2012年11月25日

「厳格対位法」パリ音楽院方式

対位法の新刊が出ました。

パリ音楽院の方式による
「厳格対位法」
[単行本]
山口 博史 (著)

作曲を本格的に学ぼうと思ったら
「和声学」と「対位法」は必須だよね。

でも「対位法」の本は少ないし、
手に入れてもよくわからない。

「独習では難しいのかな?」
と思ってしまう。

今回の新刊は、
「はじめに」(前書き)を
読んだだけでも勉強になったし、
<各対位法の規則の比較>も
今まで手に入れた対位法の本の
位置付けがわかって良かった。

<規則のまとめ>も
頭の整理に役立つ。

もちろん全体の課題は、
じっくり取り組んでみるといい。





<内容紹介> Amazonより

長らく出版されていない、
日本人による「対位法」テキストの企画。

読者対象は、音楽大学の作曲専攻、
副科の1年生からである。

著者の山口博史氏は、
パリ音楽院でアンリに対位法を学び、
現在は国立音楽大学教授。

長年学生に教えてきた経験から、
実際の授業の内容に即した
書き下ろしである。

初心者から上級者まで対応し、
独習もできる。

内容は、
まず厳格対位法の実習から始まり、
初級:
2声対位法、
中級:
3声・4声対位法、
上級:
5声以上、二重合唱、
転回可能対位法、カノン。

続いて、
厳格対位法の規則・定旋律・小史といった、
今までガイドが少ない分野も収録。

応用として、
J.S.バッハの
コラールとコラール前奏曲を扱うのが、
最大の特色のひとつである。

対位法が、バッハの美しい実際の曲に
どのように使われているのか、
著者がパリ音楽院で学んだことを示す。

実習・知識・実際の楽曲への応用を
網羅した一冊である。

厳格対位法: パリ音楽院の方式による

<目次>

第1部 実習
初級(2声)
中級(3、4声)
上級(5声以上、二重合唱、転回可能、カノン)

第2部 厳格対位法への補足
規則のまとめ
定旋律集
各対位法の規則の比較

第3部 応用
コラール
コラール前奏曲

<著者について>

立教大学卒業。
1973年〜80年パリ音楽院留学。
シャラン、アンリ、ビッチ、
カステレード、コンスタン
の各氏に師事。
和声、対位法、フーガで一等賞受賞。

1976年ノエル・ギャロン賞受賞。

1980年より
国立音楽大学作曲科で教鞭を取る。
現在、同大学教授。

1981年より
東京芸術大学ソルフェージュ科で
講師を務める。

日本ソルフェージュ研究協議会理事。


terusannoyume at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集