2014年11月21日

あの世から作曲が届く!

あの世から大作曲家(リスト、ショパンたち)
が新曲を送って来るという本当にあった話。

あなたは信じられるかな?

私は、数十年前から精神世界を学んでいるので
ごく当たり前に「こんなことはある」と思う。

いや思うだけでなく、普通の話だよね。

詩的で超常的な調べ
霊界の楽聖たちが私に授けてくれたもの
単行本 – 2014/11/17
ローズマリー ブラウン (著)
Rosemary Brown (原著)
平川 富士男 (翻訳)





<内容紹介> Amazonより

今は亡き大作曲家たち〜リスト、ショパン、
シューベルト、ベートーヴェン、バッハ、
ブラームス、ラフマニノフ、ドビュッシー、
シューマン、グリーグ、音楽学者トーヴィーら
〜から曲や文章を授かっていると主張し、
生涯に数百曲の楽曲を残した、
ロンドン在住の寡婦ローズマリー・ブラウン
(1916‐2001)。

幼少時からすでに霊体験をしていたローズマリーは、
母や夫との死別を経て、リスト霊との再会を果たす。

リストから「新曲」を皮切りに、
さまざまな作曲家たちと交流しながら
次々と曲を授かっていくローズマリー。

そして、この件が世間に知られると、
BBCをはじめとして
テレビやラジオで取り上げられ、
センセーションを巻き起こす。

音楽の出所は本当に作曲家たちの霊なのか?
リストから授かった名曲《グリューベライ》に
隠された秘密とは?
霊界の様子とは?
リスト霊による神や地獄の説明とは?
スピリチュアル・ヒーリングとは?

稀有な音楽霊媒として名をはせた
彼女だからこそ語りうる豊富な話題は
尽きることがない。

1960年〜70年代のイギリスで話題を呼んだ
数奇な物語、そしてローズマリー・ブラウンの
残した音楽への扉が、いま開かれる!

詩的で超常的な調べ: 霊界の楽聖たちが私に授けてくれたもの

内容(「BOOK」データベースより)

彼女に曲を授けた楽聖たちの「計画」とは?

リスト、ショパン、ベートーヴェン、
シューベルト、ブラームス、ドビュッシー、
ラフマニノフ…
ある日を境に霊界の楽聖たちからの「新曲」を
次々に受け取ることになった寡婦ローズマリー。

1960〜70年代のイギリスで
センセーショナルな話題を呼んだ音楽霊媒による、
「死後の世界」の不思議に満ち溢れた驚愕の自伝、
ついに邦訳!

<目次>

第1章 始まり
第2章 どうして私が?
第3章 作曲家たちの計画
第4章 リスト
第5章 死後の世界
第6章 ショパン
第7章 その他の作曲家たち
第8章 ヒーリング
第9章 証拠

         ☆

この本は、つい最近出たばかりだけど、
とても興味深くて、じっくり読んだ。

以前から、このブログで
作曲と霊感などの話はしていたからね。

私にとっては、ごく当たり前の話なので、
何も抵抗感はない。当然ありうる話だ。

このことに関しては、何回かに分けて、
話を続けたいと思っている。

それにしても、この本の訳注が詳しくて、
これだけでローズマリー・ブラウンの本が
1冊書けるのではないか、と思ってしまう。

多分、
この本を訳すよりも、訳注に関する調査、
執筆の方が大変だったのではないかな?

出来ればローズマリーの他の著書、
2冊目、3冊目も訳して出版してほしい。


terusannoyume at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)精神世界は面白いよ! | 作曲法あれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集