2019年02月01日

上手くなりたい人は

ジャズ・ピアノを上手くなりたい人は
このブログに書いた最近の記事を、
じっくり読んで練習に取り入れるといい。

「自分は上級者だから関係ない」
と思わない方がいい。

私が50年教えてきた経験から言うと
ある程度弾ける人でも基本的なことを
弾かせると完璧ではない。

例えば、
オルタード・スケールを
12キーで弾かせると、
必ずどこかで間違える。
(他のスケールでも…)

途中で間違えたのを注意せずに
黙っていると、次のキーに行ってしまう。

間違えたことを
まったく気付いていない。

「ちょっと待って、今間違っていたよ」
と言うと「え?」という顔をする。

家で練習していても
誰も注意してくれないので
自分では気が付かないで弾いている。

基本課題などつまらないと思って
やらない人もいるだろうけれど、
じっくりやりたい人は
1音ずつ確認しながら
慎重に練習することだね。


terusannoyume at 23:15│Comments(0) 効果的なアドリブ上達法 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集