2013年05月27日

「ポピュラー対位法」新刊

対位法の本は、もともと少ないけれど
良い本が何冊かあって過去に紹介した。

しかし
ポピュラー音楽の対位法は、
今回が初めての紹介になる。

それは当然で、
ポップス対象の対位法は
いままでなかったからだ。

      ☆

コード&メロディで理解する
実践!やさしく学べる

「ポピュラー対位法」

ストリングスアレンジにも応用できる!

[単行本]
彦坂 恭人 (編さん)





         ☆

対位法は難しい。
でも、この本ならやさしく学べそうだ。

実践!やさしく学べる ポピュラー対位法

対旋律を作ったり、
3声、4声のメロディーが
同時に進んでいく音楽。

バッハを思い出すといい。

それを、もう少しやさしくした
ポピュラー(ポップス)対位法。

これが出来たら楽しいよね。
早速、学んでみよう。


terusannoyume at 08:53│Comments(3)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yy   2013年05月27日 20:33
5 テル先生
初めまして。検索をしていたら見付けてしまいました。ポピュラー対位法を書かせて頂いた彦坂と申します。
先生の様なジャズ畑の方にまで読んで頂けるとは嬉しい限りです。
色々と至らない部分もあるかと存じますが、忌憚のないご意見をお待ちしております。
2. Posted by テルさん   2013年05月28日 00:24
彦坂さん、こんにちは。
スゴイ本を書いてくれて、ありがとう。
ブログ本文にも書きましたが、
対位法の新刊が出ると、すぐ買って来て、
みんな(読者)に紹介していました。
しかしポップス視点の対位法は今までなかった。
すごく良いところに目を付けてくれましたよね。
感謝します。
ところで、書店でこの本を見付けて、
プロフィールを読んで不思議な縁を感じました。
南博さんが学生の頃、
私の教室にしばらく来ていたのです。
ですから彦坂さんは
私の(間接的な)孫弟子なのですよ。
知らなかったでしょう?
不思議な縁ですよね。
こうして書き込みまでしてくれて…。
今後とも、よろしく。
3. Posted by yy   2013年05月28日 00:47
5 テル先生
いえいえ、まだまだ詰めが甘くて恐縮です。しかし、編集者の方と目のつけどころが一致していたので今までにない視点の本にはなったと思います。
今後、私より優れた方達が多く進出して更なる良書を作って下さることを願います。

そうだったんですか?
南先生がお弟子さんだったとは全く知りませんでした。
今は芸術家もお行儀良くやっていかないと叩かれますが、南先生は良い意味で破天荒で居続けている方です。
こんなことを書くと怒られますが生徒を寝ながら指導できる人はそうそういません(笑)
本物の自信があるのでしょう。
ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集