2013年09月02日

ももいろクローバーZ

最近は「ももクロ」も研究対象になった。

とにかく「スゴイ」の一言。

何がスゴイのか?近い内に報告する。

「ももクロ活字録」
ももいろクローバーZ
公式記者追っかけレポート 2011~2013
[単行本(ソフトカバー)]
小島 和宏 (著)





昨日と今日は、この本を読んでいた。

この2年間の「ももクロ」の歩みがよくわかる。

ももクロ活字録 ももいろクローバーZ公式記者追っかけレポート 2011~2013

<内容紹介> Amazonより

「アンコール前の時点で僕は
『夏菜子、すげぇ』
と呻きながら座りこみ、
思わず涙を落としてしまった。
この1年間、
本当に見続けてきてよかった、
と思わせてくれる素晴らしい
パフォーマンスだった」
(本文より)

ももいろクローバーZの番記者として、
ツアーパンフレットをはじめ
多くの記事を執筆している著者が、
2011年4月の中野サンプラザコンサート以降、
一人のファンとして
客席から目撃した伝説の数々を、
現場の熱気そのままに
活字で記録してきた公式レポート集が
ついに完成。

紅白歌合戦出場という夢を共に誓った
メンバーとの涙の別れを経験し、
その後も数々の苦難を乗り越えて、
日本中を熱狂させるグループにまで成長した
ももいろクローバーZ。

彼女たちの流した汗と涙、
そして著者の爆発した感情の全てが、
ここにある。

8月4日の日産スタジアムコンサートレポート
も緊急収録!

【特別収録】
南海キャンディーズ・山里亮太 ×
小島和宏 スペシャル対談
「今こそ、ももいろクローバーZの
2年間を振り返ろう」

内容(「BOOK」データベースより)

5人の成長を現場で追い続けた
“元週プロ”記者、一筆入魂。
“活字ももクロ”の決定版!

terusannoyume at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集