では手に入らない曲集も含め、
今、手に入る矢野顕子の楽譜を12冊。
(ベスト・アルバムや中古で高いものは
除いて)

感覚派の生徒を指導する時のヒント
になるのでは?と思って研究しよう
と思ったからだ。

これだけの説明では誤解されそうだが、
いつか詳しく話す時があるかもしれない。

ジャズ理論を学ぶことは当然だけれど
特別に難しい理論を知らなくても弾ける。

そんな学習方法、指導法があるはずだ。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集