2015年02月05日

ブルクミュラー・ジャズ(4)

今回もジャズ理論(コード)の勉強です。

<ジャズ・ピアノで弾くブルクミュラー秘伝!>

「ブルクミュラー25の練習曲」の15曲目
「バラード」(Ballade)を第9回まで分析し、
その後「ジャズ・アレンジ編」になりました。

今回は「ジャズ・アレンジ編」第4回目です。

前回までを読んでいない人は、
「バラード」分析の第1〜9回目と、
ジャズ・アレンジ編の第3回目までを読んでから、
これ以後を読んで下さい。

途中から読むと理解しにくい所がある
かもしれません。続いている話なので…。

それでは
<ジャズ・ピアノで弾くブルクミュラー>
(第4回目)をお楽しみ下さい。

         ☆

今回は、
コーダ、最後の5小節(92〜96)を
少し変えてみましょう。

最後のコード(95)は
2種類書きましたので、
(両方を試してから)
あなたの好きな方を選んで下さい。

それでは始めましょう。

      ☆

92〜94の3小節を見て下さい。

ここは「Cm」のコードが
1オクターブずつ上がって行きます。

ここで変えるのは右手のみで、
左手は変えません。

右手「ソ」の音に、
全音上の「ラ」を加えて下さい。

左手は楽譜(原曲)のままで、
右手は下から「ソ、ラ、ド」になりますね。

3小節(92〜94)とも同じように
1オクターブずつ上がって行きます。

さて、次は最後のコード(95)です

(96)は
(95)の音が続いているだけですので、
(95)だけを説明します。

☆エンディング・コード(その1)

左手は変えません。そのままです。

右手「ド」を省略して、
「♭ミ」と、その上の「ラ」と「レ」を弾く。

右手「♭ミ、ラ、レ」=「♭3、6、9」です。

これは完全なジャズ・コードです。

☆エンディング・コード(その2)

左手は変えません。そのままです。

右手「ド」を省略して「♭ミ」から、
その上の「ソ、シ、レ」を同時に弾きます。

右手「♭ミ、ソ、シ、レ」=「♭3、5、M7、9」です。

これもジャズ・コードです。

あなたが気に入った方を使って下さい。
または、その時の気分で使い分けて下さい。

(つづく)


terusannoyume at 16:24│Comments(1)TrackBack(0) コード進行の勉強 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かっちゃん   2015年02月06日 02:11
5 『バラード』のジャズ アレンジを毎回楽しみにしてます。
とても分かりやすく、少しづつ…ゆっくりペースなので 一度に沢山覚えられない私にはとてもありがたく、また、ゆっくりだと色々考える事も出来るので嬉しいです。
今日は56小節目と95小節目のテンションについて色々と考えてました。これからも楽しみにしてます♪v(*'-^*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集