2015年01月19日

ブルクミュラー分析(4)

「ブルクミュラー25の練習曲」から
「バラード」(Ballade)分析の続き、
第4回目です。

第1〜3回目を読んでいない人は、
第1回目から読んで下さいね。

今回は「B」(31〜46)で、
作曲技法の勉強にもなりますよ。

「B」31〜46小節目まで。
(全体は16小節で出来ています)

コード進行を楽譜に書き込みましょう。

|C(E)|〜|G7(F)|〜|
|C(E)|〜|G7(F)|〜|
|C(E)|A|Dm|Dm(F)|
|C(G) | G7|C|〜|

コード・ネームの後の(カッコ)内は
ベース音です。
|〜|は前の小節と同じコードです。

少し復習をすると、
この曲の「A」は「キーCm」でした。
そして移行部がドミナント(G)で終り、
この「B」で「キーC」に転調したのです。

同主調への転調ですね。
(平行調、下属調、属調、同主調など
知っていますよね。これらは楽典
ですから必ず勉強しておきましょう)

今回は31〜38までの右手メロディー
について分析します(新発見だと思います)

この8小節のメロディーは〜

|ソ|ド|シ|ソ|
|ソ|ド|シ|ラ ソ|

ここで注目してほしいのは、
(33)「シ」から
短6度上の「ソ」(34)へ行った音が、
(37)「シ」からは
短7度上の「ラ」(38)になっていること。

つまり(31〜33)と(35〜37)
は同じ|ソ|ド|シ|で、
(34)で「ソ」に跳躍し、
次の(38)では「ソ」の全音上「ラ」になり、
この「ラ」がこの曲のメロディーとしての
クライマックスになっています。
(コーダに、これより高い音が
コードとして出てきますが…)

実は、このモチーフ「ソ、ド、シ、*」は
移行部でさりげなく提示されていたのです。

移行部(19〜22)のメロディーを
見て下さい。(コードの1番上の音です)

|ソ|ド|シ|ファ|ですよね。

つまり、これも含めて見てみると、

|ソ|ド|シ|ファ|
|ソ|ド|シ|ソ|
|ソ|ド|シ|ラ| 

「ソ、ド、シ」以外の音だけが
「ファ」「ソ」「ラ」と全音ずつ上がっていく。

このような作曲技法は、ジャズ・スタンダード
「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のサビを
思い出して下さい。

|♭シ〜♭ミ♭ミ、レ|♭ミ〜♭ミ、レ|
|ド〜 ♭ミ♭ミ、レ|♭ミ〜♭ミ、レ|
|レ〜 ♭ミ♭ミ、レ|♭ミ〜

「♭ミ、レ」は同じ高さのモチーフを繰り返し、
「♭シ」「ド」「レ」だけが全音ずつ上がっていく。

つまり音を少しずつ上げていき、
曲を盛り上げる技法なのです。

この作曲技法を使った他のジャズの曲は、
「飾りのついた四輪馬車」を調べて下さい。

さて、今回のまとめです。

前回学んだ移行部は「A」と「B」を結ぶために
何となく気分で作ればいいのではなく、
徹底したドミナント音の保続、そして
「B」のモチーフまでも予告していたのです。

そして音を1音ずつ上げていき、
クライマックスに持っていく。

さすが<プロの技>だと思いませんか?

(つづく)


terusannoyume at 23:04│Comments(2)TrackBack(0) 作曲法あれこれ | コード進行の勉強

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かっちゃん   2015年01月21日 01:44
5 テル先生 普通のピアノレッスンでは教えてもらえない貴重な勉強体験にゾクゾクの連続です。ありがとうございます。
1小節、1小節、1音、1音にこんな秘密が隠されていたとは…。
今、46小節目のコードを考え中ですけど…左手がないので私には難しくて解りません。

47小節目は多分…Bdim7、か、G7♭9?かな?とか…ない頭で今一生懸命考え中です。続きを楽しみに待ちます。
2. Posted by テルさん   2015年01月21日 11:37
喜んでくれて嬉しいです。
47小節目は、それで正解です。
次回は、ちょうどそこから始まりますので、お楽しみに。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集