2015年01月06日

サティが書いたエッセイ

エリック・サティが書いたエッセイが
文庫本で出ているのを今日知ったので
近い内に買ってみようと思っている。

興味のある人は、読んでみよう。

卵のように軽やかに
サティによるサティ
(ちくま学芸文庫 サ 32-1)
文庫 – 2014/11/10
エリック・サティ (著)
岩佐 鉄男 (翻訳)
秋山 邦晴 (翻訳)





卵のように軽やかに: サティによるサティ (ちくま学芸文庫 サ 32-1)

<内容紹介> Amazonより

音楽史から常にはみ出た異端者として
扱われてきたサティとは何者?
時にユーモラス、
時にシニカルなエッセイ・詩を精選。


terusannoyume at 22:25│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集