2013年02月04日

「神話の力」ジョーゼフ・キャンベル対談本

ジョーゼフ・キャンベルの対談(映像)
「神話の力」第1回〜6回を前回まで
観たけれど、気に入った人は
本にもなっているので手に入れよう。

「神話の力」
(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ジョーゼフ キャンベル(著)
ビル モイヤーズ(著)
Joseph Campbell(原著)
Bill Moyers(原著)
飛田 茂雄(翻訳)





アマゾンには
もう在庫はないみたいだけれど
中古で手に入る。(少し高い)

しかし今なら
まだ書店にも残っている。

私はネットで調べて
1週間前に書店(定価)で買えた。

その後、別の書店でも見掛けたので、
まだ間に合うと思う。

神話の力 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
Amazonより

世界中の民族がもつ独自の神話体系には
共通の主題や題材も多く、
私たちの社会の見えない基盤となっている。

神話はなんのために生まれ、
私たちに何を語ろうというのか?

ジョン・レノン暗殺から
スター・ウォーズまでを例に
現代人の精神の奥底に潜む
神話の影響を明らかにし、
綿々たる精神の旅の果てに
私たちがどのように生きるべきか、
という問いにも答えていく。

神話学の巨匠の遺作となった
驚異と感動の名著。

<目次>

第1章 神話と現代の世界
第2章 内面への旅
第3章 最初のストーリーテラーたち
第4章 犠牲と至福
第5章 英雄の冒険
第6章 女神からの贈り物
第7章 愛と結婚の物語
第8章 永遠性の仮面

〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜

以下は文庫本より前に出ていた本。
こちらも中古しかありません。





神話の力

神話はわれわれに
何を語ろうとしているのか。

神話が人間の精神に及ぼす
見えない影響を明らかにし、
全米に神話学ブームを
巻き起こしたベストセラー。
(Amazonより)


terusannoyume at 08:25│Comments(0)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集