2013年05月23日

「神社のおかげさま」の影響

あなたは
神社に「お参りに」行ったこと
ありますか?

日本人なら当然ありますよね?

でも私は、つい最近まで
「お参りに」
行ったことがありませんでした。

いえ、
神社には行ったことはありますよ。

子供の頃、お祭りで
「遊びに」行ったことはあります。
でも、それは
「お参り」に行ったのではない。

そんな私が今は毎日「お参りに」
神社に行っている。

「なぜ?」

急に困ったことが出て来たのか?
風邪が長引いてでもいるのか?
借金に苦しんでいるのか?
(それはあるかな?)

いえいえ、何もありませんよ。

ただ日頃の感謝、
「ありがとうございます」と
言いに行くだけなのです。

だから「お参りは」たった数秒で終わります。

数ヵ月前のブログ記事で
「最近、毎日していることがある」
と書いたのは、神社参りのことです。

今年の1月23日から
近所の神社に行き始めて、
今日5月23日まで4ヵ月の間、
1日も休まず、雨にも負けず、
強風には飛ばされそうになり、
雪の日は「お休み」しようかな?
と一瞬思ったけれど(ウソです)、
とにかく毎日「お参りに」行っています。

今日からは
5ヵ月目のスタートですね。

私の場合は、
毎日続けることの訓練のひとつとして
やっているのですが、と同時に
もちろん日頃の感謝の意味もあります。

私の毎月の生活は
東京と京都の往復ですが、
東京では歩いて数分のところに神社があり、
京都では何と10秒!(走ってだけど…)
の場所に小さな小さな神社があるのです。

だから毎日無理なく続けられるのですね。

この歳になるまで
「お参り」など行ったことのない人間が
急に何で毎日行くようになったのか?

両極端ですよね。

でも原因、または切っ掛け、
または理由は、ちゃんとあります。

その原因を
あなたにだけ(こっそり)教えましょう。

実は「この本のおかげさま」なのです。

     ☆

「神社のおかげさま」
〜これがあなたの生きる道〜
[単行本(ソフトカバー)]
和田 裕美 (著)





神社のおかげさま――これがあなたの生きる道

<内容紹介> Amazonより

神社は、
自分に誓いを立て、心を整える場所〜

熊野本宮大社(世界遺産)で参与を務める
世界No.2のセールスウーマンが
初公開する「神社と仕事」
「神社と人生」の成功法則とは?

神社へ熱心に足を運ぶ人たちは、
なぜ他人に誇れる人生を歩めるのか?

神棚をきちんと置いている会社は、
なぜ、ちゃんと儲かっているのか?

神社および神道とのつながりに
意識を向けることで
人生はひらいていく。

自分の人生は神さまの手の中にない。
自分の手の中にあるんです。

「じゃ、なんで和田さんは
神さまを信じるのですか?」

それはそのほうが強くなれるから。

約束を守れる人になれるから。

未来を信じることができるから。

人が見てないところでも、
がんばる自分を持てるから。

辛いときも「きっとだいじょうぶ」
と思って踏ん張れるから。

なにより感謝の気持ちを忘れず、
傲慢にならないですむからです。

「いまに感謝し、すべてのことに意味がある
と信じる毎日が未来を変える力になります」

内容(「BOOK」データベースより)

99%の正しい日常にこそ、
1%のミラクルは起きる。
1300余年の時を超えた祝詞『大祓詞』全文掲載。

<目次>
序 章 はじめに言っておきたいこと
第1章 私が神社を好きなわけ
第2章 日本人のルーツって?
第3章 信じること、受け容れること
第4章 和田流「ご利益」のしくみ
巻末 大祓詞・仮名混じり文
大祓詞・訳文(意訳文)

単行本(ソフトカバー): 256ページ
出版社: 亜紀書房 (2012/11/30)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上が出版社の案内です。

<取り扱い注意>

私のように、
「お参り」にまったく興味のない人間が
毎日行くようになってしまったのは、
「この本のせい」です。あ、失礼!
「この本のおかげさま」です。

ですから神社に行きたくないと思う人は
「絶対に!」この本を読まないで下さい。

読んでしまったら
必ず行くことになりますよ。

でも、読めば人生変わります(かも?)。


terusannoyume at 10:52│Comments(1)TrackBack(0)精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かっちゃん   2013年05月24日 00:42
5 神社!?ドラムの練習ではなかったんですね。ビックリしました。神社にはお正月にお参りしますが、昔‥コートのフードの中に丸めたレシートと五円玉が入ってた思い出があります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集