2013年12月25日

ついついやってしまうよね

コード進行の意味も分からず
手だけで(流れで)弾いてはダメだ
と先生は言い続けているのだけれど
相変わらず頭で考えずに弾いている。

例えば、僑蹌掘櫚坑掘櫚M7の課題で
最後のM7を間違えた場合、
そこから弾き直すことが出来なくて
また最初(僑蹌掘砲ら弾き直す。

これは流れで覚えている証拠なんだ。

ちゃんと構成音を数字で覚えていれば
間違えたコードから弾けるはずだ。

コードトーンとテンションが
どのように組み合わさっているか、
が分かっていればね。

先生に散々言われているから
数字で覚えようとしているけれど
12キーの後半になると頭が疲れてくる。

だからついつい手だけで弾く。

そうすると、どこか間違える。

たった1音だけ間違えても
別のコードになってしまう。

最初はみんなそんなもんだ。

あせらず、ゆっくりでいいから
確実に頭で理解して弾くようにしよう。

すべての課題を弾く時に心掛けること。

結局それが曲を弾く時、アドリブなどに
関連してくるからね。

ジャズピアノは難しいけれど
地道な努力、継続が大切なんだね。

今年は、もうすぐ終わりだけれど
来年もマイペースでがんばろう!


terusannoyume at 23:36│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集