2016年04月08日

「ももクロ」全曲解説本

スゴイ本が出ましたよ!

ももクロ楽曲のすべて
<全134曲>を解説した本が
発売されました。

最近のアルバム3rd、4thまでの
全134曲を1曲ずつ詳しく解説
してくれています。

全体で336ページもある、
読み応え十分な解説本です。

モノノフ(ももクロのファン)は
バイブルとして手に入れて当然ですが、
これからファンになりたい人も
そして、なりたくない人も、
日本国民なら全員この力作を読んで
いろいろな方面のことを学びましょう。

各ページ文章がビッシリ詰まっていて、
今まで知らなかったことが学べます。

私は、この力作を2冊も買いました。
1冊は書き込み用、もう1冊は〜
きれいなままで保存しておくためです。

「ももクロを聴け!」
ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説
単行本 – 2016/4/7
堀埜 浩二 (著)





ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説

<内容紹介> Amazonより

全てのモノノフと音楽ファンに捧ぐ!

「日本のポップカルチャー史が
まるっと収まりつつも、
全く新しい“響き”を伴って、
歴史を更新し続ける」
ももいろクローバーZの
楽曲の魅力を掘り下げた、
ももクロ全楽曲完全解説ガイドブック。

空前絶後の大人気、
常に目を離せない存在
「ももいろクローバーZ」。

その魅力は
彼女たちの楽曲にこそ存在する。

本書は、
ももクロの楽曲の魅力を
徹底的に掘り下げた、
前代未聞の
ももクロ全楽曲完全解説集です。

2008年のデビューから、
2016年2月2枚同時発売で
ダブル・ゴールドディスク認定の
最新アルバム収録曲まで、
ももクロの全ての楽曲の魅力を、
演奏技術、プレイヤー、
音楽史や芸術全般に精通した圧倒的な知識と、
関西人ならではのお笑いセンスを基に、
ももクロへの愛情溢れる解説で解説します。

各曲の構造、歌詞、
参加ミュージシャンについての
詳細な解説を基本に、
音楽・演奏技術、
音楽史、音楽理論はもちろん、
人物、作品、用語、
国内外の音楽&アーティスト、
アイドル、アニメ、コミック、
プロレス&格闘技、
お笑い、思想、哲学などの
膨大かつ詳細な注釈を付載。

著者の目を見張る幅広い博識ぶりと、
関西人ならではのお笑いセンス&
サービス精神、そして
ももクロへの圧倒的な愛に満ち満ちた、
数十万人のモノノフ
(ももクロに忠誠を誓ったファン)
と数百万人の音楽マニア必携の1冊です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆内田 樹氏(思想家・武道家・
神戸女学院大学名誉教授)推薦!

われわれ甲南麻雀連盟内では
『ホリノのおじき』として慕われ、
畏敬されている堀埜浩二さんの
渾身の力作は、あっと驚く
「ももクロ」の音楽史的・楽理的な分析。

これは、
ジャンルとしては
たぶん本邦の音楽批評において
空前にして絶後のものだと思う。

強いて言うなら、
その圧倒的な音楽史的知識と
「一見関係なさそうなものを関連づける天才」
において大瀧詠一師匠の系譜に連なるもの
と言うべきか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<著者について>

イベントプロデューサー、
エディター&ライター、ギタリスト。

関西を中心に様々な
イベントの企画・制作を
手掛けるかたわら、
街や店、音楽ライターとして、
情報誌やMOOKで執筆。

ギタリストとしては
フュージョンバンドや
ラテンバンドなどを率い、
クラシックギターの
ソロライヴも定期的に行う。

ジャンルを超えたヘヴィな音楽&
格闘技マニアのモノノフを自負し、
本書籍ではその音楽マニアぶりと
ももクロ愛をいかんなく発揮して執筆。


terusannoyume at 23:52│Comments(0)TrackBack(0) アイドル楽曲研究 | 作曲法あれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集