2015年02月16日

ヴェーベルンを学ぶには

ヴェーベルンの関係書はほとんどない。

この本も約10年前の発行だけれど、
私は最近書店で見付け手に入れた。

今ならまだ手に入るのか?
興味のある人は手に入れておこう。

ヴェーベルン
西洋音楽史のプリズム
単行本 – 2004/4/30
岡部 真一郎 (著)





内容(「BOOK」データベースより)

姿究極の純粋抽象をかたちづくる
高度な構築性と自由な感性の融合
〜その奥底に潜むものは何か。

“現代音楽”の地平を切り開いた
アントン・フォン・ヴェーベルン
(1883‐1945)の実像に迫る労作。

ヴェーベルン―西洋音楽史のプリズム

<目次>

[序章] 二一世紀のヴェーベルン
[1] 早春
作曲の試み(1883〜1902年)
[2] ヴィーンで音楽学を学ぶ
大学生活(1902〜1906年)
[3] ミニアチュールへ
無調性(1908〜1914年)
[4] ノン・フィニトの美学
歌曲の時代(1914〜1925年)
[5] 構築性の小宇宙 鏡の国のアントン
十二音技法(1925年〜)
[6] 音色の探究 編曲・改訂のプロセス
[7] パトロンの素顔
パウル・ザッハー財団の資料
[8] コンポーザー=コンダクターの肖像
指揮者としてのヴェーベルン
[9] 失速
[終章] 西洋音楽史のプリズム
第二次大戦後の音楽とヴェーベルン


terusannoyume at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集