2015年01月16日

ブルクミュラー分析(1)

今日から
「ブルクミュラー25の練習曲」から
何曲かを分析しようと思っています。

ピアノ学習者の初級教則本ですから
子供の頃に練習した人も多いでしょう。

しかし、
その時は分析などしていないと思います。

曲を理論的に理解出来ると、
演奏にも良い影響を与えますし、
ジャズの勉強にもなりますので、
ぜひ楽譜を用意して勉強しましょう。

それでは「25」の15曲目、
「バラード」(Ballade)からスタートします。

この曲は「25」の人気ベスト3に入っている
とてもカッコいい曲です。

「なぜ、この曲がカッコいいのか?」

私なりの解釈を数回に分けて解説しよう
と思っています。

今回は、まず曲の全体を理解するために、
<形式>から学びましょう。

自分の楽譜に形式を書き込んで下さい。

          ☆

<イントロ>
1〜2

「A1」
3〜10
「A2」
11〜18
<移行部>
19〜30

「B」
31〜46
<移行部>
47〜56

「A」再現のためのイントロ
57〜58

「A1」
59〜66
「A2」
67〜74
<移行部>
75〜86

<Coda>
87〜96

<形式>は以上です。

次回からは<コード進行>です。
予習&復習をしておきましょう。

特に8小節目のコード(?dim7)を
「どう解釈するか?」が問題です。

単純に考えると失敗しますよ。





ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー


terusannoyume at 23:42│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ | コード進行の勉強

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集