2014年03月07日

ピアノ教材大研究

子供たちへのピアノ・レッスンも
ここまで進んでいるのか!

これは大人たちも負けてはいられない。

ジャズ・ピアノのレッスンも、
もっと改良しなければ…と思った。

10人の先生たちの話から学ぶことが多く、
自分のレッスンに取り入れるヒントも多数。

あなたが子供たちのピアノの先生なら
参考になること学ぶことが多数あると思う。

生徒を伸ばす!
ピアノ教材大研究
[単行本]
株式会社ヤマハミュージックメディア (編集)
一般社団法人
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
(その他)





生徒を伸ばす! ピアノ教材大研究

<内容紹介> Amazonより

ピアノ教材を効果的に
使いこなすための10のヒント!

たくさんある教材の中から、
生徒に合ったものを選び、
効果的に使いこなすには?

本書では、
第一線で活躍中の10人の指導者・作曲家への
インタビューを紹介。

今、どのようなピアノ教材を使い、
どう活用しているのか、
なぜオリジナル教材を製作されたのか、
さらに作曲家の先生方には
音楽を学ぶ上で大事なことを
お話しいただきました。

●轟千尋先生
教材の使い方を工夫して多彩な響きに触れてほしい
●丸山京子先生
長年の研究で培われたピアノ教材を見抜く目と耳
●斉藤浩子先生
500人の生徒の読譜力を上げる教材の使い方は
●安倍美穂先生
徹底した生徒目線! 教材を生徒に近づけるアプローチとは
●根津栄子先生
楽しみにながら重要な時期を乗り越えさせたい
●松田紗依先生
一音から学ぶ
その先にある多彩な美しい響きとは
●江崎光世先生
ソロ、アンサンブル……
10歳までにすべてを経験させてあげたい!
●石井なをみ先生
バッハはすべての基礎となる
●秋山徹也先生
初級から上級まで一貫した
総合的な音楽力を育てる教材の生かし方とは?
●糀場富美子先生
演奏者が身につけるべき読譜力とは?

コラム1
教材選び、もう迷わない!
コラム2
どんな教材でも応用できる!
身につけさせたい学習習慣
コラム3
頭の中にある音を豊かに
コラム4
音楽をさまざまな角度から学べる教材

◆協力: 一般社団法人
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
◆取材・執筆: 菅野 恵理子

■取材・執筆者について

菅野恵理子(すがの・えりこ)

上智大学外国語学部卒業。
在学中に英ランカスター大学へ交換留学、
社会学を学ぶ。

一般社団法人
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
にて2007年まで編集・広報等を歴任。

2007年に渡仏し、
「子どもの可能性を広げるアート教育・フランス編」
をピティナ公式ホームページにて1年間連載。

現在音楽ジャーナリストとして世界を巡り、
国際コンクール・音楽祭・教育現場の取材、
各種テーマの調査研究、
アーティストインタビューなどを手がけ、
「海外の音楽教育ライブリポート」
にて連載中(同HP)。

全日本ピアノ指導者協会研究会員、
マレーシア・ショパン協会アソシエイトメンバー。
ピアノは幼少・学生時代にグレッグ・マーティン、
根津栄子両氏に師事。


terusannoyume at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)テクニック向上を目指して 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集