2014年10月16日

波動の法則「実践体験報告」

精神世界の人なら十数年前に
「波動の法則」を読んでいたと思う。

今回、続編(その後の報告)が出た。

音楽は波動で伝わる。

波動のことまで学ばないと
本物の音楽家とは言えない。

本当は音楽家だけでなく、人間なら
誰にでも必要なことだけれども…。

波動の法則
「実践体験報告」
〜足立育朗が語る時空の仕組と現実
[単行本]
足立 育朗 (著)
形態波動エネルギー研究所 (監修)
今井 博樹 (編集)





<内容紹介> Amazonより

『波動の法則』『真 地球の歴史』
以降の最新の研究成果を公開!

今までの宇宙や時空についての概念を
はるかに超える内容になっています。

時空の根源となるものについて、
回転について、
時空のサイクルについて、
病気のこと、
お金の本質について、
家族の重要性、
直観について、
ウォークインについて
パワースポットや先祖供養まで、
お聞きして、公開できるものを
公開しています。

そこには常に、
「自然の仕組み」に適って
より調和した方向に展開するために、
ということが前提となって
語られています。

現在、
人々はどんどん振動波を落とし、
多くの方がマイナスの状態に
なっているとのことですが、
この本が「自然の仕組み」に適って
より調和した方向に方向転換するための
気づきに役立てていただけましたら
幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「今、この時期、
地球という惑星にとって
必要かつ重要な情報を
「波動の法則」の実践体験に基づく
適切なる実例を含めて、
可能な限り正確に報告し、
私達地球人の
意識レベルが興味本位を卒業して、
本気で人生をかけて
何のために生まれ、
何のために生きるのか、
自然の仕組みに適って
調和のとれた方向に
直観を使って、
決心をして
実行され、
現実の日常生活に環現し、
自らも実体験される事により、
読者の一人一人が
現実のエゴの文化のなかで
真の生き方に向かって
勇気が生まれる機会となるよう
最善を尽くす。
(足立育朗「あとがき」より)

波動の法則 実践体験報告―足立育朗が語る時空の仕組と現実

<目次>
その後の十数年の研究成果について
全然違う時空のサイクルに入っている
宇宙の一番元になるFUGEHEKIN
クリエーションとアレンジ
建築とは何か
テレポーテーションとは何か
ミネラルは物質ではなくてエネルギー
「時空の仕組み」は、調和
「回転球体素粒波」が
「時空の仕組み」の振動波の元
調和がとれるには〔ほか〕

内容(「BOOK」データベースより)

「自然の仕組み」に適って
より調和した方向に転換するために。

『波動の法則』『真 地球の歴史』
以降の最新の研究成果を公開!

口絵6枚付き。


terusannoyume at 06:50│Comments(0)TrackBack(0)精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集