2013年10月26日

映画音楽ベスト曲の資料

アマチュアは自分が好きな曲だけを
弾いていればいいかもしれない?

しかし
プロになるとリクエストが来るので、
自分の好きな曲だけではダメだね。

映画音楽なども弾けないといけない。

では、どんな曲を?

その資料を紹介しよう。

オールタイム・ベスト
映画遺産 映画音楽篇
(キネ旬ムック) [ムック]
賀来タクト (著, 監修)
前島秀国 (監修)





映画のジャンル別に音楽ベスト10がある。
しかも「ベスト10」以下の曲も書いてあり、
全体で数百曲?もあるので貴重な資料だ。

<内容紹介> Amazonより

『キネマ旬報』創刊90周年記念出版第3弾。
映画評論家、音楽評論家、映画監督、
作曲家、文化人の方々のアンケートによる
「映画音楽ベスト・テン」発表!

映画音楽作曲家名鑑、
映画音楽関連映画賞受賞リストもついて、
より映画音楽の楽しさ・魅力が分かる、
映画音楽ムックの決定版。

日本を代表する映画音楽作曲家である
久石譲、冨田勲インタビューをはじめ、
細野晴臣プロデュース「映画を聴きましょう」
ライブレポート、
映画監督の立場から映画音楽について
語っていただいた崔洋一監督インタビュー
なども収録。

また、第1位に選ばれた「男と女」に関しては、
ベスト・ワンに選出記念として
同作にピエール役で出演した
ピエール・バルー氏の特別寄稿も掲載。

オールタイム・ベスト 映画遺産 映画音楽篇 (キネ旬ムック)

●ランキング発表

映画人・評論家・作曲家が選ぶ
映画音楽が心に残る映画ベスト10
ピエール・バルー特別寄稿

ジャンル別映画音楽ベスト10
アクション・SF・戦争映画/
ドラマ・コメディ映画/
サスペンス・ホラー・ファンタジー映画/
ミュージカル・音楽映画/
西部劇・時代劇映画

心に残る映画歌曲・テーマ曲ベスト10

好きな映画音楽作曲家ベスト10

●映画音楽作曲家名鑑
約250名の映画音楽作曲家のプロフィールを掲載
作曲家インタビュー 久石譲/冨田勲
映画監督が考える映画音楽とは
崔洋一監督インタビュー
コラム 映画音楽の歴史

●『キネマ旬報』創刊90周年記念イヴェント
細野晴臣グループ&といぼっくす
「映画を聴きましょう」ライブ誌上レポート

●映画音楽関連映画賞受賞リスト


terusannoyume at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) コード進行の勉強 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集