2016年11月30日

何か変?を発見するコツ

早朝6時、近くのコンビニに行って、
温かいお茶とおやつを買って来ました。

寒かったです。

そのお茶を飲んでいる時に、
「ブログをしばらく更新していなかった」
と思い出し、今こうして書き始めました。

久し振りですね。
もう2ヵ月も書いていませんでした。

その間、私はすごく元気でしたけれど、
あなたも練習や勉強を続けていたと思います。

私は昨日、コーラス科の生徒のために
ポップスを女声3パートにするアレンジを
していました。

各声部の流れが上手くいかない小節があると、
何時間も考えます。

コード付けでも作曲でも同じですね。

最初から最後までスンナリと行く場合と、
途中で納得いかない部分が出て来る場合が
あるのです。

そうすると何時間も、いや場合によっては
何日も悩みます。

理論的には正しくても、何か変?
納得いかない。
もっと良い音があるはず。

何日も悩んで、
やっと納得する音を見付けた時は気持ちいい。

音楽だけではなく、創造的な活動をしている人、
そして、あなたもそんな経験があると思います。

レッスンの時にも生徒によく言うことは、
「今弾いたフレーズは、こうした方がいい」
と指摘することがあります。

理論的には間違いでなくても、
変(不自然)なフレーズがあります。

こんな細かいことは理論書に書いてないので、
その都度注意しないと生徒には分かりません。

何か変だ?もっと良い音があるはず…。

この答えが、
自分で見付けられるようになるといいですよね。

それには、いろいろな音楽を聴くこと。

出来ればコピーして、分析を多くやると、
何となく分かってきますよ。

とにかく練習と勉強を続けることが大切ですね。


terusannoyume at 07:43│Comments(0)TrackBack(0)効果的なアドリブ上達法 | コード進行の勉強

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集