リズム・トレーニング

2010年05月15日

リズム強化「モントゥーノ」

ピアノで強力なリズム訓練をしよう。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

「誤植報告」の続き。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

100ページ
CD2−12
Ex.76
譜例1小節目、
ベース音「ミ」(2分音符)を「ド」にする。

コード「C」だからね。

次の譜例(Ex.77)も同じ間違い。
1小節目、ベース音。

91ページ(Ex.65)を見てみよう。
同じコード進行でベース音「ド」になっているよね。


terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月13日

リズム訓練の応用編

ピアノで強力なリズム訓練をしよう。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

前回「誤植報告」をしましたが、
今回はその続きというか、
誤植と知っていて、そのまま使ってしまう荒技。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

69ページを開いて下さい。
CD1−50
Ex.45
譜例4小節目、
左手の8分音符「ラ、ド、♯ファ」の「ド」を
「レ」にする。

ここまでは前回の話でしたね。

今回は、この誤植をヒントにして正解とは別に
変型を作ってみます。

左手の8分音符「ラ、ド、♯ファ」の「ド」に
♯を付けて「♯ド」にする。
「ラ、♯ド、♯ファ」になります。

コードネームは「Bm9」ではなく
「F♯m(Bass B)」になります。

「Bm9」の第3音を省略。

初心者〜中級者は、こんなことをしないように。
完全な間違いです。

しかし、上級者なら許されるのです。


terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月12日

「モントゥーノ」リズム訓練

ピアノで強力なリズム訓練をしよう。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

「誤植報告」の続き。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

69ページ
CD1−50
Ex.45
譜例4小節目、
左手の8分音符「ラ、ド、♯ファ」の「ド」を
「レ」にする。「ラ、レ、♯ファ」が正解。

「Bm9」だからね。
第3音がなくてはいけない。

前ページ(68)を見てみよう。
Ex.44の譜例4小節目「Bm9」の左手参照。





リズムの強化訓練には、
ドラムや打楽器で練習してもいいけれど、
ピアニストならピアノで練習した方が良い。

課題(68〜69ページ)を練習しよう。

コードは難しくないけれど、
   リズムが難しいよね。

裏拍を意識して練習しよう。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月21日

「モントゥーノ」リズム強化

ピアノで強力なリズム訓練をするために、
以前この教則本を紹介したよね。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

「誤植報告」を以前していたけれど、
  まだ途中になっている。

その続きを書こうと思って
最近この教則本を見直しているんだ。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

リズムの強化訓練には、
ドラムや打楽器で練習してもいいけれど、
ピアニストならピアノで練習した方が良い。

では「誤植報告」の続きを…。

92ページ
CD2−4
Ex.68
譜例7小節目のコードネーム「C」は間違い。

「Am」が正解。
 ベース音を見ればわかるよね。

前ページ(91)を見てみよう。
Ex.67の説明文と譜例を参照。





近い内に応用方法なども
    書き始めるつもりだ。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月08日

リズム訓練「モントゥーノ」

ピアノで弾く、強力なリズム訓練をしよう。

この教則本、以前紹介したよね。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

リズムを学ぶには、
ドラムや打楽器で練習してもいいけれど、
ピアニストならピアノで練習した方が良い。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

110ページ
Ex.91,92,93

このページにある3つの譜例
4小節目、2つ目にある「F7」
左手の1番上の音「ファ」を「ソ」に変えよう。

下から「ラ、♭ミ、ソ」にする。

この方がジャズ・コードになるからね。

前(109)ページ、Ex.89
4小節目「F7」を参考にせよ。






terusannoyume at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月01日

ラテンの基本パターン

昨日の動画を観たかな?

ラテンの基本パターンの説明だった。

クラーベ(教則本ではクラーヴェ)には
2/3 と 3/2があるということだね。

どんなに複雑に見える(聞こえる)リズムも
基本は、この2種類のどちらかということ。

この教則本「101モントゥーノ」には
カッコいいピアノのパターン例が沢山あって、
文章も多く、このことを説明してくれている。

教則本の全体を、じっくり読んで研究しよう。

とにかく「モントゥーノ」は、ピアノによる
強力なリズム訓練になることは間違いない。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月31日

「モントゥーノ」映像情報

「モントゥーノ」の教則本を
  最近また紹介しましたよね。

1週間前(10,1,25の記事)です。

その本の著者の映像があったんですね!

ブログの読者に教えてもらいました。

ラテン・リズムの基本の話です。





教則本「101モントゥーノ」
 11ページから書いてある
クラーヴェの説明をしていますね。

この著者の演奏している動画が
 他にもいろいろありましたので
  このブログでまた紹介しますね。

terusannoyume at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月25日

ピアノでリズム訓練を!

以前このブログで紹介した
ピアノで弾く強力なリズム訓練教則本。

アフロ・カリビアン・ピアノの探求
  「101モントゥーノ」
   模範演奏2CD付 (楽譜)
Rebecca Mauleon Santana (著)
佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)

ラテン系の音楽は裏拍を中心に弾くので、
すごくリズムの訓練になる。

リズムを学ぶには
打楽器で練習すればいいのだけれど
ピアニストならピアノで練習した方が良い。

それで、この教則本を紹介したんだよね。

アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付

「モントゥーノ」の教則本は非常に少ない。
 ほとんどないと言った方がいいぐらいだ。

しかし
この「モントゥーノ101」なら充分に満足出来る。

譜例のほとんどを弾いているCD付きなので、
これを参考にして感じをつかむといい。

ただ聴いているだけでも勉強になる。

この教則本を使ったリズム訓練の解説を
  ブログに書くと言ったけれど、
 決して忘れている訳ではありません。

やりたいことが沢山あって、ついつい…。

なるべく時間を作って続ける予定です。

すでに持っている人は、
たまに聴き直して、練習してみましょう。





terusannoyume at 22:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年12月14日

リズム訓練を作る課題

昨日のリズム訓練やったかな?

あのパターンをピアノに応用すると、
カッコイイ伴奏が沢山作れるんだ。

パターンは同じでも、
音やコード、コード進行を変えると
まったく違うものになる。

ぜひ研究してほしい。

さらにパターンを変えれば、
無限に作れるよね。

つまり左右の手順を変えることだ。

自分なりの手順を考えて、
ピアノで音を付けて弾いてみよう。

terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月13日

リズム訓練をしようぜ!

今日は「リズム・トレーニング」をしよう。

もう1つのブログ「カプースチン分析研究会」に
投稿しておいたので、リンクで行って来よう。

        ☆

さて、今、読んでいるブログの今後の展開は、
昨日も話した「エヴァンス分析&研究」や、
最近始めたビートルズ、上原ひろみ、他など
分析して、研究を進めていこうと思っている。

いろいろなジャンルを分析したほうが、
変化に富んで、面白くて楽しいと思う。

以前やっていたショパンやクラシック作品も
分析したいし、何でも勉強になるものはやる。

先のことは、どうなるかわからないけれど
最近は、こんなことをずっと考えているんだ。

じゃあ、
 向こうのブログに移動して楽しんでね。

  また明日、ここで会おう!

terusannoyume at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月22日

「初音ミク」ゲーム第2位

PSP「初音ミク」が今月(7月2日)発売されて、
   <私も発売日に買ってしまった!>
   という話はブログで報告しました。

音楽作成ソフトの方ではなく、
  PSP用の「初音ミク」ゲーム・ソフトです。

その後、雑誌やテレビで見たのですが、
 ゲーム・ソフトの売り上げランキング
   第2位になっているのです。

ゲームって沢山あるのに、スゴイ人気ですよね。

どんな人が買っているのかな?

多分、パソコンで音楽を作っている人と、
イラスト、映像、そしてゲーム好きの人たちかな?

とにかくネット上(ニコニコ動画など)で
    以前からものすごく人気があったからだね。

それで発売以後、品切れ状態だったけれど、
   最近また店頭に並んでいる。

新宿「ヨドバシ〜」にもコーナーはあるのに、
 しばらく品切れ状態が続いていたけれど、
最近また入荷していた。(すぐなくなるのかな?)

これは楽しみながらリズム・トレーニングが出来る
     秘密の上達最終兵器だ。

近くの公園に持って行き、トレーニングしようぜ。

 あ、でも、私は部屋でこっそりと練習する。

だってね、リズムに乗って体が激しく動くので、
カフェなどでやったら、ちょっと……?だよね!

どれだけ正確に押したか、
 数字で成績が出るので上達度がわかっていいね。

ボタンを押すタイミングで、
 COOL,FINE,SAFE,SAD,WORSTの5段階あるけれど
リズム訓練だからCOOLが多くなるように努力する。

でも、COOLの連続、これがなかなか出来ないよね。

ちなみに最近は「巡音ルカ」をゲットしたので、
 「ルカ」に切り替えてプレイしている。

「ミクちゃん」も可愛くていいけれど、
  「ルカ」はもっと大人っぽい(女っぽい)ぞ。

欠点は、ついつい見惚れてボタン押し忘れること。

まあ、いいではないか。楽しくリズム訓練しよう!

terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月03日

楽しいリズム訓練だ!

昨日の夜中は眠れなかった。

楽しくて嬉しくて面白くて…。

生まれて初めて買ったゲーム機。

昨日の記事で紹介したPSPだ。

私は今までにゲーム・センターにも
     行ったことがなく、
家庭用ゲーム機も持っていなかった。

しかし「初音ミク」のソフトを買い、
どうしてもやってみたくなったのだ。

ここまでは、昨日報告しましたね。

そして昨晩というか今日の早朝まで
ゲームをやってみて驚いたのです。

「何を?」

最近の若者は、子供達も含め、
 生まれた頃からゲームをして
リズム感がよくなる訳だな、と…。

このようなリズム遊びのソフトは
 以前からあるのは知っていたけれど
  興味がなかったのでやらなかった。

しかし初めてやってみての感想は…

「これはリズム訓練になる!」
        と思いましたね。

反射神経の訓練にもスゴクいい。

音楽的リズム感の訓練として使うなら
目だけで的?(○や×)を追うのではなく
音楽を聴いてリズムに乗ること。

音楽のリズムにピッタリ合わせて
ボタンを押すように作られているので、
バチッと決った時は気持ち良く快感だ。

面白かった。

裏拍あり、2拍3連ありで、
かなり楽しめる。いや難しい。

しばらく続けて経過をまた報告しよう。

「今夜も眠れそうにない!」

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年07月02日

PSP「初音ミク」発売

待ちに待ったPSP「初音ミク」が
   本日(7月2日)ついに発売された!

「買うのはやめよう、絶対に買わないぞ」

と言いながら、こっそり予約していた私。

とうとう本日、発売日に買ってしまった。

PSP「初音ミク」のゲーム・ソフト
        (09.7.2発売)






でも、
ゲーム機(本体)は持っていないので
買ってもいいよね、という理由だった。

しかし、ソフトを手に入れると
やはり試したくなるではないか。

そこで「本体も買おうかな」と思ったが、

A「熱中するからやめておけ」と言う声、

B「リズムの訓練になるよ」と言う声、

天上界か?どこか?から聞こえてくる。

<ヨドバシカメラ>と<新宿駅>の間を
何回も往復しながら自問自答を繰り返す。

A「もっと勉強することがあるだろう」

B「これだって曲の勉強になるよ」

 〜 〜 〜 〜

A「それはただの遊びだろう」

B「たまには遊びも必要だい」

 〜 〜 〜 〜

A「お前は毎日遊んでるじゃないか」

B「これはリズム感の訓練と
  アレンジの勉強になるんだよ」

などなど…。(1日中、歩いた!)

〜で、結論は…。

とうとう生まれて初めてゲーム機を
買ってしまった!

 「これだ!」 ↓

PlayStation Portable(piano black)
PSP-3000PB






今、充電している。

今夜は眠れない!

ど、ど、どうしよう。ハマったら…。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月14日

メトロノーム強力訓練

メトロノームを裏拍で聴く強力な
  リズム訓練法は、かなり前に書きました。

しかし、
最近来た読者で読んでいない人もいる
         と思うので再び書きます。

全員が過去記事を読んだ訳ではありませんし、
とても大切な話だからです。

メトロノームを使った強力リズム訓練法です。
 
         ☆

4拍子の曲を練習する時、
メトロノームを1小節に4つ鳴らしますよね。

4分音符です。当り前ですね。

まず、これで曲や課題を練習して下さい。

         ☆

次に2分音符に設定して1小節に2つ鳴らす。

1拍目と3拍目に聴くのが普通です。

これで同じ曲、または課題を練習して下さい。

これが出来たら、いよいよ強力訓練法ですよ。

         ☆

2つの音を今度は2拍目と4拍目に聴くこと。

つまり1拍目、3拍目は、無音状態になります。

これに合わせて曲または課題を練習して下さい。

最初のうちは、途中で必ず
  頭(1拍目)に聴こえて来てしまうでしょう。

それは仕方ありません。

何度も繰り返します。

絶対にあきらめないで
これが100%出来るようになるまで訓練します。

これは、本当に強力なリズム訓練になりますよ。

数ヶ月間、雨の日も、雪の日も続けて下さい。

あなたのリズム感が確実に進化します。

terusannoyume at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月20日

リズム強化訓練法(3)

「101 モントゥーノ」
リズム・トレーニング強化法。

昨日の続きです。

前回は、54〜55ページの課題について
説明をしました。

今日は、ジャズ・ピアノへの応用について。

ジャズ・ピアノ・リズム・トレーニング法。

ラテンは、8ビート系ですので8分音符は
跳ねないで、キッチリとリズムに乗ります。

ジャズは、8分音符を跳ねて弾きますね。

ですから、この教則本の課題(譜例)を
すべて4ビートのノリで跳ねて弾くと、
ジャズのリズム・トレーニングになります。

モントゥーノは跳ねないで弾くのが常識
ですから、まずは正式に弾いて下さい。

その後で、こっそりと跳ねても練習する。

そんなことは教則本に書いていませんが、
この教則本は、使い方次第で、ジャズの
リズム・トレーニングにもなるということ。

昨日の課題も、左手コードを弾くタイミング
を少し後に遅らせて跳ねたリズムにして弾く。

そうすると、
4ビートの左手を入れるタイミングの練習に
なります。

各自工夫して、遊び感覚で楽しんで下さい。

ラテンの人達には怒られそうなので、
あくまでも1人の時に、コッソリ遊んでね!

terusannoyume at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月19日

リズム強化訓練法(2)

「101 モントゥーノ」を使った
リズム・トレーニングの続きです。

54〜55ページの課題を練習しましょう。

Ex.35が基本です。

Ex.36は、
2小節目4拍目に右手コードが加わります。

Ex.37は、
2小節目3〜4拍目の右手リズムが変わる。

これが、ちょっと難しいですね。

以上を組み合わせた課題がEx.38です。

最終的には、この8小節を繰り返しましょう。

裏拍を正確に感じ取る練習です。

8ビート(8分音符)を感じて
足は4分音符で踏んで下さい。

左手が8分音符にならないように注意します。

譜例のように4分音符です(4拍目裏以外は)。

コードの押さえ方は簡単ですので、
12キーで弾ける人は挑戦して下さい。

無理な人は、このキーだけでいいですので、
譜例に従ってリズム訓練をしましょう。

付属のCDを聴いて感じをつかんで下さい。

では、楽しんでね!

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」





terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月12日

リズム強化訓練法(1)

ピアノを使ったリズム・トレーニング法です。

あなたのリズム感を強化訓練しましょう。

「101 モントゥーノ」教則本34ページ。

まず最初、ここが1番の基本中の基本。

パターン練習に入る前の音のつかみ方。

♪4分音符のエクササイズ

コードは単純ですよね。

でも、これにリズムを付けると難しくなる。

この2小節を数回繰り返したら
  キーを半音ずつ上げて練習しよう。

基本コードの復習になっていいと思う。

リズム訓練だけなら
1つのキーでいいかもしれないけれど…。

でも、私達は今後ジャズに応用するために、
出来るだけ12キーで練習しようではないか。

♪8分音符エクササイズもやってみよう。

交互にオクターブを使うので、
腕が疲れた人は適度に休むこと。

手が小さいなどでオクターブがツライ人は
下の音だけ弾けばリズム訓練の効果は同じ。

訓練に入る前に、この予備練習をしておこう。

        ☆

他の課題も出来れば12キーで弾いてみよう。
 (無理だと思う人は、各自出来る範囲で)

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」





terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月11日

リズム訓練心得と注意

「101 モントゥーノ」教則本が手に入った人は
まず付属のCDを聴いて下さい。

その後で、気に入ったパターンを練習しましょう。

♪各課題を練習する時は
メトロノームに合わせて練習します。

足を踏んでリズムに乗って下さい。

♪オクターブを使う課題は腕が疲れます。

「腕が疲れたな」と思ったら休みましょう。

無理に続けると
<けんしょう炎>になりますので注意して下さい。

♪両手で弾けない人は、片手ずつ練習しましょう。

リズム訓練だけなら
右手(または左手)だけでも効果はあります。

しかし、ピアノ・テクニックの練習も兼ねて
出来れば両手で弾いた方がいいですけれど…。

♪1つのパターンを12キーで弾いてみましょう。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」





   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ全員には届いていないようですね。

手に入った人は、
どこかのお店に残っていたものが来たのかな?

新たに印刷したものは、
   まだ出来ていないのかもね?

terusannoyume at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月10日

「モントゥーノ」修正(3)

「101 モントゥーノ」誤植と修正の続きです。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪105ページ
譜例(Ex.82と83)どちらも同じ4小節目
「E7(♯5、♯9)」を「E7(♭9 ♭13)」に。

1番下の譜例(Ex.84)4小節目の「E7」を
参考にして書き直して下さい。

この教則本は、このような間違いが他にも
あります。

それから間違いではないけれど、
直した方がいいかな?というところも…。

それらは、
譜例を説明する時に指摘するか、
まとめて報告するか、検討中です。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今朝も8時からカフェで
「カプースチン分析」をしました。

ずっと継続していますね。

これだけ毎日続いていると、
すっかり習慣化したようですよ。

さて、今から東京に帰ります。

明日の朝は、東京のカフェで分析タイム。

勉強したいことが沢山あって困りますが、

何か一つでも始めないと時間がモッタイナイ。

私の場合は、分析している時が楽しいです。

あなたは、何をしている時が楽しいのかな?

terusannoyume at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月08日

「モントゥーノ」修正(2)

「101 モントゥーノ」誤植と修正の続きです。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪74ページ 譜例(Ex.51)3小節目
2拍目裏の「ファ」に「♯」を付ける。
縦に3つある「ファ」すべてに「♯」。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪93ページ 譜例(Ex.70)1小節目2拍目裏、
1番上の音「ファ」を全音上げて「ソ」にする。

その下にある2つの「ソ」は、そのままでいい。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪104ページ 譜例(Ex.79)

1小節目、右手最後の音「ラ」と
次(2小節目)最初の「ラ」をタイで結ぶ。
(左手を見よ)

3小節目、2拍目裏「ファ」に「♯」を付ける。
(両手共)

さらに、その小節、最後の「ファ」には「ナチュラル」
を付ける。(両手共)

     〜〜〜〜〜

次に同じページ、すぐ下の譜例(Ex.80)3小節目
2拍目裏「ファ」に「♯」を付ける。(両手共)

この小節、最後の「ファ」は、そのまま(♯有効)にして、
次の4小節目1拍目「ファ」に「ナチュラル」(両手共)。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、ここまでにしておきましょう。

この他に、テンション名の間違いなどは
また後日、指摘しようと思います。

terusannoyume at 23:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年03月07日

「モントゥーノ」修正(1)

「101 モントゥーノ」の誤植と修正を書きます。

私が持っているのは、初版(06.8.10)です。

再版を持っている人は、すでに直してあるかも…?

最後のページを見て、再版かどうか確かめて下さい。

しかし、私が指摘する部分のすべてが
   直してあるとは限りませんので、
      一つ一つ確認して下さい。

なぜなら、誤植ではないけれど、
 「こう弾いた方がカッコいいよ」
と言うことまで書いておきますので…。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪29ページ、1番下の譜例。

「Gm7 C7」両手コードの左手が間違い。

正しくは、
ページ真ん中にある譜例「Gm7 C7」を
オクターブ下げて書き込んで下さい。

または1番上にある譜例「Am7 D7」の左手を
全音下げる。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪40ページ、CD1−19の説明文、2段目。

〜、好魁璽匹鯊茖嘉床鷏舛捻藾佞靴董◆

「后廚任呂覆「機廛魁璽鼻

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪41ページ。
下の譜例4小節目、最初のコード・ネーム。

「Cm7」は間違い。「CM7」にする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪48ページ譜例(Ex.29)。

右手1拍目裏の「ソ」を「ファ」変えて、
その音を残したまま2拍目コードを弾く。

または2拍目コードを弾く時に「ファ」をもう1度、
コードに加えて弾く。

つまり音4つのコードにした方がカッコいい。

当然4拍目のコード、そして次の小節も同じ。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪53ページ下の譜例(Ex.34)。

誤植ではないけれど、
右手コードは今、上で説明した「Dm」にするといい。

コード・トーンだけよりも
「9th」が入った方がカッコいいでしょう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪57ページ譜例(Ex.40)2小節目。

最初のコード・ネーム「F♯dim7」は間違い。

「F♯m7(♭5)」に直す。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪68ページ上の譜例(Ex.43)

4小節目3つ目の音「ド」に「♯」を付ける。
縦に3つも「ド」がありますね。全部に「♯」です。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ続きますが、
今回は、これぐらいにしておきます。

なるべく早い時期に続きを書きます。

さて、一部の読者には
教則本が届き始めたみたいですね。

来週中には、みんなに届くのでは?

リズム・トレーニング、いよいよ開始かな?

terusannoyume at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月27日

リズム訓練をしよう!

去年、ヒロコ先生のNHKジャズピアノ講座
を観ていた人はテキストを持っているよね?

テキストの第8回を復習しよう。

「モントゥーノ」の基本が学べる。

NHK趣味悠々
「国府弘子の
    今日からあなたもジャズピアニスト」

テキスト付属CD、トラック21〜22を聴こう。
譜例は、テキスト79〜81ページ。

まず、79ページを開いて、
    付属CD<トラック 21>を聴こう。

「クラーベ」について説明してくれている。

2−3(ツースリー)=譜例8−3−1

3−2(スリーツー)=譜例8−3−2

これがラテン・リズムの基本。

テキストにも書いてあるように、
付属CDに合わせて手拍子でリズムに乗ろう。

          ☆

次は「モントゥーノ」の練習だ。

テキスト80〜81ページを開いて、
     付属CD<トラック 22>を聴こう。

例が「A〜G」まで7つあるよね。

少しずつ難しくなっている。

順番に練習していこう。

この譜例8−4の解説が83ページにあるので、
読んで参考にしよう。

では、練習を始めてね。

強力なリズム・トレーニングでしょう?

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<今日からあなたもジャズピアニスト>
     NHK教材テキスト




 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在、みんなが予約待ちの
    「101モントゥーノ」には、
こんなパターンが沢山出てくるのでお楽しみに!

terusannoyume at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月26日

「モントゥーノ」最新情報

「101モントゥーノ」教則本の最新情報です。

何と「現在再販中」らしい。

あまりに遅いから、冗談で

「印刷しているのでは?」

 と言ったら本当だった!

現在は、2〜4週間待ち状態らしい。

多分、在庫があった分は、
3月1日アマゾンに入荷してから
何人かには届くと思うけれど…。

その後に注文した人は、数週間待ちになりそう。

本当に再販してくれればいいけれど、
    再版しなかったら
みんな手に入らなかったところだよね。

教則本を紹介した時にも言ったけれど、
内容が良くてもマニアックな教則本は、
みんなが気が付かないから売れない。

そうすると知らない内に絶版になるんだよね。

今回は、多分どんどん追加注文が入ったから
再版してくれたのかも?

だってね、一般の人が沢山注文したなんて
     絶対に考えられないから、
このブログ読者のおかげですよね。

みんな、ありがとう。

こんな良い教則本がなくならなくて…。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月25日

「8ビート」基本練習(3)

リズム・トレーニングの予備練習。

強力なリズム感を身に付けよう。

右手は、ずっと8分音符を叩き続け、
カット内の時にアクセントを付ける。

アクセントの位置をいろいろ変えてみる。

<リズム課題 1>
|あい(し)てわ(た)しを|やさ(し)くあ(い)して|

<リズム課題 2>
|あいし(て)わた(し)を|やさし(く)あい(し)て|

<リズム課題 3>
|(あ)いし(て)わた(し)を|やさ(し)くあ(い)して|

<リズム課題 4>
|あい(し)てわ(た)しを|(や)さし(く)あい(し)て|

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

左手|ターータターータ|
右足(4分音符を踏む)は、
前回までと同じです。

最初は、右手だけで練習して、
足、左手を加えていって下さい。

両手と足がつられないように、
自然に叩けるようになるまで練習しましょう。

前回までの練習方法を参考にして、
各自のレベルに合わせて練習しましょう。
(太ももを叩く。あるいは〜、
 左ホホを叩いたら右ホホも差し出す?
 ピアノでコードとベースを弾く、など)

自分でも他のパターンを考えてみるといいよ。

terusannoyume at 07:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月24日

リズム・トレーニング応用

数日前に投稿した記事、
ショパン「前奏曲」第4番(Em)を
小節を2倍にして弾きましょう、という課題。

そして
昨日まで2日連続で書いたリズム訓練。

これらの課題は、関連しています。

今回は、応用編の話です。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ショパン「前奏曲」第4番(Em)の楽譜を
用意して、1小節目を見て下さい。

左手がコードを8分音符で弾きますよね。

これを小節を2倍にして、4分音符にする。

2小節で「Em」が4分音符8つになります。

この4分音符のコード「Em」を、
昨日練習したベースのリズムで弾いて下さい。

付点4分音符1つと8分音符1つを交互に…。

|ターータターータ|ターータターータ|

|(あいし)て(わたし)を|(やさし)く(あいし)て|

カッコ内が付点4分音符、残りは8分音符でしたね。

このように1小節を2倍の2小節にして、
この後を同じ雰囲気で弾いて行って下さい。

右手は、メロディーです。

そして足(左右どちらか)は4分音符を踏み、
 体全体で8分音符のリズムに乗って下さい。

  ♪〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 

そして、最後の小節の1小節前で止まります。

|B(SUS 4) B | ですね。

一呼吸置いてから(最後の小節「Em」を弾かずに)
ジョビンの曲(キーEmに移調)を弾き始めます。
(ショパンの曲と同じテンポ、同じ雰囲気で…)

そうすると、聞いている人は、
「ショパンの曲の展開部に入ったのだな、と思います。
(あなたはジョビンの曲を弾いているだけなのですが)

ジョビンの曲を知っている人は思わず「ニヤッ」と…。

この後の展開は、その時に書いた記事を参考にして、
自分なりの展開方法を各自で考えて下さい。
 (いろいろな組合せが考えられます)

私は、最近この遊びが大変気に入って、こればかり、
いや、これと「モントゥーノ」を楽しんでいます。

すごく面白くて勉強になりますので、
あなたも「ショパンとジョビン」楽しんで下さい。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<応用編>

あなたが弾ける曲なら何の曲でもいいです。
今回の弾き方で弾いて楽しんで下さい。

右手=メロディー

左手=コード

足(左右どちらか)=4分音符を踏む。

体全体で8分音符のリズムに乗る。

terusannoyume at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月23日

「8ビート」基本練習(2)

昨日からの続きですので、前回の記事を
まだ読んでいない人は先に読んで下さい。

では、始めましょう。

前回練習した8ビート基本練習を
今回はピアノを使って練習します。

コード「C」を例にして説明すると…

右手=コード(ド、ミ、ソ、または転回型)
8分音符を弾き2拍目、4拍目アクセント。

左手=ベース(コードの1度と5度音)

|ドーーソソーード|ドーーソソーード|

右足(または左足)=4分音符を踏む。

前回の応用は以上のようになりますよね。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<応用課題1>

1つのコードを2小節ずつ弾きながら、
12キーで練習しましょう。
(完全4度、または半音で進んで行く)

長3和音、短3和音、そして4和音へ。
  (C7、Cm7、CM7、などです)

<応用課題2>

ここは各自のレベルによって違います。

ジャズ・コードを知っている人は、
テンションの入ったコードで練習しましょう。
(当然12キーですよ)

さらに、コード進行を決めて、

例えば、

|僑蹌掘鱈坑掘鱈M7|M7 |

4小節ずつ、12キーで、など…。

各自で工夫して下さい。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この課題の目的は?

ピアノを使った強力リズム・トレーニング
が始まるまで、8ビートに慣れておくこと。

軽く準備運動と言うか予備練習が目的です。

terusannoyume at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月22日

「8ビート」の基本練習

<8(エイト)ビート>の練習をしましょう。

椅子に腰掛けて下さい。
(仰向けに寝てパソコン見てる人はいませんね)

右足(または左足)で4分音符を踏んで下さい。

右手で右太ももを、8分音符で叩きます。
(右足または左足は4分音符です)

2小節を、8分音符で軽く叩いて下さい。

以下のようになります。

|あいしてわたしを|やさしくあいして|〜

次に
2拍目、4拍目に軽くアクセントを付けます。

|あい(し)てわた(し)を|やさ(し)くあい(し)て|

カッコの(し)にアクセントが付きます。

次に
左手で付点4分音符1つと8分音符1つを
繰り返して左太ももを叩いて下さい。

|あーーてわーーを|やーーくあーーて|

|(あいし)て(わたし)を|(やさし)く(あいし)て|

カッコ内が付点4分音符ですね。残りは8分音符。

最後に
両手と右足の3ヵ所を同時に動かして下さい。
各パートがつられないように。

右手=8分音符(2と4にアクセント)

左手=|ターータターータ|〜

右足(または左足)=4分音符。

terusannoyume at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年02月21日

「リズム訓練」待機中です

「101 モントゥーノ」教則本を紹介した時に

すぐ注文した人は、すでに手元に届いたようですが、

数日後に注文した人は、待たされているみたいです。

私も都内の大型書店をいくつか回って来ましたが、
1冊もありませんでした。

私が持っているのは、初版で2006年8月10日
発売です。

すごく売れる教則本とは思えないので、多分
再版はしていないでしょう?

でも、在庫はあるのでしょうね。

出版社から取り寄せるので時間が掛かるのかな?

生徒の話では、10日前後待たされるようですね。

無事に、みなさんの手元に届くといいのですが…。

そんな訳で、ピアノ強力リズム・トレーニング講座は、
しばらく入荷待ち状態です。

すでに手に入れた人は、付属CDを聴いたり、
自分なりに好きなパターンを練習したり、
文章を読んだりして待っていて下さい。

みんなに届いた頃にスタートします。

教則本がないと、まったくわからないからです。

例えば、

106ページ<EX 86>を練習して下さい。
弾けるようになったら、4回繰り返し、
これをテーマにして、その後アドリブしましょう。

使えるスケールは<D ドリアン>です。

こんな感じで説明されても、譜例がなければ
何を言っているのかわかりませんからね。

もう少し待ちますので、届いた人は報告してね。

terusannoyume at 23:57|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年02月19日

リズム訓練のご案内(1)

教則本「101 モントゥーノ」を
 無事に手に入れた読者は、
譜例を見ながらCDを聴いてみましょう。

  「どうですか?」

すごくカッコいいでしょう?

これは
「強力なリズム・トレーニング」ですよね。

       ☆

まず最初は、基本中の基本、
「クラーヴェ」を知らなくてはいけません。

<パート 1>クラーヴェについて

 11ページから読んで下さい。

特に、15ページです。

(3/2)と(2/3)を知らなければ
何も始まりませんので、しっかり読んでね。

これを理解すると、各譜例に書いてある
(3/2)(2/3)の意味がわかります。

そして、付属CDを聴くと、ピアノの他に、
 確かにクラーヴェだけが入っていますね。

ピアノを聴きながら同時にクラーヴェも聴く。

そして、足は2分音符を踏み、
     手で指定されたクラーヴェを叩く。

こんなところから入門するといいのでは?

       ☆

譜例をピアノでどんどん弾ける人は、
先に進んで下さい。

自分が気に入ったものから弾けばいいです。

ピアノ初心者で
 「これは難しくて弾けない」と思う人は、
   右手だけでもいいですよ。

4小節(または2小節)ですから、
 練習すれば誰でも弾けるようになります。

今は、リズム訓練なので「片手でもいい」。

今後は、片手ずつ、ゆっくり練習して、
  両手で弾けることを目標にしましょう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」





terusannoyume at 00:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年02月17日

みんなで「モントゥーノ」

数日前に
「モントゥーノ」教則本を紹介しました。

「わたしでも使えるの?」
 という質問が来ましたので答えますね。

この教則本は、初心者から上級者まで

「リズム感を訓練したい!」

と思う人なら、誰でも全員に役に立ちます。

というよりも、リズム感の訓練は
「全員に必要」と思いませんか?

特にジャズ・ピアノの勉強をしていると
コード、アドリブ、理論の勉強が中心で
リズム訓練はほとんどしていないよね?

だから、みんなでリズム訓練をしよう。

非常にマニアックな輸入版の教則本は
そんなに売れるものではないので、
 いつ絶版になるかわからないからね。

今、知った時にすぐ手に入れておこう。

強力なリズム・トレーニングになるのは
確実で、決して損はしないはずだ。

だってね、この前、告白したように、
みんなに内緒でこっそり練習しようと
私が思ったぐらいの教則本だからね。

初心者から上級者、プロまで使えるよ。

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」






現在、私自身が
この教則本を読み、勉強し始めました。

近い内に、この教則本の使い方、
リズム・トレーニングの練習方法を
  このブログに連載する予定です。

ドラム、パーカッションなどではなく、
ピアノを使ったリズム・トレーニング
 方法は、あまりないと思うので、
この機会にリズム感を強化しましょう。

terusannoyume at 23:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集