2015年07月12日

ジャズピアノ独習法(4)

ビージー・アデール研究(3)

ビージー・アデールの
「Night and Day」が
YouTube にありましたので、
コピー譜(アレンジ譜)を見ながら
何回か聴いて、それから分析をして、
自分の音楽に取り入れて下さい。

「Night and Day」
<My Piano Romance>
Beegie Adair





最初はコピー譜に「形式」を書き込みます。
今回は特殊な形式ですね。
1コーラスが32小節ではありません。
48小節の曲です。
イントロもヴァースを使用しています。

<ヴァース>(16)
「V1」(8)
「V2」(8)

<テーマ>(48)
「A1」(8)
「B1」(8)
「A2」(8)
「B2」(8)
「C」(8)
「B3」(8)

<アドリブ・コーラス>(32)
「A1」(8)
「B1」(8)
「A2」(8)
「B2」(8)

<テーマ>(18)
「C」(8)
「B3」(10)

<エンディング>(19)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この演奏を参考にしたアレンジ譜は、
下記の楽譜P10〜16にあります。 





ピアノソロ ビージー・アデール Selection for Piano

☆ジャズ・ピアノ学習のヒント

☆<イントロ>
今回は<ヴァース>を
<イントロ>として使っていますね。
16小節=V1(8)+V2(8)
「V1」(8)と「V2」(8)が、
どのように出来ているか調べて下さい。

☆転調の研究
<ヴァース>「V2」
<テーマ>「C」
最後の<テーマ>「B3」(7〜8)

上記の3ヵ所の転調を分析しましょう。
何のキーに転調しているのか、
楽譜を見て、よく調べて下さい。

☆<エンディング>
2つのコードの繰り返しですね。
このような場合、好きなだけ繰り返します。
今回はたまたま19小節になったのですね。

☆その他
テーマ(メロディー)のフェイク、
アドリブ・フレーズ、
ジャズ・コードの押さえ方など、
いろいろな角度から分析すると、
勉強になるところが沢山あります。

発見したことを
自分の音楽に取り入れましょう。


terusannoyume at 23:25│Comments(1)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 | コード進行の勉強

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さちぴょん   2015年07月14日 00:12
5
テル先生
1日遅れになってしまいましたが、
お誕生日おめでとうございます\(^o^)/

いつも興味深い記事をありがとうございます♪
楽譜も入手しましたので、YouTubeを聴きながら勉強します(^^)/

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集