2013年01月22日

「ザ・ジャズピアノ・ブック」電子書籍

輸入版ジャズピアノ教本で評判がいい
マーク・レヴィン
 「ザ・ジャズピアノ・ブック」の
キンドル版(電子書籍)を紹介しよう。

The Jazz Piano Book [Kindle版]
Mark Levine (著)





The Jazz Piano Book

紙の教本は以前からあるので
すでに持っている人も多いと思う。

キンドル版は英語だけれど
とても安くて ¥1、226 だ。

日本語版(国内版)は、
 ¥6,090 なので
キンドル版は、かなり安いよね。

キンドル専用の末端だけでなく、
アンドロイドやアイ・パッドなどでも
無料のアプリで読めるのが嬉しい。

      ☆

こちらは日本語版(紙の本)です。

マーク・レヴィン
「ザ・ジャズピアノ・ブック」
Mark Levine、
愛川 篤人、佐藤 研司、 愛川 由香
(2006/3/7)
¥ 6,090 楽譜

マークレヴィン ザジャズピアノブック





<目次>

著者について
謝辞
イントロダクション
用語およびコード・シンボルについて
●Chapter 1:インターヴァルとトライアドの解説
●Chapter 2:メジャー・スケールと2-5-1進行
●Chapter 3:3ノート・ヴォイシング
●Chapter 4:susとフリジアン・コード
●Chapter 5:3ノート・ヴォイシングへの音の追加
●Chapter 6:トライトーン・サブスティテューション
●Chapter 7:レフトハンド・ヴォイシング
●Chapter 8:レフトハンド・ヴォイシングの変化する音
●Chapter 9:スケールの理論
●Chapter 10:スケールの使い方
●Chapter 11:スケールの練習
●Chapter 12:So What コード
●Chapter 13:4thコード
●Chapter 14:アッパー・ストラクチャー
●Chapter 15:ペンタトニック・スケール
●Chapter 16:ヴォイシング、ヴォイシング、そしてヴォイシング
●Chapter 17:ストライド・ピアノとBud Powellヴォイシング
●Chapter 18:4ノート・スケール
●Chapter 19:ブロック・コード
●Chapter 20:サルサとラテン・ジャズ
●Chapter 21:コンピング
●Chapter 22:未解決事項
エオリアン・ハーモニー、コルトレーン・チェエンジ、他
●Chapter 23:練習、練習、そして練習
自分の弱点を練習する、足によるタップ、他
●リスニング ソロ、デュオ、トリオ、他
●Appendix メジャー・スケール・ハーモニー、他
●用語、特殊な業界用語、ミュージシャンのニックネーム
●写真インデックス

<参考曲>
Just Friends (作曲: John Klenner)
Infant Eyes (作曲: Wayne Shorter)
Tune Up (作曲: Miles Davis)
I Thought About You (作曲: Jimmy Van Heusen、John H. Mercer)
Mirror Mirror (作曲: Chick Corea)
You Are There (作曲: Johnny Mandel)
Naima (作曲: John Coltrane)
Star Eyes (作曲: Don Raye、Gene De Paul)

           ☆

約300ページ(輸入版と国内版は少し違う)に、
これだけの内容がギッシリで充実しているね。


terusannoyume at 23:52│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集