2013年10月25日

日本映画ベスト200

今まで映画をほとんど観ていなかった。

映画館にも行かないし、
DVDも沢山持っていない。

テレビでも映画は観ないから、多分
一般の人達よりも観る回数が少ない。

そこで、これからは
もう少し映画を観ようと思って
映画の案内書を買って来た。

オールタイム・ベスト
映画遺産200 日本映画篇
(キネ旬ムック) [ムック]





案内書を何冊か手に入れたので
それらを参考にして
今後は少しずつ観ることにしよう。

すべて勉強のためだ。

<内容紹介> Amazonより

オールタイム・ベスト
映画遺産200 日本映画篇
【キネマ旬報90周年記念】
次世代へ映画文化を伝える
[日本映画オールタイム・ベスト]を
10年ぶりに刊行!

大正八年七つき十一日、
このようなあいさつで始まった『キネマ旬報』。
皆様から永いご愛顧をいただき、
本年『キネマ旬報』は創刊90周年を迎えました。

それを記念し、
このたび映画ファンの熱い要望に応えるため、
また映画人口の増加が急務とされる今、
次の世代にこれまでの映画文化を伝えるために、
キネマ旬報ムック
『オールタイム・ベスト 映画遺産200 日本映画篇』
を発刊させていただきます。

今回は全体のベスト・テン以外は順位をつけず、
多くの良作を読者に紹介できるよう考慮しました。
また、読者へのアンケートも行い、
プロの視点との違いが興味深くなっています。

オールタイム・ベスト 映画遺産200 日本映画篇 (キネ旬ムック)

<主な内容>

日本映画ベスト200作品解説

読者、そして映画人・文化人100人が語る
「心に残る珠玉の映画10本」

対談 山根貞男×向井康介:
21世紀に考える「映画」と「言葉」

監督・新藤兼人、俳優・仲代達矢が語る
「我が映画人生と『キネマ旬報』、
そして“これから”」

コラム 映画のある視点
●赤瀬川原平、雨宮慶太、いしかわじゅん、
岩井志麻子、小池一夫、佐木隆三、
田口トモロヲ、田中眞澄、谷垣健治、
種田陽平、成田尚哉、みうらじゅん、山本一力
再録 映画評論家・双葉十三郎が選ぶ、
日本の映画女優100人・映画男優100人


terusannoyume at 23:18│Comments(0)TrackBack(0) 「日記」読まないでね! 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集