2013年09月16日

「日本伝統音楽の研究」復刊

今日、書店で見付けた貴重な本。

この本は、
もう40〜50年前に買ったけれど、
どこにあるかわからないし、
あっても紙が茶色に変色している?
と思ったので買っておいた。

合本「日本伝統音楽の研究」
小泉文夫 [単行本]
小泉 文夫 (著)





わらべうたなどの音階やリズムについての
本格的な研究書で545ページもある本だ。

日本人なのに日本の音楽を知らないなんて、
と思って当時読んだけれど、もう忘れた!

もう1度、勉強をやり直したいと思って買った。

2009年に、この復刊が出ていたらしい。

合本 日本伝統音楽の研究/小泉文夫


内容(「BOOK」データベースより)

「体験としての音楽」という視点から、
私たちの足もとの文化を見つめなおした…
画期的研究、待望の復刊。

復刊にあたり、
『日本傳統音楽の研究(1)
民謡研究の方法と音階の基本構造』と
『日本伝統音楽の研究(2)リズム』
を合本とし、解題(金城厚)を付した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小泉/文夫
音楽学者。元東京芸術大学音楽学部教授。
1927年東京に生まれる。
1951年東京大学文学部美学美術史学科卒業。
1957年から59年にかけてインドに留学。

その後、
世界各地で音楽調査をおこなうとともに、
東京のわらべうたや沖縄の音楽の
共同研究を推進する。
1983年没
(本データはこの書籍が刊行された当時に
掲載されていたものです)


terusannoyume at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集