2017年08月13日

Dm7の「13」とは?

最近の記事は
上級ジャズ理論の話が
多くなっているけれど、
今回もほとんどの人には
関係のない上級理論の話だ。

だから読まなくてもけれど、
読んでしまったら、
理解出来なくてもいい。

何となく
「ジャズは奥が深いんだな」と
感じてくれるだけで充分だ。

いつか(10年後に)役に立つ
かもしれないので。

     ☆

「Dm13」のコード知っているかな?

ほとんど人は知らないと思う。

見たこともない人がほとんどだよね。

日本のジャズ理論書や曲集には
出て来ないから知らないよね。

日本の理論書では「Dm7」で
「シ」の音はアヴォイドノート
といってコードには
使えないことになっている。

「Dm6」コードなら「シ=6」
をコードトーンとして使っている。

しかし「Dm13」は「シ=13」
をテンションとして使う。

コードネームを正確に書くと
「Dm7(13)」ということになる。

「♭7=ド」と一緒に使うことが必要で
この音がなければ単なる「m6」になる。

具体的な押え方は、
左手「レ」を弾き、
その短7度上の「ド」から右手で
「ド、ファ、シ」と弾く。

下から「レ、ド、ファ、シ」になって
数字は「1、♭7、♭3、13」になる。

「♭7」があるから「13」は
「6」ではなく「13」テンションに
なるんだね。

さて、このコード、いつでもどこでも
使える訳じゃない。

どういう時に使えるのか、
数日前に紹介した曲集などを調べて
研究するといい。

前後のコード進行、メロディーが
どうなっている時に使えるのか?

理論書には書いてないので
自分で分析して身に付けるんだ。

コードの使い方がレベルアップして
勉強が楽しくなってくると思う。


terusannoyume at 23:59│Comments(0) コード進行の勉強 | 効果的なアドリブ上達法

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集