2017年06月11日

「アワ歌」のコード付け

コード付けの課題は出来たかな?

数日前の記事「究極のコード付け」
第1回、2回、3回、それぞれの動画、
観て(聴いて)くれたかな?

この課題は、
ほとんどの人が出来なくて当然なので
安心してほしい。

まず普通にコード進行を付けられること。

それが出来ないと、この課題は絶対に出来ない。

さらに普通に付けられる人でも、
この制約(1音)の限られた範囲内で
理論的に正しいコード付けを完成するのは
至難の業。

メロディが1音しかない曲に、
まともな曲として聞けるコード進行を付けるなんて、
本当に「究極のコード付け」なんだ。

でも、将来は
余裕で出来るようになることを
目標にして、勉強をがんばろう。

この企画、まだまだ続きがあるので、
今後また発表する予定だ。

コード進行は、半年ぐらい前に、
すでに出来ている。

録音や動画編集に時間が掛かるので
すぐには発表出来ないだけなんだ。

では、お楽しみに!


terusannoyume at 23:51│Comments(0)TrackBack(0)コード進行の勉強 | 作曲法あれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集