2021年10月27日

チック・コリア新刊本

チック・コリア本人が書いた本が出たので紹介しよう。

音楽に対するチック・コリアの考え方がわかる貴重な資料だ。
難しい理論が書いてあるわけではなく、
あくまでも基本的な考え方。
しかし本人が書いたことなので、
ファンとしては読んでおきたい。

すべての音楽家が対象。

チック・コリアのA Work In Progress
(ワーク・イン・プログレス)
〜音楽家として成長し続けるために
単行本 – 2021/8/31
チック・コリア (著), 八島 敦子 (翻訳)





<Amazonより>
ミュージシャンとしての心構えから、
演奏、作曲、楽譜の書き方まで。
音楽を愛するすべての人に送る、最後のメッセ―ジ。

2021年2月9日に惜しくも79歳で急逝したチック・コリア。
ミュージシャンとして大切にしていることや、
音楽的に成長するために重要なことについて、
長年書きとめてきた記録をはじめて日本語版として書籍化。
原文と翻訳を併記した対訳形式。

チック・コリアのA Work In Progress(ワーク・イン・プログレス) ~音楽家として成長し続けるために

[目次]
はじめに
CHAPTER1 音楽家としての個人的信条
CHAPTER2 ピアノを弾く
CHAPTER3 コンピング
CHAPTER4 タイム感
CHAPTER5 作曲
用語集
訳者あとがき(八島敦子)

「技術や能力を身につけようとしても、
その根底に自分自身の意志や理解、
そして自らの欲求がなければ
決して何も達成することはできない。
(…)自分自身の哲学や技術、
そして物事へのアプローチ方法を
磨き上げていくことこそが
本当に必要なことだと思うからだ。」
(チック・コリア/本文より)

自分で見つけて初めて自分の言葉となる音楽。
チックが一番大切にしていたもの……
――小曽根真(ジャズ・ピアニスト)


terusannoyume at 23:05│Comments(0) 効果的なアドリブ上達法 | テクニック向上を目指して

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集