2015年02月23日

「無調音楽の構造」を学ぶ

今回は、上級者用の本を紹介しよう。

ピッチクラス・セットについて
詳しく日本語で読める本は、
これしかない。

12音や音列技法に興味のある人は
ぜひ手に入れておこう。

無調音楽の構造
ピッチクラス・セットの
基本的な概念とその考察
単行本 – 2011/12/22

アレン フォート(著)
森 あかね(翻訳)





内容(「BOOK」データベースより)

音高を整数に割り当て、
音楽への集合論の適用を
容易にすることにより、
無調音楽における
新たな音高の組み合わせを、
従来の和音という概念ではなく、
セット(集合)として認識し
分析することを可能にした
ピッチクラス・セット理論。

それは本書によって確立された。

無調音楽の構造: ピッチクラス・セットの基本的な概念とその考察

<著者について>

アレン フォート:1926年生。
アメリカの音楽理論家・音楽学者。

イェール大学名誉教授
(Yale University,
Battell Professor of Music Theory, Emeritus)。

コロンビア大学卒業後、
1959年より2004年まで
イェール大学で教鞭をとる。

アメリカの音楽理論学会
(Society for Music Theory)の
創始者の一人である。

数多い著書、論文は
シェンカーの理論(Shenkarian Analysis)から、
セット・セオリー(Set Theory)、
アメリカ・ポピュラー音楽と広範囲にわたり、
現在においても
アメリカ音楽理論学会の第1人者である。

本書The Structure of Atonal Musicは彼の代表作。

           ☆

この本は、以前の記事で紹介していたことを
すっかり忘れていた。

今回の投稿後、そんな気がして調べてみたら、
去年の12月29日の記事で紹介していたんだね。

まあ何回紹介しても価値のある本なので
いいと思うけれど、今後は気を付けよう。


terusannoyume at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集