2014年01月15日

アドリブは才能じゃない

「アドリブは才能がないと出来ない」と、
私は中学生ぐらいまで信じていた。

だから「自分には絶対に無理だ」と、
本気で思っていたんだ。

しかし、これこそ迷信?だった。

この考えが間違っていたことに
高校生の時に気が付いた。

アドリブは、やり方さえわかれば
誰でも弾ける。

そのやり方がわからないだけだ。

決して才能ではない。

そして
決してフィーリングで弾くのではなく
手から出まかせでもなく、
すべての音を頭でコントロールする。

私の教室で指導しているのは、
そんなやり方なので、初回から
1番簡単なアドリブが弾ける。

そこから毎回レッスンで少しずつ
いろいろなアドリブ技法を教わり
複雑にしていくという方法なんだ。

だから目指すべき目標は
どんなに複雑なフレーズでも、
どんなに速い音符のフレーズでも
すべての音をわかって弾いている。

もし途中で止められて、
「なぜこの音を弾いたのか?」
と聞かれても即座に答えられる。

それが本当のアドリブなので
決して感覚で弾くのではなく
手から出まかせでもない。

そして<才能>でもない。

適切な方法による訓練なんだよ。

今、出来ない人は、ただ単に
<方法がわからないだけ>なので、
決してあきらめてはダメなんだよね。

最後に、もう1度言っておこう。

アドリブは決して才能ではなく
適切な訓練で弾けるようになるんだ。

私は自信を持って、今そう言えるよ。


terusannoyume at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集