2016年06月05日

ジャズ理論を知らないと

分析のことを2回続けて書きましたが、
今回も関連した話をしましょう。

私の教室はアドリブ出来ない人を
弾けるようにするレッスンをしています。

ところが別の目的で来ている人もいる。

ここから分析の話が始まりましたよね。

今回は、その中でも特殊な例です。

カプースチンの曲だけを
徹底的に分析している人もいるんです。

カプースチンはジャズ理論を知らないと
分析出来ません。

例えば、
「ファ、ラ、ド、ミ」のコード・ネームは?

ジャズ理論を知らないと
「FM7」と思いますね。

でも、これは「Dm7」です。

ベースに「G音」があったら「G7sus4」です。

では「ファ、ラ、シ、ミ」は?

「FM7(♭5)」?
「FM7(♯4)」?

いえ違います。

ベース「D音」なら「Dm6」
ベース「G音」なら「G7」
ベース「D♭音」なら「D♭7」

ね!なかなか難しいでしょう?

でもジャズ・ピアノを学んでいる人なら
理解出来ますよね。

ビル・エヴァンスなどが使っているコード
とまったく同じですからね。

terusannoyume at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集